【画像】ディフェリンゲルのニキビ治療効果。使い方と副作用の対処法

ディフェリンゲル(アダパレン)の画像 ニキビ治療によく使用される外用薬にディフェリンゲルという塗り薬があります。

ディフェリンゲルはレチノイド(ビタミンA誘導体)に似た作用をもつナフトエ酸誘導体(アダパレン)を主成分とした塗り薬で、ニキビ治療において世界的に使用されているお薬です。

日本では2008年から保険適応のニキビ治療薬として承認されています。今回は、そのディフェリンゲルのニキビ治療効果と副作用の対処法などを詳しく解説していきます。

ディフェリンゲル(アダパレン)の効果

アダパレンのニキビ治療効果画像 ディフェリンゲルは、皮膚内レチノイン酸受容体に作用して皮膚の角化(ターンオーバー)を抑制し、毛穴が角質でふさがれる(毛穴がつまる)のを予防する効果があります。

ターンオーバーを促進するのではなく、ターンオーバーを抑制し、角質の生成を抑えることで皮膚が厚くなる現象を抑えます。ディフェリンゲルは、角質の生成を抑えるため、角栓やニキビの芯の形成も予防できます。それがディフェリンゲルが黒ニキビにも効果がある理由です。

ターンオーバーが抑えられるため、黒ニキビや白ニキビが炎症ニキビへの悪化を予防することもできます。したがって、にきび跡のシミや赤み、クレーターの予防にもつながります。

殺菌作用はない

ディフェリンゲルには一般的なニキビ治療薬のような、殺菌作用などはありません。ターンオーバーをコントロールして毛穴が塞がれる現象を抑えるのがディフェリンゲルの基本的な薬効です。

即効性がない

ディフェリンゲルは効果が現れるまで時間がかかります。即効性がないため早く治したい場合や炎症が強いニキビには不向きです。

ディフェリンゲルが有効なニキビの種類

ニキビの種類の写真 ディフェリンゲルは、黒ニキビ、白ニキビなどの炎症性の低いニキビや、軽い赤ニキビに有効です。ただし、特に炎症を起こしていない状態にはディフェリンゲルは使用する必要はありません。

即効性がないため、強く炎症した赤ニキビや化膿ニキビに対してはディフェリンよりも、ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)、デュアック配合ゲル、ダラシンTゲル(抗菌薬)、アクアチムクリーム(抗菌薬)、ゼビアックスローションなどが良く処方されると思います。

また、それらの殺菌薬とディフェリンを組み合わせて使用されることもあります。ニキビ治療の考え方は医師によって違いますので、遠慮せずにたずねてみましょう。

毛穴を小さくする効果がある

無駄な知識かもしれませんが、理論的にはディフェリンの薬理作用によって開いた毛穴を小さくする効果があります。

毛穴が開いて見える現象のイラスト 毛穴の開きは、毛穴周辺の皮膚のターンオーバーが進み過ぎていることで大きく毛穴が凹んで開いたように見えるケースがあります。特に皮脂が多い人はその傾向があります。

ディフェリンゲルは、ターンオーバーを抑える働きがありますので、毛穴周辺の分厚くなった皮膚を解消して毛穴が開いたように見える現象を解消する効果があります。

ただし、この効果は塗っているときだけに効くものです。通常はにきびが治れば使用を終了しましょう。

ディフェリンゲルの使い方

薬を塗る画像 ディフェリンゲルの使い方は、洗顔やクレンジングをして肌の汚れを落とした後、化粧水などで肌を整えた後に使用します。ディフェリンゲルを適量をとってニキビにはみ出さないように塗りましょう。

1日1回、就寝前に使用するのが基本です。早く治したいからとして一日に何度も塗ったりしないようにしましょう。そして、この薬は基本的に顔のニキビへの使用が原則です。理由は背中や胸などのニキビには反応が悪く、効果が安定しないためです。

ディフェリンゲル使用中は紫外線対策をして下さい。

使用上の注意点

  • ディフェリンゲルを使用した部分は肌が敏感になっていますので、皮膚に負担をかけないようにしましょう。
  • 治療中は必ず紫外線対策を行って下さい。
  • ディフェリンゲルの反応の現れ方は個人差があります。ディフェリンゲル0.1%の使用で、強い赤みが出たりする人もいれば、ほとんど反応が現れないこともあります。
  • 敏感肌や肌が弱くて薄い人はディフェリンゲルは向いていません。理由はディフェリンには刺激性、乾燥、皮膚の剥がれを促す作用があるためです。
  • 日本で販売されているディフェリンゲル0.1%濃度は、世界的にも低いレベルです。海外では0.3%濃度が販売されているところもあります。だからといって過剰な使用はしないようにしましょう。
  • 副反応が強すぎる場合は使用を中断し、医師に診断してもらいましょう。
  • 妊娠中の場合は使用を控えるべきとされます。胎児に影響する可能性が否定できないためです。

ベピオゲルと一緒に処方されることがある

ベピオゲルの画像 ディフェリンゲルは皮膚科で処方される外用薬ですが、それと同時にベピオゲルという塗り薬と一緒に処方されることがあります。

ベピオゲルは酸化剤の一つで、酸素を発生させることでニキビ菌を殺菌します。(にきび菌は酸素を受けると死滅する性質をもっているためです)

ディフェリンゲルとベピオゲルと一緒に使うことで炎症性が強い赤ニキビに対してより高い相乗効果をもたらします。

ディフェリンゲルとベピオゲルを同時に使う場合、塗る順番はどちらが先でも大丈夫です。同じゲルタイプの治療薬なのでニキビ患部への浸透性を邪魔することはないです。

ベピオゲルの欠点は、ディフェリンゲルと同じように刺激性が強いので、2つを組み合わせると赤みやヒリヒリ感などの副作用が現われやすい問題があります。

処方してもらうには?

ディフェリンゲル(アダパレン)の画像 ディフェリンゲルは、皮膚科を受診してニキビの症状があれば処方してもらえるはずです。黒ニキビや白ニキビなどの軽いニキビ治療に対しても処方してもらうことが出来ると思います。保険適応です。

保管方法

ディフェリンゲルは、しっかりとキャップを閉めて冷暗所に保管します。特に冷蔵庫に保管する必要はありません。

ディフェリン(アダパレン)の副作用や危険性は?

アドバイスする女性看護師の画像 ディフェリンゲルには使用後に乾燥や皮膚の赤み、ヒリヒリ感などの副作用が現れる欠点があります。このお薬は、主成分の「アダパレン」が皮膚内のレチノイン酸受容体に作用することで効果が現れるのですが、理論的には効果が現れるほど副作用が強く現われるようになります。

全体の約8割の人になんらかの副作用が現われるという報告があるのですが、副作用は薬が効いている証拠だともいえるので、ほとんどの場合はあまり気にする必要はないです。それではどんな副作用が現われるのでしょうか。

肌の乾燥(発現率56.1%)

ディフェリンゲルの使用を継続することで肌の乾燥を感じるようになることがあります。この現象は、全体の56.1%に生じます

これは主成分「アダパレン」がターンオーバーを抑制することで皮膚が薄くなり、保湿機能やバリア機能が弱くなるためです。これは正常な反応であり、保湿をすることで乾燥は軽減されます。

ただし、あまりにも乾燥がひどい場合は使用を中止するようにしましょう。乾燥肌、敏感肌などはディフェリンゲルによって肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

ほてり、ヒリヒリなどの刺激感(発現率47.6%)

ディフェリンゲル使用中はヒリヒリ感、熱感などの刺激を感じることがあります。全体の47.6%に生じます。これもお薬が皮膚に作用して効果が現れている証拠ですが、これらの刺激性により使用を中止してしまう人も多いです。

ただし、一時的な副作用なので多くのケースでは使用し続けてかまいません。ただし、刺激が強すぎる場合は使用継続が難しいケースがあります。肌が敏感な人は刺激を感じやすいためディフェリンゲルの使用が適していないことがあります。

皮膚の剥がれ(発現率33.5%)

ディフェリンゲルの使用中に角質が剥がれるといった現象が起きることがあります。全体の33.5%に生じます。トレチノインほどではありませんが、ディフェリンにもわずかに表皮を剥離する作用があります。

皮膚の赤み(発現率21.9%)

赤みを帯びた皮膚の画像 ディフェリンゲルを使用すると、多くケースで皮膚の赤みがみられます。全体の21.9%に生じます。これは正常に作用している証拠でもあります。赤みは使用後すぐに現れることもありますが、多くは翌日以降、使い続けるごとに現れるようになります。

赤みがでることでニキビがかえって悪化したように見えることがありますが、それは一時的なものであり、ニキビが治ってディフェリンゲルを中止すると赤みは消失していきます。

また、ディフェリンゲルを使い続けると赤みも減っていきます。それは肌が慣れてきたということであり、その一方で効果が薄れているということでもあります。

皮膚のかゆみ(発現率13.2%)

ディフェリンゲルによって皮膚のかゆみが現われることがあります。全体の13.2%に生じます。

この薬を使い続けると、角質層が薄くなってかゆみや刺激に対して敏感になることが原因です。かゆいからといって引っ掻いたりしないで下しア。ニキビ悪化の原因となります。

副作用の対処法

女性看護師がアドバイスする画像 ディフェリンゲルを使うと約8割というとても高い頻度で副作用が現われますが、それは薬が効いているために起こる正常な反応といえます。反対に乾燥などの副作用が現れにくい人はニキビへの効果も得られにくいです。

そのため、少しくらいの乾燥やヒリヒリ感、赤みくらいなら使い続けて問題ないです。ただし、塗ってすぐに強いかゆみが現われたり、塗る前よりもはっきりと腫れてしまった場合は、アレルギー性接触皮膚炎(かぶれ)を起こしてしまった可能性があるので、その時は必ず使用中止して下さい。

かぶれているのに使い続けるとニキビが悪化して治りにくい状態になり、跡もひどく残るので注意して下さい。そして医師に診てもらいましょう。かぶれてしまったら抗生物質やステロイドを組み合わせた治療をすすめられることがあります。