ディフェリンゲル(アダパレン)で「赤み・かゆみ・ヒリヒリ」が発生する原因

ディフェリンゲルの画像 ディフェリンゲルとは、レチノイド様作用(ビタミンA誘導体に似た作用)を有する「ナフトエ酸誘導体アダパレン」を主成分とした外用ニキビ治療薬(塗り薬)です。製品名をディフェリンゲル、一般成分名を「アダパレン」といいます。

日本では2008年からディフェリンゲル0.1%濃度が認可されています。その後、皮膚科では軽度のニキビ治療薬として良く処方されるようになりました。

ディフェリンゲルの効果「薬理作用」

アダパレンのニキビ治療効果画像 アダパレンはレチノイド様作用を主な効用とし、ビタミンA誘導体と似た働きをします。(レチノイドとはビタミンAやその誘導体などの総称をいいます)。

ビタミンAは皮膚において角化の亢進を抑制して正常化する働きがありますが、アダパレンは皮膚細胞内のレチノイン酸受容体(RARγ)に結合して表皮の角化(ターンオーバー)を抑制する働きがあります。

ニキビはターンオーバーの亢進によって皮膚が厚くなり、毛穴が塞がれることで発生しますが、アダパレンがターンオーバーを抑制することで角質肥厚を抑え、毛穴のつまりを予防・改善します。その結果、ニキビの発生や炎症悪化を予防するすることができます。

ディフェリンゲルと似たニキビ治療薬にトレチノイン(ビタミンA誘導体の外用薬)がありますが、トレチノインは角質を剥がしてターンオーバーを促進させる働きがあり、それによって毛穴つまりを予防します。一方、ディフェリンゲル(アダパレン)は、トレチノインと違ってターンオーバーを抑制する作用によって毛穴つまりを予防します。

ディフェリンゲルの適応症状

  • 白ニキビ、黒ニキビ。比較的炎症が小さなニキビに効果的です。
  • 赤ニキビ、化膿にきびには不向きです。日本で認可されている0.1%濃度では、炎症が進行したニキビには効果は現れにくいです。

問題は赤み・ヒリヒリ感などの副作用

ディフェリンゲルを皮膚に塗布すると、乾燥、赤み、ヒリヒリ感、かゆみ、皮がむけるなどの反応が現れることがあります。

皮膚の赤み

皮膚の赤みの画像 ディフェリンゲルを使用する人の多くに皮膚の赤みが現れます。これは、表皮が薄くなることや炎症によって毛細血管が拡張したことが主な要因で、ディフェリンゲルがレチノイン酸受容体(RARγ)に作用している証拠です。日本で認可されているディフェリンゲル0.1%濃度ではそこまで強い赤みは現れませんが比較的多い副作用です。

ヒリヒリ感、かゆみ、ほてり

ディフェリンゲルによってピリピリ感、ほてり、痒みが現れることがあります。これもディフェリンのよくある副反応の一つで、角質層が薄くなることや毛細血管が拡張することで神経細胞が活発になり、刺激や痒みに対して敏感になることが主な要因です。

乾燥、カサカサ

ディフェリンゲルはターンオーバーを抑制して角質の生成を抑制し、毛穴つまりを予防するという効果によりニキビを改善します。新しい表皮細胞が作られなくなることで、その部分の皮膚が薄くなって乾燥するようになります。乾燥を予防するために、しっかりと保湿を行って肌を整えてからディフェリンゲルを塗布するようにしましょう。

皮がむける、角質がめくれる

アダパレンはターンオーバーを抑制して角質の生成を抑制する作用を持ちますが、角質を剥がすような作用も若干あるようです。そのため、使用継続によって皮がめくれてくることがあります。これを無理に剥がしたり、こすったりすると色素沈着の原因になります。自然に剥がれるのを待ちましょう。

ディフェリンゲルの副作用は薬が効いている証拠

ディフェリンゲルは赤み、ヒリヒリ、かゆみ、乾燥などの様々な反応が現れることがあり、その副反応に対して「アレルギーを起こしたのでは」と心配して使用を中止してしまう人も多いといいます。

ただし、その反応はディフェリンゲルが効いている正常な反応であり、心配する必要はありません。ある程度の期間(2週間ほど)は使い続けないと効果が現れにくいため、副作用が現れたからといって使用を中止すると治療が中途半端になってしまいます。

薬局で処方される時に薬剤師からディフェリンの副作用の説明があると思います。

使用継続によって副作用が現れなくなる?

ディフェリンゲルは、使用し続けるほど副作用が現れにくくなります。使用から3~4週間ほどすれば赤みやヒリヒリ・かゆみは落ち着いてくることがほとんどです。

ただし、これは皮膚がディフェリンに慣れてしまったためで、反対にいえばディフェリンが効きにくくなったとも言えます。ただし、一度使用を中止して時間が経過すれば再び薬が効くようになってきます。