【画像】顔全体のニキビの治し方。皮脂対策とにきび跡の悪化予防法

顔ニキビの画像 身体の中で最もニキビ・吹き出物ができやすい部分が顔です。

顔全体にニキビが多発したり、ニキビ跡の色素沈着や赤み、またはクレーターなどが残ると、顔の印象まで大きく変わってしまうことがあります。

今回は顔全体に多発するニキビの原因と治し方をご紹介します。

顔ニキビの原因と特徴

皮脂の増加が顔にきびの原因!

ニキビのメカニズム ニキビの原因は主に皮脂の増加によるものです。顔全体にニキビが多発するような肌は、肌が常に脂っぽくベタベタしている人が多いです。過剰な皮脂による顔ニキビは以下のような仕組みで発生します。

1男性ホルモンなどの性ホルモンの増加により皮脂分泌が増える。

2皮脂が増えると皮脂が多い環境を好む常在細菌が増加する。(その細菌の一つがアクネ菌です)。

3アクネ菌などの微生物は、細菌性リパーゼ(脂肪分解酵素)を分泌して皮脂を分解し、遊離脂肪酸という物質を作り出す。(遊離脂肪酸とはグリセリンとの結合がない脂肪酸で、皮脂中にはオレイン酸、パルミトレイン酸、パルミチン酸などが多く含まれます)。

4遊離脂肪酸は刺激性があり、炎症を誘発して肌のターンオーバーを乱す。また、遊離脂肪酸による刺激によって角質が剥がれやすくなることで毛穴に角質が溜まやすくなり、角質と皮脂と混ざって角栓(ニキビの芯)が発生するようになる。

5ターンオーバーの異常によって毛穴周辺の皮膚が厚くなり、毛穴が塞がれる。

6塞がった毛穴内部で空気(酸素)がない環境を好むアクネ菌が増加し、肌細胞は異常事態と判断して免疫反応を起こしてニキビが赤く炎症を起こすようになる。

皮脂が増加するほど皮膚に刺激を与える遊離脂肪酸も増加し、顔ニキビが発生しやすくなります。そのため、皮脂を上手にコントロールするスキンケアが必要です。

皮脂分泌を促す男性ホルモン

皮脂 顔ニキビは皮脂の増加が原因でもたらされますが、皮脂が増加する原因は主に男性ホルモンの増加です。皮脂は男性ホルモンなどの性ホルモンが皮脂腺に作用して活発に分泌されます。

思春期にニキビが増加するのは男性ホルモンなどの性ホルモンの分泌が活発になるためです。これは男女ともにいえることです。男性ホルモンの分泌が増加する原因には、思春期の他にも、ストレス、イライラ、動物性脂肪のとりすぎなどがあります。

女性の場合は生理前に顔ニキビができやすくなる

女性の場合、生理周期によって女性ホルモンのバランスが変化することで肌が乾燥したり、反対に顔ニキビができやすくなることがあります。

女性ホルモンの変化

卵胞期といわれる生理後から排卵期までの7~10日はエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが増加します。その影響で、皮脂分泌が少なくなり、肌が乾燥するようになります。

一方で、黄体期といわれる排卵期が終わって生理までの約2週間(生理前)はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが増加します。

プロゲステロンは女性ホルモンの一つですが、部分的に男性ホルモンと似た働きをもちます。その影響で皮脂が増加して顔にニキビ・吹き出物ができやすくなります。

ストレスが吹き出物の原因

ストレスをかかえる画像 ストレスやイライラはニキビの原因になります。ストレスは男性ホルモンの分泌を促して皮脂を増加させる要因です。特にイライラ型のストレスは男性ホルモンをより活発にします。

また、ストレスそのものが肌のターンオーバーを乱すことがわかっています。ストレスはサブスタンスPという伝達物質の発生を促し、それが皮脂分泌を促進させたり、炎症サイトカインの発生を促してターンオーバーを乱すことがあるとされます。

ストレスを受けると肌がかゆくなったりすることがありますが、その現象はサブスタンスPが関与しています。

乾燥が顔ニキビの原因になることも

アゴや口周りのニキビの画像 肌が乾燥すると、肌の潤いを補うために皮脂分泌が活発になることがあります。

また、乾燥から肌を保護するために角質が過剰に産生されて皮膚が厚くなり、毛穴が塞がりやすくなることがあります。大人ニキビは肌の乾燥が原因で発生しやすくなるといわれています。

お化粧(ファンデーション)が顔にきびの原因?

フェイスラインのにきび 女性の場合、顔ニキビの原因の一つがお化粧です。ファンデーションは毛穴を詰まらせてしまい、酸素がない環境を好むアクネ菌(にきび菌)が増加しやすい環境を作ってしまいます。

ニキビがある時はお化粧を薄くしたり、帰宅したらお化粧を早めに落とすような工夫が必要です。特にリキッドファンデーションは、毛穴を詰まらせてしまう成分が配合されているため、ニキビがある時は避けるようにしましょう。

顔全体のニキビ吹き出物の治し方と対策

刺激を与えない洗顔

洗顔 顔ニキビの予防・改善のためには皮脂を上手にコントロールすることが重要です。

低刺激性の石鹸(理想は無添加石鹸)を泡立ててキメ細かい泡を豊富に作り、肌を刺激しないように洗いましょう。洗顔回数は1日2~3回が理想です。

脱脂力が強い洗顔料やゴシゴシ洗いは肌に対して刺激が強く、かえって皮脂分泌を促したり、ターンオーバーを乱して毛穴をふさがりやすくしてしまう可能性があります。

低刺激性の化粧水で保湿

基本的に洗顔後はきちんと化粧水をつけて奪われた潤いを補うようにしましょう。

乾燥によってニキビができやすい人は、肌の水分が不足すると皮脂分泌が活発になったり、未熟な角質が過剰に作られて毛穴がつまりやすくなることがあります。化粧水は低刺激性のものが理想です。

脂性肌の場合は化粧水はつけないほうがいい?

化粧水で保湿スキンケア 顔全体にニキビができるような肌質はとても皮脂が多い状態だと思います。そのようなオイリー肌においては洗顔後に化粧水などで保湿をしないほうが良いかもしれません。

化粧水にはアクネ菌の増加を促してしまう成分が含まれていることがあるためです。例えば、保湿成分のグリセリンやソルビトールなどもアクネ菌を増やしてしまう性質があります。

あまり化粧水をベタベタ使用するとかえってニキビや毛穴の開きなどが起こりやすくなることがあります。

穏やかなピーリングで顔ニキビケア

ニキビとピーリング剤 繰り返し発生する顔ニキビの予防・改善にはピーリング化粧品が効果的です。

ニキビは毛穴周辺の皮膚が厚くなることで発生するため、定期的な角質ケアが顔ニキビ予防に効果的です。皮膚科においても、顔全体のニキビ治療にケミカルピーリングがすすめられることがあります。

ピーリング化粧品は、グリコール酸や乳酸などのフルーツ酸(AHA)やサリチル酸(BHA)などの角質ケア成分を配合したものが一般的です。

ピーリング化粧品には洗顔料や固形石鹸、拭き取り化粧水などの形で販売されていますが、角質を剥がす作用があるため肌の負担が少ない化粧品が理想です。

ピーリングは肌の生まれ変わりを促すものなので、やり過ぎると肌が疲弊してくることがあります。週1~2回ほどのペースで使用し、ニキビが治ったら使うのを辞めましょう。ニキビ予防として使い続けると肌が薄くなって湿疹、赤みなどをまねくことがあります。

紫外線に注意

ニキビが強い炎症を起こしている状態で日焼けしてしまうと、にきび跡のしみ・色素沈着がひどく残ってしまうことがあります。メラニンが真皮に落ち込んでしまうと、自然に改善することが難しくなることがあります。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体ローション 皮脂が多いオイリー肌タイプの顔ニキビを治すには、水溶性ビタミンC誘導体が効果的です。ビタミンC誘導体には、皮脂抑制作用、抗酸化作用、美白作用などがあり、ニキビ肌や跡を総合的に改善する働きがあります。

皮脂を減少させるため、顔全体にできるニキビに非常によく効きます。また、チロシナーゼ酵素を阻害する作用によりニキビ跡の色素沈着も予防します。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの構造を部分的に改良して安定性と吸収性を高めたものをいいます。普通のビタミンCは不安定で肌に吸収されにくい欠点がありますが、別の物質と結合させて「誘導体」という形にすることで安定性と吸収性が高くなります。

ビタミンC誘導体には、大きく分けて「水溶性」と「脂溶性」の2タイプがありますが、皮脂分泌が多いニキビ肌に対しては水溶性のリン酸型ビタミンC誘導体が有効です。

化粧品を買うときは、「リン酸アスコルビルMg」「リン酸アスコルビルNa」などの「リン酸」と表記されているビタミンC誘導体を選びましょう。
【Amazon】リン酸型ビタミンC誘導体10%ローション

水溶性ビタミンC誘導体は肌を乾燥させる作用があるため、乾燥タイプのニキビには不向きかもしれません。若干の刺激性を感じても使い続けると慣れてきます。

市販ニキビ治療薬が顔ニキビに効く

オロナイン 顔ニキビには市販のニキビ治療薬でも十分な効果が期待できます。お薬を塗って寝るだけで翌朝にニキビが劇的に小さくなったことがある人は多いはずです。

ニキビ治療薬は、オロナイン、クレアラシル、ビフナイト、ピンプリットなどが有名です。それらのニキビ治療薬は殺菌作用と角質柔軟作用があり、有効成分がアクネ菌に対して殺菌的に働いて素早く腫れ・炎症をしずめます。

ニキビがひどくなったら皮膚科へ

カウンセリング画像 顔全体に赤く腫れたニキビが多発した場合は皮膚科で治療を行うのも一つの方法です。

顔は大事な部分なので顔ニキビが悪化して強い炎症を起こした場合は早い段階で治療を受けたほうが良い場合があります。市販のニキビ治療薬よりも即効性が期待できます。

皮膚科で処方されるニキビ治療薬は、塗り薬ではダラシンTゲル(抗生物質)、アクアチムクリーム(抗菌薬)、ディフェリンゲル(アダパレン)、イオウカンフルローション、ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)、デュアック配合ゲル(過酸化ベンゾイル+抗生物質)などがあります。

また、症状がひどい場合は抗生物質の内服薬も有効です。ルリッド錠やミノマイシンなどの抗生物質が処方されます。

抗生物質の内服薬は広範囲に耐性菌(薬が効きにくくなった細菌)を生むリスクがあるため、できるだけ避けられる傾向がありますが、ニキビがひどくなっている場合は積極的に使用されることも多いです。治療は1~3か月くらいになることがあります。

現在はニキビ跡もキレイに治すことができる!

フラクショナルレーザーによるニキビ跡治療 顔ニキビが悪化すると、にきび跡の色素沈着や赤み、またはクレーター状に凹んでしまうことがあります。そういったにきび跡に長年悩んでしまう人はとても多いですが、現在ではそういったニキビ跡もキレイに治る可能性があります。

赤みや色素沈着であれば、IPL治療(フォトフェイシャルなど)やレーザートーニング。クレーター治療であればダーマペン、ダーマローラーなどの針治療や、フラクショナルレーザー、エルビウムヤグレーザーなどのレーザー治療で劇的な改善が期待できます。

クレーター治療の場合は長い治療期間になることがありますが、繰り返し治療を受けることで肌の凹凸が目立たなくなっていきます。

にきび跡ができてもキレイに治すことができると考えれば、顔ニキビが多発しても精神的に楽になるはずです。くよくよ悩まないことも顔ニキビ対策の一つです。