活性酸素がニキビやクレーター跡の原因に。活性酸素の消去法一覧

ニキビに悩む女性の画像 活性酸素とは、通常の酸素よりも反応性が高い活性化した酸素をいいます。

主に、「スーパーオキシド」、「ヒドロキシラジカル」、「過酸化水素」、「一重項酸素」などの種類があり、強い酸化力をもつことから一般に老化を促す物質として認識されています。

活性酸素は人間の身体においても常に発生し続けていますが、通常は人間に備わっている抗酸化力で活性酸素の害を無毒化しています。

ところが、活性酸素が過剰に発生したり、抗酸化力が低下すると、細胞内DNAや脂質の酸化などに影響を及ぼし、老化を促進させてしまう原因になります。

そして、活性酸素は肌においても大きな影響を及ぼし、肌老化やニキビ肌荒れの原因になる可能性があります。

活性酸素と肌トラブルの関係

ターンオーバーを乱す

女性の画像 活性酸素は細胞内のDNAを損傷させる働きがあります。そのため、活性酸素の害が肌に及ぶとターンオーバーを担う表皮細胞がスムーズに働かなくなり、ターンオーバーが滞ってしまうようになります。

これによって肌のシミが現れたり、ニキビ跡の色素沈着が改善されにくくなることがあります。

コラーゲン合成を低下させる

活性酸素は線維芽細胞というコラーゲンやエラスチンなどの合成や分解を担う細胞を損傷させます。線維芽細胞の働きが低下するとコラーゲンが低下し、しわやたるみといった肌老化が進行してしまうようになります。

コラーゲンを変性させる

活性酸素は真皮層のコラーゲンを直接変性させます。これによってコラーゲンに弾力性や柔軟性が消失して、ハリがなくなり、シワが目立つようになります。コラーゲンを作り出す線維芽細胞だけではなく、コラーゲンそのものに直接影響をもたらします。

メラニン合成を促す

女性の肌の悩み 活性酸素の影響によって皮膚がダメージを受けて炎症が起こると、メラノサイト(色素細胞)が刺激されてメラニン色素がたくさん作られます。

通常は過剰に作られたメラニン色素もターンオーバーによって古い角質とともに剥がれていきますが、表皮細胞がダメージを受けていると、ターンオーバーにエラーが起こって、シミとなって肌に残ってしまいます。

活性酸素が増加すると皮脂が酸化しやすくなる

女性の肌の悩み ストレスや食生活などで酸化ストレスが増加し、体内で活性酸素が増加すると、酸化しやすい皮脂が分泌されるようになります。

皮脂中にはスクワレンという非常に酸化されやすい不飽和脂肪酸が含まれますが、酸化の影響を受けてスクワレン過酸化物質に変化すると、連鎖的にほかの皮脂中成分の酸化を促します。

特に皮脂中のオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸が酸化されやすくなります。

皮脂が酸化すると皮膚が炎症を起こすようになります。皮脂は毛穴から分泌されるため、皮脂酸化の影響は毛穴周辺に現れやすいのですが、毛穴周辺が炎症を起こして毛穴がふさがってしまうと、ニキビ吹き出物が発生してしまうことがあります。

ニキビ跡の悪化も活性酸素が原因?

ニキビ跡の種類の写真 ニキビは毛包でアクネ菌という皮膚常在菌が増殖することによって引き起こされます。そして、アクネ菌の増殖を抑制するために免疫によって白血球がアクネ菌を攻撃しますが、その時に過酸化水素やヒドロキシラジカルなどの活性酸素を発生させます。

この活性酸素によってアクネ菌は死滅してニキビは治っていくのですが、一方で活性酸素によって皮膚は強いダメージを受け、毛細血管の増殖によってニキビ跡の赤みが強くなったり、メラニンが過剰に作られて色素沈着などを引き起こしたりします。

また、場合によっては活性酸素のダメージによって皮膚がクレーター状に凹んだニキビ跡になってしまうことがあります。活性酸素が多く発生すると比例してニキビ跡もひどくなっていきます。

活性酸素が発生する原因と対策

活性酸素は紫外線で大量に発生する

紫外線が多い環境 紫外線を浴びると皮膚内で多くの活性酸素が発生します。この活性酸素が表皮細胞にダメージを与えて肌の炎症を引き起こし、日焼けや肌のシミの原因となってしまいます。

また、紫外線は皮脂を酸化させ、毛穴周辺の炎症を起こしてニキビ吹き出物、毛穴の開きを起こす原因になることがあります。他にも、紫外線A波は真皮層にまで届いてコラーゲンを変性させ、長期的にはシワやたるみの原因になります。

ニキビに紫外線ダメージが加わると跡が治りにくい

メラニン色素が真皮層に落ち込んだ状態 ニキビがある時に紫外線を浴びることでニキビの腫れが悪化したり、ニキビ跡の赤みや色素沈着がとてもひどく残ってしまうようになります。

炎症ニキビに加えて、紫外線による炎症が加わると、基底膜という構造が破壊されメラニン色素が真皮層に入り込み、とても治りにくい色素沈着が残ってしまうことがあります。

真皮層の色素沈着は薄くなるまで年単位の時間がかかったり、また、レーザーなどを受けなければ改善しないこともあります。そのため、ニキビがある時には、できるだけ紫外線を浴びないようにする必要があります。

紫外線対策

パウダーファンデーションでお化粧 ニキビを悪化させないために、紫外線対策はUVブロック効果の高い化粧品を使いたいところですが、オイリー肌やニキビ肌において日常的に日焼け止めクリームを塗るのは肌に負担がかかるものです。そこで、ニキビ肌においてはパウダータイプのファンデーションだけの簡単な紫外線対策が理想的です。

パウダーであれば皮脂を吸着するため毛穴つまりを起こしにくいといえますし、紫外線ブロック効果も期待できます。パウダーには酸化チタン、酸化亜鉛、タルクなどの紫外線散乱効果がある物質が顔料として含まれるため、特に「SPF○○」と表記がないものでも日常生活で浴びる紫外線ブロック効果はあります。

パウダーだけでもSPF10くらいの効果があるといわれています。そして、ニキビがある時は日差しが強い場所は避けることも大切です。

喫煙は不可欠

タバコを止める画像 タバコを吸うと活性酸素が大量に発生します。喫煙は毛細血管を収縮させて著しく血行を悪くしてしまうため、肌の新陳代謝にとってもマイナス要因です。タバコによってニキビや跡が治りにくくなることもよくあります。

喫煙は美肌に不可欠なビタミンB群やビタミンCの消耗を増加させ、ビタミン欠乏症をまねく原因になります。喫煙者はサプリメントなどでビタミンB群やビタミンCなどを補っても正常レベルまで戻りにくいといわれていますので、ニキビ肌荒れに悩む人は禁煙が必要です。

抗酸化ビタミンを積極的に摂取する

ビタミン 身体には抗酸化機能が備わっていますが、さらに食品から抗酸化ビタミンを補うことで紫外線やストレスなどで発生する活性酸素に負けない身体へ導くことができます。高い抗酸化能力があるビタミンにはそれぞれ以下のようなものがあります。

  • ビタミンA・・・ビタミンEよりも高い抗酸化力があります。緑黄色野菜に多いベータカロテンを摂取することでも体内で変化されてビタミンAになります。紫外線による活性酸素の害を軽減する効果があります。
  • ビタミンB群・・・ビタミンB2やビタミンB6、ナイアシンなどを充分に摂取していると、抗酸化作用が高まり、紫外線の影響やニキビによる色素沈着を軽減することができます。
  • ビタミンC・・・ビタミンAやビタミンEなどの抗酸化作用をサポートして老化防止に導きます。
  • ビタミンE・・・不飽和脂肪酸の酸化を抑制し、過酸化脂質の発生を抑制します。

抗酸化ビタミンは、総合的なビタミンサプリメント一粒で補うことができます。
【Amazon】DHCマルチビタミン

ストレスによる活性酸素

ストレスをかかえる女性の写真 ストレスを受けると多くの活性酸素が発生してしまいます。活性酸素が発生しても人間の身体には増えすぎた活性酸素を消去する抗酸化機能が備わっていますので、通常は問題になることはありません。

ところが、ストレスが続くことや加齢などによって身体が本来もつ抗酸化力も低下し、活性酸素の影響を強く受けるようになります。ストレスは上手に発散したいところです。

ストレス発散方法

  • 運動によって汗をかくことでストレスが大きく解消されます。
  • 音楽を聴くとセロトニンという物質が発生して精神的に安定してきます。運動しながら音楽を聴くとさらに効果が上がります。
  • 友達とおしゃべりなどもストレス解消につながります。1時間ほどのおしゃべりで充分なんだそうです。
  • カラオケなどで大きな声を出すことでもストレス発散になります。
  • 入浴によって身体を温めてリラックスすることでストレスが軽減します。
  • しっかり眠ることでストレスが解消されます。寝不足にならないようにしたいところです。