10や20代ニキビと30代ニキビのスキンケアの違いは?

肌に悩む女性の画像 ニキビ・吹き出物は様々な要因によって発生しますが、年齢や年代によってニキビの発生原因が違ってくるようです。

さらに、年齢にともなって理想的なスキンケアにも違いがあります。

10代のニキビの特徴

額のニキビの画像 一般に小学校高学年くらいから高校生くらいにかけて、思春期といわれる第二次性徴期が始まります。そして、男女ともに男性ホルモンや女性ホルモンなどの性ホルモンの分泌が活発になります。

性ホルモンのうち、男性ホルモンは皮脂腺を発達させて皮脂分泌を促す働きがあります。

皮膚の常在菌は増加した皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生しますが、その遊離脂肪酸が皮膚を刺激することでターンオーバーが過剰に進んでしまいます。それによって角質が厚くなり、毛穴がつまってニキビができやすくなります。

また、女性の場合は生理(月経)が始まりますが、生理前に多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンによって皮脂が増えることがあります。

プロゲステロンは部分的に男性ホルモンと似た作用があり、一般に生理前に皮脂が増えてニキビやブツブツができたりするのはプロゲステロンの作用による影響と考えられています。

10代のニキビは額、眉間、鼻などのTゾーンや、頬などに発生しやすい傾向がありますが、これはそれらの部位の皮脂量が多いことがあげられます。

10代ニキビのスキンケア

女性の画像 10代のニキビは皮脂の増加が主な原因であるため、こまめに洗顔をして皮脂をケアするしかありません。

洗顔が最も重要になります。10代のような若い時期は肌が乾燥しにくいため、化粧水などによる保湿はしなくていいと思います。

化粧品の保湿成分の中には、毛穴をつまりやすくしてしまう保湿成分が多く含まれていたりするため、洗顔だけでも十分です。また、乾燥すると皮脂が増加することがあるため、洗い過ぎないことも重要です。

また、毛穴つまりを予防するためにピーリング化粧品を使用して簡単な角質ケアを行うこともニキビ予防につながりますが、ターンオーバーを早めてしまうとその後のスキンケアが難しくなることがあります。

そして、慢性的にピーリングを行っていると肌老化を早めてしまう可能性があります。10代のニキビはあまり神経質にならずに洗顔だけを中心に行って下さい。

20代のニキビ・吹き出物の特徴

頬にきび 20代のような成人してからできるニキビを思春期にきびと区別して「大人ニキビ」や「吹き出物」といったりしますが、20代前半はまだまだ性ホルモンの分泌が活発で皮脂分泌が多くニキビができやすい時期といえます。

思春期のように顔中にニキビが多発してしまうことも少なくありません。そして、20代のニキビは思春期ニキビとは違う要因が関係して発生することも多くなります。

その一つが、女性の場合ではお化粧やスキンケアなどによる外的な要因です。近年では中学生でもお化粧をする人も多いといいますが、20代になると肌への負担が多い様々なメイクやスキンケアをするようになり、それによって肌トラブルをまねいてしまうことがあります。

特に、油分の多いリキッドファンデーションなどによるメイクを長時間塗ったままにしておくと、一気にニキビが多発してしまうこともよくあります。また、落ちにくいメイクを落とす際のクレンジングによっても肌荒れを起こしてしまうこともあるでしょう。

他にも、20代は仕事や結婚などで生活環境が変わることも多いため、それがストレスとなってニキビ肌荒れにつながってしまうこともあるかもしれません。

ストレスは皮脂の酸化を促したり、ターンオーバーを乱して毛穴を詰まりやすくしてしまいます。ニキビ予防にはストレスをためない工夫が必要です。

20代にきびのスキンケア

女性の肌 20代のニキビでも、思春期ニキビと同じように洗顔が基本ですが、思春期と違って若干肌が乾燥しやすくなるため、保湿も必要になるでしょう。特に女性はクレンジングのときに肌の潤いが奪われやすいので、保湿が必要になります。 肌の潤いを奪わないように優しく洗顔し、その後は保湿力が高くないさっぱりタイプの化粧水などで保湿しましょう。

そして、20代のニキビはお化粧に注意する必要があります。肌が不安定な時のお化粧は毛穴つまりを起こしにくいパウダータイプのファンデーションで簡単なメイクをしたり、また、できる限りお化粧は控えるようにしたほうが良いでしょう。

30代のニキビの特徴

硬結ニキビ 30代になってくると20代と比較して皮脂量が少なくなりますが、それ以上に肌の水分量も少なくなって乾燥するようになります。

そのため、30代はニキビよりも、肌のハリや弾力、シミ、しわ、毛穴の開きなどの肌の悩みも多くなるようです。ところが、皮脂が減少する30代でもニキビが多発することもあります。

特に女性は30代からは女性ホルモンは減少しますが、男性ホルモンは20代とほぼ同じ高い状態を保つため、人によっては20代と同じようにニキビがたくさんできても不思議ではありません。

30代のニキビは特にアゴやUゾーン(フェイスライン)などの顔の下側に発生することが多いのが特徴ですが、これは男性ホルモンの影響が大きいといわれています。

30代のニキビの原因は、子育てや仕事などのストレスや睡眠不足が続くことが原因となることが多いようです。また、肌の乾燥によってターンオーバーが乱れることでニキビができることがあります。

他にも、油分の多いメイクやクレンジング不足が原因になることも多いです。リキッドファンデーションは仕上がりを向上させるために多くの油脂を含みますが、角化異常によって毛穴を詰まらせるような成分が含まれていることがあります。

30代の大人ニキビのスキンケア

女性看護師の画像 30代のニキビ肌のスキンケアは、まず洗顔や保湿によってターンオーバーを整えてあげるスキンケアが理想です。

30代は肌が乾燥ぎみになり、それだけでターンオーバーが乱れて毛穴がつまりやすくなることがあるため、しっかりと保湿します。

そして、生理前などのニキビができやすい時期はお化粧を控えたり、パウダーだけの簡単なものにしたほうが良いでしょう。

30代のにきびは跡が残りやすいのでニキビを悪化させるような肌への負担が大きいスキンケアは避けるべきです。