電気シェーバーを使ったムダ毛処理のポイント

電気シェーバーでムダ毛処理する画像 肌の露出が多くなる季節になると気になるムダ毛。そのムダ毛を処理する方法の一つに「電気シェーバー(電気カミソリ)」を使った方法があります。

電気シェーバーは肌の負担が少なく、広範囲を手軽に短時間で処理できるメリットがあります。昔は、電気シェーバーというと、男性のヒゲ剃り用という認識がありましたが、現在では女性でも当たり前のスキンケアアイテムとなっています。

電気シェーバー(電気カミソリ)の長所と短所

長所・メリット

  • 電気シェーバーはカミソリや、毛抜き、脱毛テープ、除毛クリームなどのどんなムダ毛処理方法よりも肌への負担が少ない。
  • 手軽に使用でき、短時間で広範囲のムダ毛処理が可能。
  • 種類によっては産毛も処理できる。

短所・デメリット

  • カミソリと比較すると剃り残しがあったり、深剃りできない。仕上がりはカミソリの方が綺麗です。
  • ムダ毛処理後のチクチク感がある。
  • 皮膚に対して強く押し当てて使用すると、まれに刃が皮膚まで削ってしまうことがある。
  • 電気シェーバー機器のメンテナンス、充電、電池交換などが面倒。

どんなメーカー製品がある?

電気シェーバーというと、パナソニックとブラウンが特に有名です。

パナソニック

日本の大手家電メーカーであるパナソニックは、古くからスキンケア製品を販売しています。女性用の全身シェーバータイプでは「サラシェ」、眉毛やうぶ毛用では「フェリエ」、抜くタイプであれば「ソイエ」などがあります。男性用では主に「ラムダッシュ」などのシリーズが有名です。

ブラウン

ブラウンはドイツのメーカーで、日本でも古くから販売されているメーカーです。シリーズで販売されています。男性向けだけではなく、女性向けのシェーバー「レディーシェーバー」も有名です。

電気シェーバーはどれ買っても同じ?

電気シェーバーならどれも性能が同じように思えますが、メーカーによって大きく違うケースがあります。特に外国のメーカーでは刃が肌に触れやすくて荒れてしまうような製品が多いように思えます。一方、パナソニックなどの国内メーカーは肌に優しい作り方になっているように思えます。

使用上の注意点

  • 電気シェーバーを使う前、刃が破損したりしていないかを確認しましょう。
  • 衛生的な面を考慮して定期的な洗浄が必要です。
  • 皮膚に湿疹や腫れがある場合は使用しないようにしましょう。
  • 電気シェーバーは肌への負担が少ないですが、強く押し付けると皮膚を削ってしまうことがあります。肌が弱い人はシェーバーでも荒れてしまうことがあります。