理想的な腕毛の処理方法ポイント

近くで見るほど意外とムダ毛が気になるのが腕毛です。腕は普段から露出する部分ですので、きちんとムダ処理できているか女性にとってとても気になるところです。そこで今回は失敗しない腕毛のムダ毛処理のポイントをご紹介します。

腕のムダ毛方法アンケート調査(複数回答)

以下は、以前にこのサイトで行った女性250人に回答していただいた「腕の毛の処理方法」についてのアンケート調査結果です。

脱毛アンケート
  • カミソリ:82%
  • 電気シェーバー:42%
  • 毛抜き:5%
  • 除毛剤:18%
  • 家庭用脱毛器:9%
  • レーザー脱毛:8%
  • そのほか:29%

腕の毛は、カミソリを使ったムダ毛処理が最も多いようです。腕のムダ毛はわりと広い範囲になるため、やはりカミソリを使った簡単なスキンケアが手軽で人気のようです。カミソリよりもさらに皮膚への負担が少ない電気シェーバーを使う人も多いようですが、カミソリよりも毛が残ってしまうのが難点です。また、女性は腕の毛がそれほど濃くないので、そもそもそういった部分のムダ毛処理をしていないという人も多いようです。

腕の毛の特徴ト

腕毛はヘアサイクルが早い

腕の毛は成長期が3~6ヶ月ほど、休止期も3~6ヶ月ほどです。そして、1日あたり0.2mmほど伸びるといわれています。髪の毛などと比較すると腕毛は生まれ変わるのが早い部分だといえます。

腕の皮膚は丈夫で厚い

顔などと比較して腕の角質層は厚いといわれています。そのため、カミソリなどで処理してもあまりトラブルは起きにくいかもしれません。ところが、腕はターンオーバー(新陳代謝)が活発な部位ではないため、一度誤って傷ができてしまうと色素沈着として残りやすい傾向があります。カミソリの場合では上手に行えば問題ないと思いますが、脱毛テープ、脱毛ワックスなどの肌への負担が大きい脱毛方は避けたほうが無難です。

石鹸やボディーソープを使用したシェービングはNG?

面倒だからとして石けんやボディーソープを使って剃ると、肌が荒れやすい傾向があります。もともと石けんなどは身体の汚れを落とす目的で作られているため、石けんとカミソリが組み合わさると思った以上に皮膚にダメージが及んでいる可能性があります。できるだけシェービングフォームを使用したほうが無難です。

生理前のムダ毛処理

生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの働きによって肌トラブルが起きやすくなります。また、この時期はメラニン色素が作られやすい状態になるため、あまり皮膚に負担をかけるのは理想的ではありません。

腕毛のムダ毛処理方法は?

カミソリで「剃る」

カミソリ 腕の毛を処理する最も一般的な方法はカミソリで剃る方法です。手軽に広範囲を短時間で処理できるのが利点の一つです。腕毛をカミソリで処理する場合、「処理前に皮膚を清潔にする」、「皮膚を温めてから処理する」、「処理後には皮膚を冷やしてクールダウンさせる」、「最後に化粧水などで保湿する」といったスキンケアを行うことで肌トラブルをまねくリスクが大きく減少します。そして、腕の毛は二の腕から手の方向に向けて流れていますので、カミソリで剃る場合はその方向に剃ります。逆剃りは毛嚢炎を起こす原因になります。

電気シェーバーで「剃る」

電気シェーバー 電気シェーバーは皮膚に負担を与えずにある程度のムダ毛を気軽に処理したいという場合におすすめです。カミソリのような綺麗な仕上がりにはならないかもしれませんが、刃にガードが付いていて皮膚を傷つけずに安全に処理できるのがメリットの一つです。ただし、電気シェーバーでも皮膚に押し付けるようにしてしまうと肌を傷めてしまう原因になります。

毛抜きで「抜く」

毛抜による毛嚢炎 腕のムダ毛に対して毛抜きを使用する人もいるでしょう。毛抜きは根本から抜くことができるため持続効果が高いですが、一本一本の毛を広範囲抜いているととても時間がかかるものです。また、無理やり抜く方法では、毛包という毛穴の内部を傷つけて毛嚢炎(毛膿炎)という炎症を起こしてしまうことがあります。腕の毛は細いため、抜く方法では途中で切れたりして中途半端になることがあるため、あまり理想的な方法ではないかもしれません。

脱毛テープで「抜く」

ムダ毛処理後の毛嚢炎 脱毛テープは、ムダ毛処理したい部分にテープを貼って剥がすという脱毛法です。「剃る」方法ではなく「抜く」方法であるため、上手に使用すれば綺麗に仕上がります。欧米では人気の方法ですが、日本人のような黄色人種では角質層が薄くてトラブルを起こしやすいことや、メラニンも多くて色素沈着も起こしやすいため、あまり理想的な方法ではないと思います。無理に毛を抜いてしまうと毛嚢炎(毛膿炎)というニキビのような赤くブツブツした炎症を起こすこともあります。

脱毛ワックスで「抜く」

脱毛ワックスは、温めたワックスを皮膚に塗って、冷えて固まったら剥がすという方法です。脱毛テープと同じような原理ですが、ワックスの場合は皮膚が温められるため、脱毛テープなどよりも肌への負担が少ないといえます。また、ワックスに含まれる保湿成分によって肌がしっとりする保湿効果も得られます。ただし、脱毛テープなどと同様に肌への負担が大きく、トラブルが起きやすいといえます。

除毛クリームで「溶かす」

除毛クリームは、アルカリ剤を使用して毛を溶かして取り除く方法です。上手に使用すればカミソリよりも綺麗に仕上がりますが、毛を溶かす成分が皮膚にも影響を及ぼして肌トラブルをまねくことがあります。使用前に必ずパッチテストを行うべきです。また、皮膚がデリケートな部分には使用しないのが基本です。

脱色剤

髪の毛を脱色するように、ムダ毛においても脱色剤を使用して目立たなくさせる方法もあります。エステサロンなどでよく用いられる方法です。ただし、場合によっては皮膚の色も変わってしまうこともあります。また、肌が弱い人やアレルギー体質の人では薬剤そのものが肌に合わないこともあるでしょう。

レーザー脱毛

腕のレーザー脱毛 腕毛に対してレーザー脱毛を行いたいという女性は増えています。レーザー脱毛は完全な永久脱毛とはいかないまでも、かなり薄く減毛できる可能性があります。ただし、腕の毛が細くて薄い場合ではレーザーが反応しにくく、効果が得られにくいのが欠点です。