【画像】グリシルグリシンのイオン導入が毛穴開きに効果的な理由

グリシルグリシンによる毛穴開き治療の効果画像 GG(グリシルグリシン)とは、構造的にはグリシンというアミノ酸が2つつながった成分です。保湿作用の他に皮膚のターンオーバー(肌の生まれ変わり)の正常化し、毛穴の開きや肌のキメを整える効果があります。

そのグリシルグリシンは一般的な化粧品成分として使用する他に、イオン導入することでより高い効果を得られることができます。

毛穴の開き発生メカニズム「毛穴が拡大する仕組み」

毛穴の開きと不飽和脂肪酸 1皮脂が過剰に分泌され、皮膚常在細菌(アクネ菌や真菌など)が皮脂を分解して遊離脂肪酸を作り出す。(遊離脂肪酸とはグリセリンとの結合がない脂肪酸で、皮脂中には主にパルミトレイン酸、オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸などの脂肪酸が多く含まれます)。
2皮脂中の遊離脂肪酸のうち、不飽和脂肪酸は皮膚に対して特に刺激性があり、炎症の原因となる炎症性サイトカインの放出を促し、肌細胞内のイオンバランスを乱して角化異常(ターンオーバー異常)を引き起こす。
3角化異常によって毛穴周辺の角質が過剰生成されて肥厚し、その結果、皮膚がすり鉢状に凹んだ状態に見えるようになる。

皮脂に含まれる不飽和脂肪酸はオレイン酸、パルミトレイン酸、リノール酸などがありますが、不飽和脂肪酸は酸化されやすく、長い時間肌に接していると炎症を引き起こす性質があります。

グリシルグリシンが開いた毛穴を縮小させる仕組み

グリシルグリシンによる毛穴開き治療の効果画像 過剰な皮脂によるキメの乱れや毛穴の開きは、皮脂に含まれる不飽和脂肪酸の影響で炎症性サイトカイン産生が促されたり、肌細胞内のイオンバランスが乱れることが原因の一つです。

グリシルグリシンは、炎症の原因となる炎症性サイトカインの産生を抑制し、グリシン受容体に作用して肌細胞内のイオンバランスを整えることでターンオーバーを正常化(角化不全の改善)する働きがあります。

それによってすり鉢状に凹んで開いたように見えていた毛穴がしだいに改善されてキメの整った平らな肌になっていきます。

イオン導入とは?

イオン導入 イオン導入は微弱な電気を利用して水溶性有効成分を肌の奥深くまで届けることができる美容法で、主に美容皮膚科やエステサロンで行われます。通販などで購入できるイオン導入器を購入すれば自宅で行うこともできます。

皮膚には皮脂膜や角質などのバリア機能があり、普通に美容成分を肌に塗布しても十分に浸透しない難点がありますが、イオン導入は肌に負担のないとても弱い電流を使用して、分子量の小さい水溶性成分を皮膚の奥まで浸透させることができます。

普通に塗布した時と比較して、数倍から数十倍もの浸透効果が得られるとされます。

イオン導入の作用

イオン導入の作用原理のイメージ画像 イオン導入の作用原理は、マイナス極同士は反発しあうといった性質を利用したものです。

まず、プラスの電極を手などにもつと肌表面がマイナスに帯電します。そして、顔にマイナスの電極を顔に当てると、マイナス極同士の反発によってマイナスに帯電した有効成分が肌の奥へと浸透します。 これによって有効成分が肌の奥へと浸透します。

グリシルグリシンのイオン導入について

グリシルグリシンは分子量が小さい水溶性成分であるため、一般的な化粧水などに配合して使用するほかに、イオン導入の有効成分として用いることもできます。(イオン導入では分子量が大きい成分や、水溶性ではない成分は使用できません)。

イオン導入による微弱な電流の働きによってグリシルグリシンを皮膚の奥まで浸透させ、角質細胞内のイオンバランスを整えてターンオーバーを正常化し、毛穴の開きを改善します。

ニキビ治療では「ビタミンC誘導体」、美白治療では「プラセンタエキス」や「トラネキサム酸」、グリシルグリシンは主に毛穴治療に使用されます。

適応症状

  • 毛穴の開き、帯状毛穴。(老化現象による毛穴の開きには不向き)。
  • ニキビ跡、肌荒れ、キメの乱れ。
  • ザラザラ肌、ブツブツ肌。

施術内容とアフターケア

Step1洗顔・クレンジングをして肌の汚れを落とす。

Step2イオン導入の前にケミカルピーリングを行って古い角質ケアをすると有効成分の浸透効果が高まります。

Step3コットンにグリシルグリシンを溶かした溶液を含ませて微弱な電流を与えてイオン導入していきます。強い痛みはありません。

Step4グリシルグリシンと組み合わせてビタミンC誘導体のイオン導入を行うのも効果的です。ビタミンC誘導体にも抗酸化作用や肌引き締め効果、皮脂抑制効果などがあり、毛穴縮小に働きます。

Step5最後は保湿して終了です。

アフターケア

  • イオン導入は特にダウンタイムはありません。
  • 紫外線ケアは不可欠です。紫外線は皮脂の酸化を促して毛穴開きを悪化させます。
  • 日常的に保湿をして肌を整えましょう。毛穴の開きに悩む人は肌水量が不足していることが多いです。

治療時間の目安

イオン導入の施術時間は10~15分ほどです。

治療回数の目安

イオン導入の施術回数は、毛穴の開きの程度によりますが、1~2週間に1回ペースで行うと効果が実感できます。特に副作用はないため、早いペースで繰り返し行うことができます。毛穴の開きは体質・肌質的な影響で発生するため、予防のためには定期的に行うと良いと思います。治療回数を重ねることで効果が実感できるはずです。

治療料金の目安

イオン導入の施術費用は数千円~1万円程度です。ケミカルピーリングなどの施術とセットで行われていることも多いです。

自分で行う場合

イオン導入を自分で行う場合、「精製水」と「グリシルグリシンの粉末」を購入します。精製水はドラッグストアで100円ほどで購入できます。また、グリシルグリシンは通販で購入できます。
【楽天】グリシルグリシン原末5g

精製水にグリシルグリシンを溶かして、その水溶液でイオン導入を行います。濃度は2~5%ほどを目安に作ります。濃度が高すぎるとピリピリ感が強くなります。

イオン導入の副作用と注意点

  • グリシルグリシンは、化粧品では2~3%ほどの濃度で使用されますが、イオン導入ではさらに高い濃度で用いられることがあります。
  • グリシルグリシンは、高濃度になるほどピリピリしてかゆくなることがあります。(皮膚には影響はありません)。
  • 肌に傷や腫れ・炎症がある場合は施術ができないこともあります。
  • イオン導入器を購入して自分で行う場合、一箇所に集中して行わないようにしましょう。説明書に従って行いましょう。