ビタミンC誘導体イオン導入の効果「ニキビ跡色素沈着」に効く理由

イオン導入の画像 イオン導入とは、微弱な電流を利用して水溶性の美容有効成分を肌の奥にまで届ける美容法です。一部の美容皮膚科やエステサロンなどで行われています。また、治療器を購入すれば自宅でも行うことができます。

イオン導入で使用する成分には、一般的にビタミンC誘導体、プラセンタエキス、グリシルグリシン、トラネキサム酸などの成分が用いられることが多いですが、ニキビ治療にはビタミンC誘導体を用いた方法が理想的だとされます。

イオン導入の効果・効能「作用原理」

イオン導入の作用原理のイメージ画像 皮膚には皮脂膜や角質などのバリア機能があり、化粧水や美容液を普通に塗布しても思うように浸透しない欠点があります。

イオン導入は、肌に負担のないとても弱い電流を使用して、分子量の小さい水溶性成分を皮膚の奥まで浸透させることができます。普通に塗布した場合より数倍から数十倍もの浸透効果があるとされます。

作用としては、マイナスの電極を顔の皮膚に当てて、プラスの電極を手などに持って電気を流すと、水に溶けるとマイナスに帯電した化粧品成分(水溶性有効成分)が、皮膚に当てたマイナスの電極からの反発力によって顔の皮膚の奥へと浸透していくといった原理によるものです。

ビタミンC誘導体の効果とは?

ニキビ治療におけるイオン導入は、主にビタミンC誘導体が使用されることが多いです。ビタミンC誘導体には以下のような作用があります。

ビタミンC誘導体は皮脂抑制効果がある

皮脂 ビタミンC誘導体は皮脂腺の活動を抑制して皮脂分泌を抑える働きがあります。ニキビの原因は皮脂の増加によって増殖するアクネ菌などが皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生することが主な要因です。遊離脂肪酸は皮膚に対して刺激性があり、ターンオーバーを乱して角質を厚くし、毛穴つまりを引き起こすようになります。その結果、ニキビができてしまうのですが、ビタミンC誘導体は皮脂を抑制して脂性肌・オイリー肌を改善します。

ビタミンC誘導体は抗酸化作用がある

ビタミンCの抗酸化力 ビタミンCには優れた抗酸化作用があり、皮脂の酸化を抑制して角化異常(ターンオーバー異常)による毛穴つまり、ニキビの形成を抑制します。また、皮脂の酸化が原因の一つである毛穴の開きもビタミンCが有効です。抗酸化作用による肌老化を防止する作用も期待できます。

ビタミンCはチロシナーゼ阻害効果(美白作用)がある

しみ・色素沈着の原因であるメラニン色素は、メラノサイト(色素細胞)において、チロシナーゼという酸化酵素がアミノ酸のチロシンをメラニンに変化させることで作られます。ビタミンCはこのチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用をもち、ニキビによる色素沈着の予防・改善に導きます。炎症後色素沈着には化粧品美白成分が非常に効果がありますが、ビタミンC誘導体は特にニキビ跡に有効な成分です。

ビタミンC誘導体のイオン導入の適応症状

  • ニキビ肌荒れや吹き出物。特に脂性肌・オイリー肌に有効。
  • シミ、そばかす、肌のくすみ、肝斑、色素沈着。
  • ニキビ跡、外傷跡、虫刺され跡などの色素沈着。
  • 毛穴開き、キメの乱れ。
  • アンチエイジング効果。

施術内容とアフターケア

ビタミンC誘導体イオン導入の治療内容・施術の流れ

イオン導入 Step1洗顔、クレンジングによって肌の汚れを落とす。
Step2施術前に簡単なピーリングを行うと美容成分の浸透効果が高くなります。
Step3コットンに水溶性ビタミンC誘導体を含ませてイオン導入していく。若干ピリピリすることがあります。
Step4肌を整えて終了。

アフターケア

  • ビタミンC誘導体は肌を乾燥させる作用があるためしっかりとした保湿が必要です。
  • ニキビがある時は特に紫外線対策を行いましょう。

施術回数の目安

イオン導入の施術回数はニキビやにきび跡治療の場合は1ヶ月に2~4回ペースが理想です。特に副作用もないため早いペースで繰り返し行うことができます。治療を重ねることで肌質も改善してキメも整ってきます。

治療価格の目安

イオン導入は、美容皮膚科やエステサロンなどで行われていますが、おおむね一回あたり数千円程度で行われています。単体の施術ではなく、ケミカルピーリングなどの他の施術とセットとして行われていることも多いです。

副作用と注意点

  • イオン導入は肌質を改善する効果やニキビ跡の改善を促すものです。必ずしもニキビが減ってくるとは限りません。
  • イオン導入を自分で行う場合、一箇所に集中して長い時間行ってはいけません。機器に付属している説明書通りに行いましょう。
  • 傷や腫れがある部分にはイオン導入は行わないようにしましょう。
  • 水溶性ビタミンC誘導体は肌を乾燥させる作用があるため乾燥肌や敏感肌には不向きなことがあります。
  • 基本的にイオン導入では深刻な副作用が起こるリスクはありません。

自宅でイオン導入を行う場合

イオン導入機器を購入して自分で行う場合、まず「精製水」と「ビタミンC誘導体の粉末」を用意します。精製水は薬局・ドラッグストアで100円ほどで購入できます。また、ビタミンC誘導体の粉末は通販などでも購入できます。水溶性である「リン酸型」のビタミンC誘導体が理想です。
【Amazon】リン酸型ビタミンC誘導体100%パウダー10g

精製水にビタミンC誘導体の粉末を入れて混ぜるたけで、イオン導入で使えるビタミンC誘導体ローションが作れます。濃度は5~10%ほどが目安です。ちなみに、一般的に販売されているビタミンC誘導体の化粧水の場合、他の成分や防腐剤(パラベンやヘキサンジオールなど)なども含まれるため、イオン導入には適していません。