毛穴汚れ「角栓」に効果的な洗顔方法

洗顔 毛穴黒ずみや毛穴汚れ(角栓)を予防するためには、洗顔による皮脂ケアと保湿の基本的なスキンケアを欠かさないことが重要です。間違った洗顔によってかえって肌トラブルをまねくことは少なくありません。そこで今回は毛穴汚れに効果的な洗顔方法をご紹介します。

毛穴汚れ・毛穴黒ずみを予防する洗顔のポイント

Step1洗顔前に皮膚を温めて毛穴を開かせる

お風呂の画像 洗顔に皮膚を温めることで毛穴が開き、毛穴の汚れが落ちやすくなります。バスタイムはお風呂のスチーム効果によって毛穴が十分に開き、汚れが最も落ちやすくなります。

また、蒸しタオルを使うことでも毛穴は十分に開きます。蒸しタオルは熱いお湯を含ませたタオルを絞ると簡単に作れます。また、水分を含んだタオルを電子レンジで温めることでも蒸しタオルが作れます。

Step2石鹸、洗顔料を泡立ててキメ細かい泡をつくる

石鹸泡立てる画像 刺激性の低い石鹸や洗顔料を泡立ててキメ細かい泡をたくさんつくります。肌への負担が大きい合成界面活性剤が配合されていない無添加石鹸(純固形石鹸)を使用するのが理想です。その理由は、強い洗浄力をもった洗顔料で洗うと、角質や皮脂膜を落としすぎて、かえって皮脂分泌を促したり、ターンオーバーを乱してしまう可能性があるためです。

また、一度手を簡単に洗っておくと泡立ちやすくなります。市販されている「泡立てネット」を使用すればキメ細かい泡が簡単に作れます。泡が少ないと汚れが落ちにくくなったり、肌への負担が大きくなったりします。

Step3肌を刺激しないようにたくさんの泡で優しく洗顔

洗顔の画像 洗顔の際は、たくさんの泡で優しくマッサージするように洗います。皮膚が動かないくらいに優しく洗うのがポイントです。肌への刺激が強い洗い方をしていると、炎症が誘発されてニキビや毛穴の黒ずみが悪化することがあります。汚れがたまりやすいTゾーン、小鼻、頬は丁寧に洗います。

皮脂を取りすぎるような洗顔やゴシゴシ洗いは必要な角質まで奪ってしまい、かえって皮脂分泌が増加して毛穴トラブルをまねくことがあります。また、ゴシゴシ洗いは炎症が起きやすくなって毛穴の黒ずみが悪化したりすることがあります。

Step4洗顔後、すすぎの際は冷水で皮膚を冷やす

洗顔すすぎの画像 洗顔後はすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。特に髪の生え際、うなじ、首元はすすぎが不十分であることが多い部分です。すすぎ残しはニキビ・肌荒れの原因となってしまうことがあります。

そして、最後は冷水で30秒以上かけて皮膚を冷やして皮膚温度を下げましょう。皮膚温度を下げることで皮脂分泌が抑制され、毛穴ブツブツやお化粧崩れなどを予防できるはずです。また、冷やすことで皮膚の炎症も抑えられます。

皮膚はわずかに刺激を受けるだけでも「炎症性サイトカイン」という炎症を誘発する物質が放出されます。洗顔も肌に負担を与える行為であり、例外なく炎症性サイトカインが放出されますが、肌を冷やすことで炎症性サイトカインによる皮膚炎症を予防することができます。

Step5洗顔後は化粧水をたっぷりつけて保湿する

洗顔後の化粧水保湿の画像 洗顔後の肌は水分や皮脂膜を失った無防備な状態になっています。肌の潤いが不足したままだとかえって皮脂分泌を促してしまうこともあります。(角質層の水分が少なくなると皮脂が増加することがわかっています)。そのため、洗顔後は必ず化粧水で水分を補いましょう。皮脂が多いからといっても水分量は不足しているケースもあります。

化粧水はオイルフリー(無油分)が理想です。油脂が含まれた化粧水はニキビの原因になったり、水と油脂を乳化させるために配合される界面活性剤が肌への負担になることもあります。また、美白成分が含まれた化粧水によって毛穴黒ずみの改善が期待できます。

また、化粧水を使用するときにパシャパシャと肌を叩くようにパッティングしていると、赤ら顔(皮膚の赤み)を引き起こすことがあります。従来は、肌を引き締めるためにパッティングをすると良いといわれることがありましたが、かえって肌トラブルの原因になることがわかっています。肌には余計な負担をかけないことが基本です。

Step6ローションパックで潤いを閉じ込める

洗顔後のローションパックの画像 乾燥肌によって毛穴の開きが目立つような場合には、スペシャルケアとしてローションパックが効果的です。(毛穴の開きは肌の水分不足が一つの原因です)。時間をかけて保湿すれば毛穴が目立たないプルプルの肌が実感できるはずです。余計な皮脂分泌も抑えられます。

冷蔵庫などで冷やした化粧水をコットンに含み、ローションパックすることで皮膚温度を下げて皮脂分泌を抑制することができます。また、ニキビがある部分にローションパックをすると、炎症が抑えられて腫れが引きやすくなります。肌は寝ている時に特に活発に作られるため、就寝前のローションパックが理想です。

Step7美容液で潤いを閉じ込める

洗顔後に美容液で保湿 ローションパックでも肌が乾燥する場合は乳液・美容液を使用しましょう。ニキビ肌ができやすい場合は、油分が配合されていない「オイルフリー処方」や「ノンコメドジェニック処方」の美容液にしたほうがよいでしょう。

オリーブ油、ホホバオイル、アーモンド油などの油脂や、オレイン酸などのエモリエント成分にはターンオーバーを乱したり、炎症を誘発して毛穴開きや毛穴黒ずみを悪化させる性質があるため、それらが含まれない美容液が理想です。