毛穴汚れ「角栓」の発生原因と解消法

鼻の黒ずみの画像 毛穴汚れを一般に「角栓」といったりします。その角栓が溜まると以下のようなトラブルが起こる可能性があります。

  • 毛穴汚れ・角栓が溜まるとニキビに発展する可能性が高くなります。
  • 皮脂酸化の影響でメラニン色素が過剰に作られ、毛穴周辺の黒ずみへとつながる可能性も高くなります。
  • 毛穴汚れによって肌全体がくすんで見えるようになる。
  • 角栓によって広がる毛穴が影となり、光の当たり方によってはさらにくすんだ印象を与えてしまうことがある。
  • 毛穴の角栓によってファンデーションなどのお化粧のりも悪くなる。
  • 毛穴汚れによって化粧水などの有効成分の浸透が悪くなることも考えられます。

毛穴汚れ・角栓の原因とは?

過剰な皮脂が毛穴汚れの原因

角栓形成の仕組み 毛穴汚れの原因は主に皮脂の増加です。皮脂が増加するほど皮脂中に含まれる遊離脂肪酸も増加し、それが皮膚を刺激してターンオーバーを乱すためです。

遊離脂肪酸とは、グリセリンとの結合がない脂肪酸で、皮脂中にはオレイン酸、パルミトレイン酸、パルミチン酸などの脂肪酸が多く含まれます。皮脂中の遊離脂肪酸は皮膚に生息する常在菌(アクネ菌など)が皮脂を分解することで産生されます。

遊離脂肪酸の刺激によって角質が剥がれやすくなり、その角質と皮脂が毛穴内部で溜まったものが毛穴の汚れ(角栓)です。「コメド」や「ニキビの芯」といったりもします。一般に、皮脂が増加すると毛穴汚れ・角栓が溜まりやすくなるのは、皮脂に含まれる遊離脂肪酸による刺激が主な要因です。

思春期や生理前、夏場などの皮脂量が多い時期は洗顔でしっかりと皮脂を落とすスキンケアが重要です。また、油っこい食事を控え、夜更かしをしないようにすることもニキビ予防につながります。

皮脂酸化が原因の角栓・毛穴の汚れ

皮脂が酸化し、過酸化脂質に変化することでも皮膚に刺激をもたらすようになります。それによって通常よりも早いスピードで角質が剥がれて毛穴汚れが溜まるようになります。

皮脂が酸化する要因は、紫外線、スキンケア不足、ストレスなどです。慢性的にストレスを感じやすい人ほど、皮脂中の過酸化脂質が多いことがわかっています。

肌の乾燥が原因の毛穴のつまり

乾燥した毛穴とターンオーバーの乱れ 肌の水分が不足した状態が続くと、水分量を保つために未熟な角質が過剰に作られて毛穴がつまりやすくなります。それによって毛穴汚れ・角栓が溜まりやすくなることがあります。また、肌の水分が不足すると毛穴が開いて目立つようになります。

肌が乾燥しないように洗顔後は必ず化粧水や美溶液などで保湿しましょう。肌に水分を与えるとターンオーバーが正常化し、さらに肌がふっくらして毛穴が目立たなくなります。

「アダルトニキビ」といわれる大人のニキビは過剰な皮脂よりも乾燥によって引き起こされることが多いようです。

洗いすぎが原因でも毛穴汚れが溜まる

ニキビ発生の仕組み ターンオーバーが乱れると毛穴が塞がって毛穴汚れが溜まりやすくなります。そのターンオーバーを乱す要因の一つが過剰な洗顔・スキンケアです。

過剰な洗顔は必要以上に角質を剥がしてしまいますが、角質はバリア機能や水分保水機能といった役割があり、それが消失してしまうと潤いを守るために角質形成や皮脂分泌が促されます。そして、皮脂増加によって皮脂中の遊離脂肪酸が皮膚を刺激することでターンオーバーが乱れ、毛穴周辺の皮膚が厚くなって出口がなくなり、毛穴汚れ、角栓が形成されるようになります。

お化粧・メイクが原因の毛穴のつまり

お化粧している写真 お化粧をすることで毛穴が塞がれるため、毛穴汚れが溜まって角栓が形成されやすくなります。ニキビを引き起こすことも多いです。特に、仕上がりが良いファンデーションは油分も多く含まれているため、それが原因でニキビ、肌荒れ、脂漏性皮膚炎などを引き起こすことがあります。また、メイク落としが不十分でファンデーションが毛穴に残ってしまい、肌トラブルを引き起こすこともあります。

夏場や生理前の皮脂が多くなる時期は毛穴への負担が少ないパウダータイプのファンデーションを使うなどの工夫が必要です。また、こまめにメイク直しをすることでも毛穴汚れは予防できます。必要がなくなったメイクはすぐに落とすように習慣づけましょう。

毛穴パックが逆に毛穴の汚れの原因に?

鼻パックの画像 毛穴パックによってかえって角栓が発生しやすくなる可能性があります。確かに毛穴パックによって角栓は取れるのですが、それによって角質まで剥がれてしまい、それが刺激になって皮脂が増加したり角質が過剰に作られたりします。それによってかえって毛穴がつまりやすくなって毛穴の汚れがたまり、角栓を形成するようになることがあります。毛穴パックをやるとしてもやり過ぎないことが重要です。

角栓・毛穴汚れを予防するスキンケア方法

角栓は主にターンオーバーの乱れによってもたらされます。そのため、皮脂ケアや肌への刺激を抑えたスキンケアが有効です。

肌に刺激を与えない洗顔・クレンジングをする

洗顔とクレンジングの画像 毛穴の汚れが目立つ原因は、単に洗顔やクレンジングが不足していることがよくあります。特に思春期にできるニキビは皮脂過剰型が多いため、こまめに皮脂ケアすることで角栓やニキビは予防できるはずです。

ただし、肌に刺激を与えすぎるとターンオーバーが乱れてかえって毛穴汚れが溜まりやすくなりますので、キメ細かい泡を作って優しく洗いましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体ローション 皮脂が多くて毛穴汚れ・角栓が発生しやすい人は水溶性ビタミンC誘導体が効果的です。ビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑制する作用や抗酸化作用によって皮脂の酸化を防ぐ働きがあります。他にも、メラニン色素の生成を抑制する働きもあります。

ビタミンC誘導体には「水溶性」と「油溶性(脂溶性)」がありますが、皮脂が多い肌質にはビタミンCとリン酸を結合させた「リン酸型ビタミンC誘導体」が有効です。「リン酸アスコルビルMg」や「リン酸アスコルビルNa」などの種類があります。
【楽天】リン酸型ビタミンC誘導体ローション(さっぱりタイプ化粧水)100ml

油っこい食事(特に動物脂肪の摂取)は控える

食事している画像 食生活においては油っこい食事を控えることで余計な皮脂分泌を抑えられて毛穴汚れを防ぐことができます。特に動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含み、男性ホルモンの増加を促して皮脂を増加させるため、角栓が発生しやすくなります。

飽和脂肪酸は牛肉、豚肉などの肉類や卵類、牛乳やヨーグルトなどの乳製品に多く含まれます。