毛穴の「シミ黒ずみ」の発生原因と予防対策

毛穴の黒ずみ・色素沈着 毛穴の黒ずみは、全体的に肌がくすんで老けた印象を与えてしまう欠点があります。また、お化粧のりも悪くなってしまいます。その毛穴の黒ずみは主に皮脂や紫外線、物理的な刺激などが原因となって発生します。その毛穴の黒ずみの原因と解消方法をご紹介します。

毛穴の黒ずみ(しみ)の原因は?

過剰な皮脂分泌、皮脂の酸化

鼻の毛穴黒ずみの画像 皮脂の分泌が多くなると毛穴の汚れがたまりやすくなります。これは、皮脂に含まれる遊離脂肪酸が毛穴周辺の皮膚を刺激して炎症を誘発するためです。皮膚に刺激を与えることで角質が早いスピードで剥がれ、角質と皮脂と混ざり合って角栓(コメド)を形成します。

毛穴につまった角栓が時間の経過とともに酸化して黒色化し、毛穴の黒ずみとなります。毛穴に皮脂汚れが溜まるとニキビへと進行することもあります。この場合、単に角栓を取り除くことで黒ずみは解消できます。

毛穴の黒ずみはメラニンによる色素沈着が原因

毛穴の黒ずみ発生の仕組み 皮脂に含まれる遊離脂肪酸は毛穴を刺激し、それによってメラニン色素がたくさん生成されます。また、皮脂の酸化によっても肌は刺激を受けて炎症を誘発し、メラニン色素が過剰に作られるようになります。

メラニン色素が過剰に作られても通常はターンオーバーによって押し上げられ、古い角質とともに排出されますが、肌老化などによって角化異常を起こすとメラニン色素が上手に排出されなくなり、毛穴の黒ずみ(色素沈着)となって残ってしまいます。

メラニンによる毛穴の黒ずみはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白化粧品でも効果が期待できますが、光治療やレーザー治療などの専門的な治療を受けなければ改善は難しいケースがあります。

紫外線によって毛穴の黒ずみが悪化する

紫外線によるニキビ肌荒れ 紫外線はメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)を活性化させ、チロシナーゼという酵素を活性させてメラニン色素の生成を促します。す。また、紫外線は皮脂の酸化を促して炎症を誘発します。

それらの要因によって毛穴の黒ずみが悪化してしまう可能性があります。脂性肌(オイリー肌)やニキビ肌の人が紫外線を浴びると、特に色素沈着を起こしやすいといえます。

ムダ毛処理による毛穴の黒ずみ・色素沈着

脱毛 カミソリや毛抜きなどでムダ毛処理を行うと、しだいに毛穴が黒ずんでくることがあります。これはカミソリによって毛穴を傷つけてメラニン色素が作られ、それが慢性的に引き起こされることで毛穴の黒ずみを起こすようになります。

また、むだ毛処理によって毛穴が傷つき、そこからブドウ球菌が感染することで毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚病を引き起こすことがあります。

症状としては小さなポツポツとしたニキビに似ていますが、ニキビよりも早期に治り、ほとんどのケースでは数日すればキレイに治ります。ただし、場合によっては色素沈着を起こして毛穴の黒ずみとなってしまう可能性があります。

カミソリを使う場合は、シェービングクリームを使用し、深剃り・逆剃りは控えて毛の流れに沿って剃りましょう。また、毛抜きは肌へのダメージが強いため控えるようにしましょう。(毛抜きは見えていなくても毛穴内部では出血を起こしていたりします)。

毛穴の黒ずみ・シミ対策「予防法」

予防するには洗顔が基本

洗顔する画像 毛穴の黒ずみは主に皮脂の酸化や皮脂中の遊離脂肪酸による刺激によって発生します。そのため、毛穴トラブルを予防するには、洗顔でしっかりと皮脂汚れを落とすスキンケアが重要です。たくさんの泡で優しく丁寧に洗い、次の日に汚れを持ち越さないようにしましょう。

肌に刺激を与えるように洗うとメラニン色素の生成が促進されて毛穴の黒ずみが悪化してしまう可能性があります。キメ細かい泡をたくさん作って肌に負担をかけないように洗いましょう。

美白化粧品が有効なケースもある

毛穴の黒ずみに美白化粧品 メラニンによる毛穴の色素沈着には美白化粧品による改善が期待できます。くっきりとしたシミの場合は改善が難しいかもしれませんが、境界がはっきりとしないモヤモヤとしたしみ・黒ずみの場合は化粧水や美容液などに配合される美白成分によって解消できる可能性があります。

厚生労働省が医薬部外品の有効成分として認可している美白成分には、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、プラセンタエキス、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET(カミツレエキス)、トラネキサム酸、4MSK、マグノリグナンなどがあります。

メラニン色素による黒ずみはIPL(フォトフェイシャル)が効果的

IPL・フォトフェイシャルの画像 IPL(インテンス・パルス・ライト)は、幅広い波長をもつ特殊な光を利用してシミや毛穴の黒ずみ、赤みなどの肌トラブルを改善する治療です。黒い色素(メラニン)と赤い色素(ヘモグロビン)のどちらにも吸収されやすい幅広い波長により、様々な肌トラブルを同時に解消することができます。

IPLを利用した治療には、「フォトフェイシャル」「フォトフェイシャル・ファースト」などの治療が有名です。また、IPLと高周波を組み合わせた「フォトRF」という治療も同様の効果が得られます。

毛穴の黒ずみはレーザーや光治療などを用いなければ改善が難しいケースもありますが、IPLのような光治療は一般的なレーザーと違って肌に対する作用が穏やかでダウンタイムが少なく、安全性が高いメリットがあります。安全な治療であることからIPL治療を導入している皮膚科は多いです。