顔の洗いすぎが毛穴開き悪化原因になる理由

悩む女性の画像 ニキビ・吹き出物や毛穴の開きを予防・改善する一番の方法は正しい洗顔を行うことです洗顔が重要だといわれています。ただし、過剰なスキンケアによってかえって肌トラブルを悪化させていることも少なくありません。今回は過剰なスキンケアがもたらす毛穴トラブルについて解説します。

角質層のトラブルとニキビ、毛穴の開き

洗顔回数が増えるとかえって毛穴の開きが目立つ

毛穴の開きと遊離脂肪酸・不飽和脂肪酸 ニキビや毛穴のトラブルが気になるからといって一日に5回も6回も洗顔したり、脱脂力の強いコスメを使っていると、必要な角質や潤いまで失われてしまいます。

角質は水分保持機能やバリア機能などの役割があり、その角質がはがれてしまうと肌を保護するために皮脂分泌を増加させて潤いを高めようとします。皮脂が増加すると、皮脂に含まれる遊離脂肪酸という物質が肌を刺激してターンオーバーを乱すようになります。その結果、毛穴周辺の皮膚が厚くなって毛穴が開いたように見えてしまようになります。

毛穴トラブルを改善しようとする行為そのものが毛穴トラブルを悪化させていることもあるのです。

洗顔のしすぎで吹き出物ができる

ニキビ発生メカニズム・仕組み 洗顔のしすぎで角質層の水分が不足すると、肌を保護するために未熟な角質を過剰に作りだそうとします。その結果、角質層が厚くなり、毛穴がふさがれるようになります。毛穴が塞がれると毛穴汚れや角栓、吹き出物を引き起こすことがあります。

例えば、大人のニキビはアゴやUゾーン(フェイスライン)に発生しやすい傾向がありますが、それは乾燥が主な原因となっている可能性があります。

角質をとりすぎないスキンケア

洗顔は無添加固形石けんなどで優しく洗う

洗顔の画像 洗顔は肌への負担が少ない無添加石鹸が理想です。洗顔フォームには一般に合成界面活性剤が含まれており、それが強い洗浄力をもたらす一方で肌への負担も大きなものになりますが、無添加石けんの場合は、合成界面活性剤は使用していないため、洗顔フォームよりも肌ダメージが少ないといえます。

そして、洗顔の際は石けんをたくさん泡立てて角質を剥がしすぎないように力を抜いて優しく洗いましょう。市販されている泡立てネットなどを使用すればキメ細かい泡を簡単につくることができます。

ピーリングはやりすぎない

ピーリング成分 ピーリングとは、グリコール酸や乳酸などのフルーツ酸(AHA)やサリチル酸(BHA)、パパイン酵素などの角質剥離作用がある成分を使って古い角質を取り除くスキンケアをいいます。ピーリングによって古い角質が解消されて毛穴汚れも改善されますが、ピーリングのやりすぎは角質を剥がしすぎてしまい、それを補うために皮脂分泌を促してしまう可能性があります。また、頻繁なピーリングは肌を疲弊させてしまう要因にもなります。

ピーリングを続けているのに毛穴の開きや吹き出物が治らないという人は、一度角質を取らないスキンケアを試してみると良いかもしれません。

皮脂が少ない人は水洗いで十分

皮脂が少ない人の場合、洗顔は水洗いで十分なこともあります。朝だけは水洗い洗顔にして夜は洗顔・クレンジングといった形も有効です。水で洗うだけでも表面の皮脂は落とせるものです。ただし、こするような洗い方は厳禁です。

脂とりフィルムを活用する

脂とりフィルム 洗顔によって角質を剥がすと、それを保護するためにかえって皮脂分泌が増加してニキビができてしまうことがあります。角質が剥がれているため、炎症が起きやすい状態にもなってしまいます。その場合は、脂取りフィルムを利用して皮脂だけを取り除くスキンケアが有効です。脂とりフィルムは、脂とり紙と違って肌の水分を取り除くことはなく皮脂だけを吸着できることがメリットの一つです。
【Amazon】ギャツビー あぶらとり紙フイルムタイプ 70枚入

洗顔後は必ず化粧水で保湿する

肌が乾燥していると、潤いを高めるために皮脂が増加することがあります。また、潤いを失った肌ではターンオーバーが乱れ、毛穴の開きや吹き出物も治りにくくなります。そのため、洗顔後の無防備な肌には素早く化粧水で保湿しましょう。ニキビ肌や毛穴の開きが気になる肌ではオイルフリータイプの化粧水が理想です。