首ニキビが多発する原因と治す方法

首ニキビの画像 顔や背中などに発生しやすいニキビ。そのニキビは首にもよく発生することがあります。

特に成人してから発生する大人ニキビは首やUゾーンなどの顔の下半分に発生しやすいといわれています。そして、首ニキビは跡が残りやすいといわれています。

今回は、その首ニキビの原因と治し方をご紹介します。

首ニキビの原因とは?

ターンオーバーの乱れが首ニキビの原因?

皮膚の構造 首は顔と違って皮脂分泌は多くありません。そういった部分にニキビが多発する場合は、ターンオーバーが乱れている可能性があります。

ターンオーバーとは、肌細胞が表皮基底層で作られて最終的には角質となり、最後は垢(古い角質)となって剥がれていくサイクルをいいます。ターンオーバーが乱れることで毛穴がつまりやすくなり首ニキビを起こすようになります。

ターンオーバーが乱れる要因

  • 皮脂の増加。
  • 男性ホルモンの増加。
  • ストレス。
  • 睡眠不足。
  • 運動不足。

首ニキビを治していくにはターンオーバーを整えることが重要になります。

男性ホルモン増加が原因?

皮脂 男性ホルモンは皮脂を増加させる作用や、角化異常(ターンオーバーの乱れ)を引き起こす作用があると考えられています。

皮脂中には遊離脂肪酸という肌に刺激を与える物質が存在しますが、皮脂の増加によって遊離脂肪酸も増加し、それがターンオーバーを乱して不全角化を起こし、毛穴をつまりやすくします。

それが首ニキビの原因になることもあります。

男性ホルモンは思春期に活発に分泌されますが、そのほかにもストレス、イライラ、動物性脂肪(主に飽和脂肪酸)のとりすぎなどによって増加します。

ストレスやイライラで首ニキビが発生する?

ストレス ストレス・イライラはホルモンバランスを乱したり、ターンオーバーを乱す原因だと考えられています。特にイライラ型のストレスは副腎皮質ホルモンとともに男性ホルモンの分泌を増加させます。

また、ストレスによって交感神経が活発になるとサブスタンスPという情報伝達物質が発生して皮脂分泌が増加することがわかっています。そのストレス・イライラが首ニキビの原因になることがあります。

現代社会でストレスをゼロにすることは難しいかもしれませんが、ストレスはできるだけ溜めずに発散するような工夫が必要です。

軽い運動、お風呂、十分な睡眠、音楽を聴く、友達とのおしゃべりなどはストレス発散方法として適しているとされます。

肌の乾燥や保湿不足が原因?

キレイな肌 皮膚が乾燥するとバリア機能や水分量を補うために角質を過剰に作り出そうとします。(不全角化)。

それによって表皮層が未熟な角質で厚くなって毛穴が塞がり、ニキビができることがあります。

首は乾燥しやすいためターンオーバーが乱れると吹き出物・ブツブツが現れる可能性があります。また、肌が乾燥していると知覚神経が敏感になってニキビにかゆみが現れることがあります。

睡眠不足が肌代謝の乱れを起こす?

睡眠 首のような皮脂が少ない部分にニキビができる人は睡眠が不足している可能性があります。

肌細胞は特に寝ている時に活発に作られることや、睡眠は生理機能を整えてホルモンバランスを安定させるため、慢性的に睡眠が不足するとニキビ肌荒れを起こしやすくなります。

実際に、首元に発生しやすい大人ニキビに悩む女性は、通常よりも大きく睡眠が不足している傾向があるといわれています。

仕事や子育てなどで睡眠不足が慢性的になると大人ニキビが現れやすくなるという調査結果もあります。

睡眠の質を高めるには、日中にたくさんの光を浴びて活動的に行動し、就寝前は間接照明などで明かりを落とすと、睡眠を促す「メラトニン」というホルモンの分泌を促すことができます。

メラトニンは睡眠の質を高め、成長ホルモンの分泌も高めてくれます。また、運動によって肉体的な疲労を起こすことでしっかりと熟睡できるようになります。

お化粧が首ニキビの原因?

お化粧が首元に残ってしまうことで毛穴つまりを引き起こし、吹き出物ができることがあります。首元はクレンジングを忘れてしまいがちな部分なので、意識してメイクを落とすようにしましょう。

また、ファンデーションは毛穴を埋めてしまう行為なのでニキビができやすい時期はできるだけ控えるようにしたほうが無難です。

化粧品が原因になることもある

化粧水や美容液に含まれる成分が皮膚のターンオーバーを乱して首ニキビを発生させてしまうこともあります。

例えば、保湿成分として広く使用されるグリセリンはアクネ菌(ニキビの原因菌)を増加させる働きがあり、何もつけないよりも4倍ものアクネ菌が増加したという結果もあります。

また、美容液に含まれる油脂成分も毛穴を詰まらせる要因です。ニキビがある時は、保湿化粧品をベタベタ付けるのは避けましょう。

サプリメントのとりすぎ

ビタミンE サプリメントを摂りすぎていると首ニキビができやすくなることがあります。特に、ビタミンEや亜鉛などの生理機能を高める栄養素は性ホルモンの分泌やターンオーバーを活発にしますので、ニキビができやすくなることがあります。

私が以前働いていた皮膚科での話しですが、美容に良いとして様々な種類のサプリメントを摂取しているという重度のにきび患者さんがいました。

その患者さんはビタミンEを1日の必要量の何十倍の量を毎日サプリで摂取していたそうです。その患者さんに、ビタミンEを含むいろんなサプリの中止をすすめたところ、皮脂が落ち着いてニキビが減ってきたケースがありました。

サプリメントでも、ビタミンB群などはニキビに良く効きますが、中にはニキビを悪化させてしまう栄養素もあります。

首にきびの治し方

首ニキビには刺激を与えないように洗顔

洗顔 首にきびは赤く腫れた状態になりやすい傾向があります。にきびは物理的な刺激によって悪化するため、できるだけ刺激を与えないようなスキンケアが理想です。

洗顔の際もキメ細かいたくさんの泡を作って負担をかけずに優しく洗いましょう。洗顔料は、脱脂力が強すぎないものが理想です。

市販のニキビ治療薬でも十分な効果がある

オロナイン 一般的な市販のニキビ治療薬でも首ニキビに十分な効果が期待できます。首にきびは赤く腫れた状態へ進行しやすいので、殺菌成分と角質柔軟作用がある塗り薬が理想です。

オロナイン、クレアラシル、ピンプリット、ビフナイトS、ペアアクネクリームなどが有名です。

首にきびが多発したら皮膚科へ

カウンセリングの画像 首ニキビが悪化したら皮膚科へ受診することをおすすめします。病院では抗生物質・抗菌薬の外用薬(塗り薬)が処方されます。

主に、「ダラシンTゲル」「アクアチムクリーム」などが処方されることが多いです。軽度のニキビの場合はディフェリンゲルやベピオゲルなども有効です。

また、首ニキビが多発している場合は抗生物質の内服薬が処方されることもあります。主にルリッド錠やミノマイシンなどが処方されることが多いです。

抗生物質に抵抗がある人は漢方薬によっても効果が期待できます。赤ニキビには、清上防風湯や十味敗毒湯、排膿散及湯などが良く使用されます。

ホルモンバランスの乱れには低用量ピル

マーベロン(ピル) 生理周期によるホルモンバランスの変化によって首ニキビが悪化しやすい場合は、低用量ピルを利用するのも一つの方法です。

ピルは女性ホルモンを一定レベルにコントロールし、さらに男性ホルモンを抑制する働きがあります。生理前に首ニキビが悪化しやすいという人はピルが適しているかもしれません。

ピル使用によって50~70%のニキビ改善効果があるというデータもあります。ニキビ治療によく使用されるピルは「マーベロン」「ファボワール(マーベロンのジェネリック)」が有名です。