レーザー脱毛において信頼できる病院クリニック選びのポイント

女性看護師の画像 レーザー脱毛は、永久的な脱毛・減毛効果が期待できる一方で、炎症やブツブツといった肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

肌が弱い人や肌色が濃い人などは特に治療後に肌トラブルが起こりやすく、ヤケドを起こしたり、色素沈着がひどくなってかえって汚くなってしまうことがあります。

そのため、良心的な病院で熟練した医師に行ってもらうのが理想です。今回はレーザー脱毛において失敗しないクリニック選びのポイントを解説します。

医療機関であるかどうかを確認

病院の画像 レーザー脱毛は、○○○病院、○○○クリニックなどの医療機関でしか行うことができません。ところが、一部のエステサロンなどではレーザーやIPL(光治療)などによる脱毛行為が行われていることがあるようです。レーザー脱毛は必ず病院・クリニックで行うようにしましょう。

まれに医療機関に似た美容施設で医師免許を持たない人がレーザー脱毛行為を行ってトラブルが続出し、摘発・逮捕されるという事件が報告されています。レーザーなどの機器を使用しても、弱い出力であれば脱毛行為とはならないケースがあり、医療行為であるかどうかの判断は難しいところです。

常勤の医師がいること

常勤のドクターがおらず、行ってもらうたびに医師が違うような病院も避けるべきです。大手の美容クリニックなどはドクターが多く在籍し、常に同じ医師が行ってくれるとは限りません。レーザー脱毛は治療を重ねるたびに適切な照射が異なるため、コロコロ医師が変わるようでは安心できる病院とはいえません。再び病院にいって過去に痛かったと告げても、医師が違うと過去にどのくらいのパワーで行ったかわからないことも考えられます。

レーザー脱毛は若干の出力やハンドピースの向きや押し付け方などによって大きく効果が違うケースがあります。同じ医師に過去の治療の記憶を考慮しながら施術を行ってもらうのが理想です。

看護師ではなく医師がレーザー脱毛を行ってくれる

レーザー脱毛は、医療機関で医師によって行われる必要があります。ところが、病院によっては医師免許をもたない看護師がレーザー脱毛を行うケースもあるようです。これは医師法違反にあたります。

十分なカウンセリングを行ってくれる

カウンセリングによってレーザー脱毛の効果や欠点、アフターケア、術後の肌トラブルのリスクなどをしっかりと説明してくれる医師は信頼できるといえます。特に、レーザー脱毛の良いところだけではなく痛みや術後の肌トラブルが起こるリスクなどの「悪い部分」を丁寧に説明してくれる医師は信頼できると思います。一方で、説明が不十分なまま急いで治療を行うような病院は気をつけるべきです。

料金や回数の目安を説明してくれる

施術が成功するまでの回数や、それまでの費用をきちんと説明してくれる病院が信頼できて安心です。レーザー脱毛は、ワキ脱毛では1回1万円として一般的な目安の5回の治療で5万円かかります。また、レーザー脱毛は場所によっては最終的に10~30万円くらいかかる高額な施術です。希望通りに効果が得られない場合はさらに治療費用がかかるケースもあります。医師が言いにくいようなこともしっかりと説明してくれる病院が理想です。

宣伝が派手な病院に注意

雑誌やテレビなどの広告宣伝が派手な病院ほど、宣伝費用がかかるため、施術料金が高くなるケースがあります。また、大きく宣伝しているような病院は規模も大きく、医師も患者さんも多いため、受ける側にとっては混乱することがあるかもしれません。小さな病院でも信頼できるところはたくさんありますので、クリニックの外観やイメージに惑わされないようにしましょう。

一般的な皮膚科でも美容医療に力を入れているところがありますが、そういった病院ほど医師が親切で、しかも施術料金が安いことが多いです。

ネットでの評判が良い

ネットで調べて評判が良い病院を選ぶのも一つの方法です。医師が患者の疑問にきちんと答えてくれることや、皮膚の冷却や消炎剤の塗布などのアフターケアをしっかりと行ってくれる病院が評判が高いようです。また、もし施術後に肌トラブルが起こった場合にしっかりと対応してくれる病院も評価が高いようです。