日焼け肌にはレーザー脱毛ができない理由

腕のレーザー脱毛 レーザー脱毛は肌へのダメージを抑えながら永久的な脱毛・減毛効果を得られるものです。適切な出力やしっかりとしたアフターケアをすれば、ほとんどの部位で深刻な肌トラブルを起こすことなくレーザー脱毛を行うことができます。ところが、日焼けをしている肌においてはレーザー脱毛が行えないことがあります。

日焼けでレーザー脱毛ができない理由

レーザー脱毛イメージ図 医療レーザー脱毛で使用されるレーザーは、黒い色素に吸収されるレーザーを使用し、その性質を利用して脱毛効果をもたらします。レーザーが毛に含まれるメラニン色素に吸収されて発熱し、その熱によって毛根を破壊することで永久的な脱毛・減毛効果をもたらします。これがレーザー脱毛の原理です。

ところが、黒い色素に吸収されやすいレーザーの性質により、肌の色が黒くなっていると毛とともに皮膚にも吸収されやすくなり、ヤケドを起こしてしまうことがあります。場合によっては水ぶくれといった状態になることもあります。(水ぶくれは皮膚の深いところまでダメージが及んでいる証拠です)。

そのため、レーザー脱毛を行う前はメラニン色素を増やさない(肌を黒くさせない)ような日焼け対策を行う必要があるのです。

日焼け後にレーザー脱毛できるまでの期間

日焼け肌 基本的に日焼けした肌が落ち着いて元の肌色に戻ってきたらレーザー脱毛できるようになりますが、肌色は戻ったとしてもまだ皮膚内でメラニンが増え続けているケースも多く、レーザー脱毛が適していないこともあります。

メラニン色素は紫外線や物理的な刺激、皮膚の炎症などによって活発に作られ、そういった肌へのダメージがメラノサイト(色素細胞)を活性化してメラニン色素の合成を促すのですが、しばらくの間はメラノサイトを活性化させる伝達物質(プロスタグランジンなど)の放出が続いていることがあり、メラニンが増え続けていたりします。肌ダメージが強いほど伝達物質の発生は長く継続します。

日焼けの度合いによっても違いがありますが、一度日焼けなどで活発になったメラニン合成が元の正常な状態まで戻るまでには長くて3ヶ月ほどを要します。

日本医学脱毛協会の見解

皮膚科・形成外科の医師を中心として1987年に設立された「日本医学脱毛協会」という団体があります。日本医学脱毛協会は安全な脱毛を行うための様々な情報を発信している団体です。

その日本医学脱毛協会では「日焼け後3ヶ月が経過するまでは原則レーザー脱毛は行わない」と定めています。医師は患者が日焼けしたかどうかを明確に判断できないことも多いため、患者が「いつ日焼けしたか」「最後の日焼けはいつか」などを医師に伝え、また、レーザー脱毛に適した状態に管理することが重要になります。