江戸時代など、昔の人のムダ毛・体毛処理はどうしてた?

江戸時代の画像 現代では、男性はヒゲ、女性はワキ、腕、脚の毛などを処理するということは「身だしなみ」として常識になっています。

人に見られるような部位だからこそ、キレイにムダ毛処理をするという認識が当たり前になった現代ですが、ではカミソリや毛抜き、レーザー脱毛などの医療技術がなかった時代はどうやってムダ毛処理をしていたのでしょうか。

昔の女性のムダ毛処理どうしてた?

石を使って無駄毛処理してた?

昔の女性は石を使用してムダ毛処理していたという記録が残っています。これは、抜くというよりもカットするというもので、硬い石をこすり合わせてカットしていたそうです。なぜカミソリなどで切ってしまわないかというと、チクチクして痛いからという理由だったという記録も残っています。

線香で焼いていた?

他にも、線香を使って毛を焼いていたという記録も残っています。毛を一本一本、線香で焼き切る方法ですが、誤ってヤケドしたり色素沈着を起こしたりする人も結構多かったのではないでしょうか。毛を焼くと嫌な臭いが発生するのが難点ですよね。

そもそも脇の脱毛をしなかった

近代化がまだ進んでいなかった江戸時代ではムダ毛を処理するという概念をもっていない女性が多かったとされています。例えば男性も女性のワキ毛などに対して抵抗感がなかったようです。

近代化に伴って欧米の認識が広まり、ワキの毛を処理するという概念も一般的になっていった経緯があるようです。

男性のヒゲ剃りはカミソリでしていた

カミソリ 江戸時代のお侍さんの写真を見ていると、ヒゲがキレイに剃られている人がほとんどです。この時代はカミソリできれいに処理するという習慣があったようです。

江戸時代になると日本刀や包丁といった刃物を作る技術が劇的に向上し、ムダ毛処理のためのカミソリも多く出回っていたといいます。また、江戸では理髪店も存在し、そこでヒゲを剃ったり整えたりしていたようです。

江戸時代の男性はアンダーヘアの処理をしていた?

江戸時代では、トランクスやブリーフといった下着ではなく「ふんどし」を身に着けていました。そして、そのふんどしから両脇からアンダーヘアがはみ出ることが見た目が悪いとして、陰毛を処理していたという記録が残っています。チャキチャキの江戸っ子は見た目にも気をつかっていたようです。