ジェル洗顔は泡洗顔よりもニキビや毛穴汚れ解消効果がある

洗顔写真 ニキビや毛穴の黒ずみができる原因は、毛穴に皮脂汚れや角質が溜まってしまうことが主な要因です。

毛穴の汚れを溜めないためには丁寧な洗顔を心がけるのが基本ですが、通常の泡洗顔と同時に「洗顔ジェル」や「クレンジングジェル」を使用することで毛穴汚れがさらに解消されやすくなります。

通常の泡洗顔では汚れが落ちにくい?

ニキビ治療のポイント 通常の泡洗顔の場合では、肌表面の汚れは落とせても毛穴の汚れはなかなか落ちにくい傾向があります。

特に皮脂が多くて毛穴つまりを起こしやすい人は単に泡洗顔をしただけでは毛穴汚れをキレイに落とすことは難しいとされます。

お化粧は泡洗顔だけで落とせる?

市販されている洗顔料の中には一般的な泡洗顔だけでメイクを落とす効果があるとして販売されているものがあります。

ジェル、オイル、クリーム、乳液などを使用せずに泡洗顔だけでメイクが落とせるというものですが、基本的に泡洗顔だけでは毛穴の中に入り込んだお化粧汚れまで落とすことはできません。

ウォータープルーフタイプのファンデーションはもちろん、パウダータイプのファンデーションのみを使った簡単なお化粧でも、泡洗顔のみで毛穴の中に入り込んだパウダーを落とすことは難しいです。

また、皮膚表面には皮溝という微細に凹んだ部分がありますが、そこに入り込んだお化粧さえも一般的な泡洗顔だけではキレイに取り除くことができないこともあります。

お化粧汚れが毛穴に残ったままの状態が続くと、毛穴汚れが目立つようになり、ニキビへと発展してしまう可能性があります。

毛穴の汚れが溜まりやすい人はジェル洗顔が効果的!

ビオレクレンジングジェル 一日に何度も洗顔しても毛穴汚れが目立ってしまうという人は、洗顔前のクレンジングジェルの使用が効果的です。ジェルを使うことで通常の泡洗顔では落ちきれない毛穴の汚れもクリアになります。

また、通常の洗顔では落ちきれない古い角質も除去されます。ジェルタイプの洗顔料も販売されていたりしますので、それらを利用して優しく洗顔してみましょう。

ジェルによって毛穴汚れをかき出すように優しくマッサージを続けることで、毛穴トラブルは改善されていくと思います。ただし、肌に対して負担になるようなマッサージは避けましょう。にきびは刺激を与えると悪化しやすくなります。

クレンジングジェルよりクレンジングオイル!?

クレンジングオイル クレンジングオイルを使用することでも毛穴汚れは大きく改善します。

クレンジングオイルは、主にミネラルオイルやオリーブオイルなどの油脂と界面活性剤(乳化在)を豊富に含むクレンジング剤で、油分が皮脂汚れとよく馴染むことで汚れを劇的に落とすことができます。

そして、その後は界面活性剤(乳化剤)の働きによって水でスルスルと洗い流すことができます。

オイルクレンジングは毛穴汚れに対して非常に効果があるのですが、一方で肌にとって大きな負担になるものです。

肌に必要な皮脂膜や潤い成分まで根こそぎ奪ってしまうため強い乾燥をまねくことがあり、かえって皮脂分泌が増加してしまうことがあります。(肌が乾燥するとそれをカバーするために皮脂分泌が増加することがあります)。そのため、使いすぎに注意しましょう。

オイルクレンジングは、肌の再生力が高い若い時期なら問題ないように思えても、使い続けることによって肌に合わなくなることが多いです。

たまに使用するくらいなら大丈夫かもしれませんが、日常的に使うのは疑問です。特に、加齢が進行した肌に対してクレンジングオイルは適していません。