かゆいニキビの原因と治し方。にきび跡を予防するヒスタミン抑制法

顔のかゆいニキビの画像 皮脂が多くなるとできやすくなるニキビ。そのニキビは通常は2~3日ほどで腫れがピークをむかえ、その後は自然に治っていきますが、ニキビにかゆみが現れると腫れが長期化して治りにくくなってしまうことがあります。

かゆいニキビは特に悪化しやすく、にきび跡の赤みや色素沈着もひどくなり、クレーターやケロイドを起こしやすい傾向があります。今回はニキビがかゆくなる原因と治し方をご紹介します。

かゆいニキビの原因とは?

アレルギー体質が原因?

ニキビのかゆみの原因 かゆいニキビは、アレルギー体質が原因で引き起こされることが多いです。

ニキビなどで皮膚が強い炎症を起こすと、どんな人においても様々な生理活性物質が発生しますが、その一つがヒスタミンという物質です。

アレルギー体質の人は特にヒスタミンが過剰に発生しやすく、そのヒスタミンによってニキビに強いかゆみを伴うことがあります。

アレルギー体質の目安の一つとしてアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、ぜんそく、アレルギー性鼻炎、ハウスダストなどのアレルギーの項目が多いなどの人は、ニキビができるとかゆみを伴うケースが多いです。

ストレスによるにきびのかゆみ

ストレスをかかえる画像 ストレスやイライラによってニキビがかゆくなることがあります。ストレスは自律神経のうち交感神経節を刺激し、サブスタンスPという物質の発生を促すのですが、サブスタンスPはヒスタミンの放出を促す働きがあります。それによってニキビがかゆくなったりすることがあります。

ストレスによってアトピーなどが悪化するのも、サブスタンスPが大きく関与しているとされます。

脂漏性湿疹と併発するとかゆくなる

脂漏性皮膚炎・にきび 脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)という皮膚病と併発したニキビもかゆくなることがあります。

脂漏性湿疹の原因は、主に皮膚の常在菌であるマラセチア真菌というカビの一種が皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生し、その遊離脂肪酸が皮膚を刺激することで発生すると考えられています。

脂漏性湿疹は、頭皮、ひたい、眉間、眉毛、鼻の周囲などの皮脂が多い部分に発生しやすいです。フケをともなった湿疹を起こし、炎症が酷くなると赤くなったり、かゆみが現れたりします。

この脂漏性湿疹と同時にニキビが発生するとニキビがかゆみを感じたりするようになります。

脂漏性皮膚炎の原因は、マラセチア真菌などの影響が大きいとされますが、他にはストレス、栄養不足、ビタミン不足、スキンケア不足、加齢、タバコ、アルコールなどの要因が指摘されています。原因を特定することが難しいケースもあります。

画像出典:wikipedia

ニキビ治療薬でアレルギーを起こすとかゆくなる

ダラシンTゲルとローションの画像 ニキビ治療薬を皮膚に塗ることでかゆみを伴うことがあります。これは塗り薬に対してアレルギーを起こしたり、単に塗り薬が刺激になったことが原因です。

もしニキビに塗り薬を使用してかゆくなったりしたら必ず使用を中止して下さい。使い続けると、ニキビが悪化してしまいます。

どんな治療薬でもアレルギーを起こす可能性がありますが、保険適応の塗り薬では以下のような薬がにきびのかゆみを起こしやすいです。

  • ベピオゲル・・・過酸化ベンゾイルという酸化剤を主成分としたお薬です。酸素を発生させることでアクネ菌を殺菌しますが、ピーリング作用や刺激感があり、ニキビがかゆくなったり、ヒリヒリしたりすることがあります。
  • ダラシンTゲル(ローション)・・・クリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質の塗り薬です。比較的アレルギーを起こしやすい傾向があります。
  • デュアック配合ゲル・・・過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質の2種類の成分を配合したニキビ治療薬です。比較的、副作用が現れやすい2つの成分によってにきびにかゆみが現れやすいかもしれません。
  • イオウカンフルローション・・・イオウには殺菌作用のほかに角質を剥がす作用があります。それによって肌が弱い人はかゆみが現れやすいといえます。

保険適応のニキビ治療薬の中では、アクアチムクリームというお薬はアレルギーを起こしにくくて刺激性が低い塗り薬です。

化粧品に対するアレルギー

化粧品の画像 化粧品に配合される成分にアレルギー、接触皮膚炎(かぶれ)を起こすことでニキビにかゆみが現れることがあります。

一般に化粧品は広く使用されるものですので、アレルギーの危険性が少ない安全性が高い成分で作られていますが、それでも人によってはまれにアレルギーを起こすことがあります。

有効成分だけではなく香料や着色料、または、パラベンという防腐剤に対してもまれにアレルギー症状を起こすこともあります。

化粧品配合成分でアレルギーを起こすのはごくまれなケースですが、ニキビがあるデリケートな時期は化粧品をアレコレ使用するのではなく、シンプルなスキンケアが理想的だといえます。

なお、化粧品を使用してかゆみや赤みヒリヒリ感などの異常が現れたら、必ずそのコスメの使用を中止しましょう。使い続けてはいけません。

化粧品は、それまで使い続けて問題なかったものでも、ある時から肌に合わなくなることがあります。特に過去に化粧品によってかぶれたりした経験がある人は注意して下さい。

単に乾燥からかゆみが現れることもある

頬ニキビ ニキビにかゆみが現れた場合、単に肌の乾燥によって発生することもあります。肌の潤い成分が減少して乾燥してくると、角質層のバリア機能が弱くなって刺激に敏感になり、皮膚がかゆくなることがあります。

そういった乾燥によるかゆみがニキビの炎症反応と重なり、ニキビにかゆみが発現することがあるのです。

乾燥によるニキビのかゆみは潤いを補ってあげるだけで治ることが多いので、保湿化粧水を使用して肌水分量を高めましょう。ニキビがある時はオイルフリーの化粧水が理想です。

また、肌が乾燥していると肌細胞の再生力が低下してしまい、ニキビ跡のモヤモヤしたシミが治りにくくなることがあります。

マラセチア毛包炎の可能性も

マラセチア毛包炎の画像 ニキビがかゆい場合は、マラセチア毛包炎という症状である可能性もあります。マラセチア毛包炎は、マラセチアファーファーというカビが毛穴で増加することで発生し、主に胸元、背中、肩、腕などに発生しやすいです。

見た目はとてもニキビと似た症状ですが、ニキビのように大きく腫れることはなく、赤いブツブツが毛穴と一致して発生します。

そのマラセチア毛包炎にはかゆみが現れることがあります。この症状はカビが原因であるため抗真菌薬が効きます。一般的なニキビ治療薬では効果がないことが多いです。

かゆいニキビは悪化しやすい

ヒスタミンによるかゆみ悪化のイメージ画像 かゆみがあるにきびは、通常のニキビより炎症や腫れが悪化する傾向があります。その原因はニキビのかゆみをもたらすヒスタミンの性質が関係します。

ヒスタミンは皮膚のかゆみだけではなく炎症反応にも関与し、毛細血管拡張、血管透過性亢進、サブスタンスPの活性化、炎症誘発物質の放出を促進する働きがあります。

ヒスタミンそのものは特にかゆみや皮膚の赤みとして現れやすいですが、違う炎症物質の発生を促してしまうのです。

ニキビなどで皮膚の異常が現れるとプロスタグランジン、ヒスタミン、ブラジキニン、サブスタンスPなどの様々な生理活性物質・伝達物質が発生して炎症を進行させますが、ヒスタミンが過剰に発生すると、それらの物質の発生をさらに促してニキビの腫れを悪化させてしまいます。

その結果、ニキビが長期化して治りにくくなり、ニキビ跡もひどく残ってしまうようになります。

クレーターやケロイドを起こすこともある

ニキビ跡の種類の写真 ニキビにかゆみが現れて悪化した場合、ニキビ跡の赤みや色素沈着などが酷く残ってしまうことがあります。また、クレーターやケロイドになってしまう可能性も高くなります。

かゆいニキビはヒスタミンの過剰発生という免疫反応が過剰になったことが要因ですが、免疫が過剰に働くことで真皮層がよりダメージを受けてクレーター状の凹みが現れたり、反対にケロイド状に盛り上がってしまうことがあります。ただし、クレーターやケロイドは体質や肌質などによって個人差があります。

かゆいニキビの治し方と対処法

ニキビを掻いたりしないようにする

うなじのかゆいニキビ ニキビにかゆみがあっても絶対に掻いたりしてはいけません。皮膚をかくと、さらにヒスタミンが発生して炎症が悪化し、跡がひどく残ってしまうようになります。痒みがあっても我慢しましょう。

かゆいニキビは冷やすと良い?

ローションパック かゆいニキビはヒスタミンの過剰放出という免疫反応が過剰になることで発生しますが、皮膚を冷やすことでヒスタミンなどの伝達物質の発生を抑制することができます。

例えば、冷やした化粧水をコットンに含んでニキビに対して保湿パックすれば、炎症や腫れは抑えられます。化粧水パックしたまま就寝しても良いと思います。

日焼けは厳禁

強い紫外線 ニキビが腫れている時に強い紫外線を浴びてしまうと、ニキビの赤みやシミが悪化してしまいます。特にかゆいニキビがある時に肌色が変わってしまうような日焼けは避けて下さい。

アレルギー体質の場合はお薬を

フェキソフェナジン(アレグラ)の画像 アレルギー体質で、かゆみがあるニキビが多発した場合、もしくは他のアレルギー疾患がある場合は、抗アレルギー薬を服用しても良いと思います。抗アレルギー薬は炎症やかゆみを酷くするヒスタミンの発生を抑制します。

抗アレルギー薬はフェキソフェナジン(商品名:アレグラ)が有名です。フェキソフェナジンはわりと良い効果が得られますし、眠気などの副作用もほとんどありません。

さらに、フェキソフェナジンはヒスタミンだけではなく、様々な伝達物質の発生を抑えることで炎症そのものが起こりにくくする作用があります。

病院で塗り薬を処方してもらう

女性看護師の写真 かゆいニキビは免疫反応によって悪化しやすいため、素早くニキビの原因菌(アクネ菌)を抑制して免疫反応を抑制する必要があります。

腫れたニキビに効く塗り薬には、ベピオゲル、ダラシンTゲル、デュアック配合ゲル、アクアチムクリーム、イオウカンフルローションなどがあります。

ただし、それらがニキビのかゆみをさらに悪化してしまうこともあります。かゆみが悪化したら必ず使用中断して医師に相談して下さい。

ステロイドが効果的なケースも

ステロイド外用薬ロコイド(ヒドロコルチゾン) かゆいニキビが悪化した場合は、一般的な治療薬にステロイド外用薬を組み合わせる方法が効果的なケースがあります。

ステロイド薬には消炎作用や免疫抑制作用があり、過剰に発生したヒスタミンを抑制し、さらに他の炎症伝達物質の発生も抑える働きによってニキビのかゆみや腫れを素早く抑えます。

にきび治療にステロイド薬の使用は難しいことも多いですが、上手に使えば他では得られない効果を発揮します。

抗菌薬の内服治療

抗生物質ミノマイシン(ミノサイクリン)の画像 抗生物質の内服治療によってニキビの原因菌を抑制してニキビを治していくこともできます。

ロキシスロマイシン(製品名:ルリッド錠)やクラリスロマイシン(製品名:クラリス)などのマクロライド系抗生物質や、ミノサイクリン(製品名:ミノマイシン)などのテトラサイクリン系抗生物質がよくニキビ治療に使用されます。