【画像】ニキビやニキビ跡の種類と治し方。皮膚科での治療法一覧

ニキビの種類の写真 にきびは進行度合いによっていくつかの種類に分けられます。主に、黒にきび、白ニキビ、赤ニキビ、化膿ニキビなどの段階があり、それぞれのニキビの種類によって治療法にも違いがあります。

そして、最も悩ましいニキビ跡の種類は大きく分けて、赤み、色素沈着(シミ)、クレーター(皮膚の凹み)、ケロイド(肥厚性瘢痕)といった4種類があり、当然、種類によって治し方や治療法にも違いがあります。

ここでは、それぞれのニキビの種類の特徴や発生原因、治し方や皮膚科での治療法などを画像付きで解説してきます。

黒にきび

黒ニキビの写真 黒ニキビは、画像のように毛穴が開いたまま角栓(角質や皮脂が混ざったもの)が溜まり、それが黒く変色した状態をいいます。ブラックコメドといったりします。ニキビの種類の中でも炎症性が最も低いです。

皮脂分泌が多くなることにより皮膚が刺激されて角質が過剰に作られ、その角質汚れが皮脂と混ざって毛穴の中に溜まった状態が黒ニキビです。

黒ニキビは、皮脂が多くなる思春期から多発しやすい傾向があり、顔の中では特に鼻・小鼻、頬といった皮脂が多い部分にできやすいです。また、高齢になると老人性面皰(ろうじんせいめんぽう)という黒ニキビが多発することがあります。

黒ニキビは、炎症が起こっていない段階ですが、ターンオーバーが進行して皮膚が厚くなり、毛穴が完全にふさがってしまえば黒ニキビが白ニキビや赤く炎症したニキビへと発展する可能性はあります。

黒ニキビの予防法

洗顔の写真 黒ニキビを予防するには、皮膚を刺激して角栓を作り出す皮脂の影響を減らすことが重要です。そのため、しっかりと洗顔をして皮脂汚れを取り除く必要があります。

ターンオーバーを乱さないように力を抜いて優しく洗うのが理想です。黒ニキビを治していくには、正しい洗顔によって根気よく解消していくしかありません。

黒ニキビの治し方

ニキビの芯を出す画像 黒ニキビをすぐに治す方法は、コメドプッシャーという器具でニキビの芯を押し出す方法があります。ただし、皮膚を傷つけてしまうことがあるため何度も続けてよい方法ではありません。
【Amazon】コメドプッシャー・抗菌ステンレス黒ニキビ取り

また、黒ニキビにはピーリングというスキンケアがわりと高い効果があります。ピーリングは、角質層の一部を取り除くスキンケアで、厚くなった角質層がやや薄くなることで黒ニキビが取れやすくなります。

ところが、ピーリングはニキビができにくい肌へ導きますが、一時的には効果はあっても根本的な解消ができないことがあります。さらにピーリングは肌老化を促してしまう可能性があることを覚えておいて下さい。

そして、塗り薬では皮膚科で処方されるディフェリンゲル(アダパレン)というニキビ治療薬が黒ニキビに対して効果があります。ディフェリンゲルはターンオーバーを抑えることで、毛穴に角質が溜まってしまう減少を抑えます。

つまり、黒ニキビの発現と拡大を予防するのです。そして、ターンオーバーを抑制することで黒ニキビが炎症ニキビへと発展するのを予防します。

白にきび

白ニキビの写真 白ニキビは、画像のように表面先端が白~黄色がかった色をした種類のニキビです。毛穴にニキビの芯が溜まり、さらにターンオーバーが進行して毛穴がふさがれ、アクネ菌が増加して表面に膿が溜まって見えている状態が白ニキビです。

白ニキビは皮膚の浅い部分で軽い炎症を起こした状態で、ニキビの芯が表面に見えている状態であるため、ニキビの種類の中では比較的に炎症が長引くことなく早く治る傾向があります。

白ニキビの対処法

白ニキビの画像 白ニキビは、大きさによって治し方に違いがあります。小さな白ニキビの場合は、市販の塗り薬などを使用し、それ以上は何もしなくてもキレイに治っていきます。

積極的に潰したりすることでかえって跡になったりすることがあるので、軽度の白にきびの場合は、必要以上に扱わないようにするのが無難です。

一方、白ニキビの腫れが大きい場合は、針などでニキビの頭部を潰し、コメドプッシャーなどでニキビの芯を押し出してあげることで早く治る可能性があります。

ただし、にきびの芯の排出が中途半端になるとかえって悪化してしまうことがあるので、必ずニキビの芯が出てきそうなタイミングで行ってください。

皮膚科などではニキビの芯を出す治療を行っているところがあります。病院での芯出し治療は保険適応です。

赤にきび(炎症ニキビ)

赤ニキビの画像 赤ニキビは、画像のように赤く腫れた状態のにきびです。ふさがった毛穴の中でアクネ菌が増殖し、そのアクネ菌を攻撃するために免疫反応が働いて赤くなります。

赤ニキビは皮膚の深い部分で炎症を起こすことで腫れが強くなり、触るとやや硬さがみられます。炎症が長引きやすいため、ニキビ跡の皮膚の赤みや炎症後色素沈着などが残りやすいです。また、炎症度合いや肌質によってはニキビ跡がクレーター状に陥没してしまうことがあります。

赤にきびの治し方

綿棒で薬を塗る画像 赤ニキビも白ニキビと同じように、塗り薬を使って治していくのが基本です。市販の塗り薬のオロナイン、ピンプリット、クレアラシル、アクネス、ビフナイト、ペアアクネクリームなどでも赤ニキビに十分な改善効果が期待できます。

また、赤ニキビがたくさん発生した場合は病院で治療したほうが良いかもしれません。皮膚科で処方される薬には、ベピオゲル、デュアック配合ゲル、ダラシンTゲル、アクアチムクリーム、ディフェリンゲル、ゼビアックスローション、イオウカンフルローションなどがあります。

また、赤にきびがたくさん発生した場合は、抗生物質の飲み薬が処方されるケースがあります。飲み薬には、ミノマイシン、ルリッド錠などがよく使用されます。

そして、赤にきびに物理的な刺激を与えるとかえって症状を悪化させてしまうこともあるため、無理に潰す行為は厳禁です。

黄にきび(化膿ニキビ)

化膿ニキビの写真 黄ニキビは、皮膚の深い部分で炎症を起こした赤ニキビがさらに悪化して化膿した状態です。膿がやや黄色がかった色をしていることから、黄ニキビともよばれます。

化膿ニキビは、内部に膿(うみ)が溜まり、さらに炎症とうっ血状態によって画像のように赤黒くなって皮膚が硬くなります。

ニキビが化膿した状態になると皮膚が強く破壊されるため、ひどい色素沈着をまねいたり、場合によってはニキビ跡の皮膚がクレーター状に凹んでしまうこともよくあります。

そして、化膿ニキビがさらに進行すると、硬結ニキビ(膿腫:のうしゅ)というしこりのようなニキビとなってしまいます。その場合は、硬さがしばらく残ったリ、赤みや色素沈着が治るまでかなり長い期間がかかるようになります。

化膿にきびの治し方

女性医師によるカウンセリング写真 化膿ニキビを治す方法も、赤ニキビと同じように塗り薬を中心とした治療が基本ですが、たくさん発生した場合や悪化した場合は、早い段階で病院を受診するのが理想です。

化膿ニキビがさらに進行すると深刻なレベルに腫れあがってしまうことがあるためです。皮膚科では塗り薬を中心に、抗菌薬(抗生物質)の飲み薬が処方されたりします。

そして、化膿したニキビができた場合は、刺激を与えないようにしなければいけません。洗顔時などにおいても余計な刺激を与えないようにしましょう。

にきび痕の赤み

ニキビ跡の赤み写真 画像のようなニキビ跡の赤みは、毛細血管の拡張や増殖によって発生します。ニキビの炎症によって様々な炎症物質が発生し、それが毛細血管を拡張させてうっ血状態をもたらすことでニキビの赤みを引き起こします。

また、皮膚が強くダメージを受けるほど皮膚が修復される過程で毛細血管が増加し、それによってニキビ跡の赤みがさらにひどくなることがあります。

ニキビ跡の赤みの治し方

女性医師によるカウンセリングの写真 ニキビ跡の赤みは、時間をかけて治していくしかありません。通常は2週間から1か月くらいでニキビ跡の赤みは消失していきますが、ニキビの炎症がひどかった場合は赤み治るまで長くかかることがあります。

ニキビ跡の赤みは一般的な化粧品などでは改善しないため、紫外線対策をして刺激を与えないようにして治るのを気長に待ちましょう。

また、にきび痕の赤みが長引いた場合は、レーザートーニングという治療やフォトフェイシャルなどのIPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を使用した光治療が有効です。

ただし、炎症後すぐや肌が弱い人ではレーザー治療や光治療をすると、かえって炎症性色素沈着が悪化してしまうことがあります。

ニキビ跡の色素沈着

ニキビ跡の色素沈着の写真 画像のようなニキビ跡のモヤモヤしたシミを炎症性色素沈着といいます。皮膚が炎症を起こすと様々な生理活性物質や情報伝達物質が発生しますが、そのいくつかの物質(プロスタグランジン、メラニン細胞刺激ホルモンなど)はメラノサイト(色素細胞)を活性化させてメラニン色素をたくさん作り出すように働きかけます。

そのメラニン色素が肌に残った状態が「炎症後色素沈着」です。にきび跡の色素沈着は肌の防御反応の一つといえますが、炎症が強くなるほど色素沈着も酷く残ってしまうようになります。

ニキビ跡の色素沈着が治りにくいのは、メラニン色素が真皮層に落ち込んでしまうためです。皮膚が強く炎症を起こすと、表皮の最下部にある基底膜の構造が崩れ、メラニン色素が真皮層に入り込みやすくなってしまうのです。

真皮に入り込んだメラニン色素は、メラノファージという細胞が処理するのですが、メラノファージは活動性が低く、さらにメラニンを取り込んでそのまま長く留まってしまうことにより、真皮に入り込んだシミは改善するまで数か月単位から年単位の時間がかかることがあるのです。

特に、ニキビがある時に日焼けしたりすると色素沈着が長く残って消えにくくなります。ニキビがある時は紫外線対策は基本です。

治し方

女性医師のカウンセリング写真 にきび跡の炎症後色素沈着は、赤みと同じように時間の経過と共に改善していきますが、より早く治すには美白剤が効果があります。

ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどの市販されているような美白成分が炎症後色素沈着に非常に効果があります。

ところが、ニキビ跡の色素沈着がひどい場合は、美白剤でも効果には限界があります。その場合は、レーザートーニングというレーザー治療が効果があります。

炎症性色素沈着にレーザー刺激を与えるとかえって悪化することがあるため、一般的なレーザー治療で治すのは難しいとされますが、レーザートーニングという優しいレーザー光線を使用した治療であれば、治りにくい色素沈着でも改善できる可能性があります。

ニキビ跡のクレーター(皮膚の凹み)

ニキビ跡クレーターの写真 ニキビ跡の種類の中で最も悩ましいのがクレーターといわれる皮膚の陥没です。そのにきび跡のクレーターは、強い炎症によって皮膚が破壊されることで発生します。

ニキビ菌を殺菌するために白血球が発生させる活性酸素が皮膚を破壊してしまうことで、真皮層のコラーゲン線維などが強く損傷し、萎縮した瘢痕を形成することでニキビ跡の皮膚がクレーター状に凹んだ状態になってしまいます。

そして、ニキビ跡のクレーターは3つの種類の分類され、種類によって治りやすいかどうがに違いがあります。

3つのクレーターの種類

ボックスカータイプ

ボックスカータイプのニキビ跡クレーター ボックスカータイプのニキビ跡クレーターは、写真のように箱状に凹んだ状態です。境界がはっきりとしていて垂直に陥没しています。ボックスカータイプのクレーターは、光の影響で影になると、とても目立つ欠点があります。

ボックスタイプのニキビ跡は、フラクショナルレーザーなどを使用することで治りやすい傾向があり、レーザーによる改善率は52%という報告もあります。この種類の陥没は、皮膚の凹みが軽度であることが多いため、比較的に治りやすいようです。

ローリングタイプ

ローリングタイプのニキビ跡クレーター ローリングタイプのニキビ跡は、ローラーで転がしたような丸みのある凹みです。比較的にケロイド体質に発生しやすい傾向があり、多発すると波があるように見えます。

ローリング型のニキビ跡のレーザー治療は、ある研究では改善率が43%と報告されています。わりと改善率が高いのが特徴です。

アイスピックタイプ

アイスピックタイプのニキビ跡クレーター アイスピックタイプのニキビ跡は、画像のようにアイスピック(氷を割るための道具)で刺したような状態のクレーターです。この種類の凹みで面積の広いものが多発すると、とても肌が荒れている印象を与えてしまいます。そして光の加減で非常に目立つ欠点があります。

そして、アイスピック型のニキビ跡は、レーザー治療による改善が最も難しいとされ、改善率は25%という報告もあります。ニキビ跡の陥没がわりと皮膚の深い部分にまで及んでいるため、改善が難しいのです。

治療方法

スマートサイドドット(CO2フラクショナルレーザー) ニキビ跡のクレーターは基本的に自然に治ることはありません。特別な治療を受けなければ改善は難しいです。

治療方法は、エルビウムヤグレーザーやフラクショナルCO2レーザー、フラクセルなどのフラクショナルレーザーや、針を利用したダーマローラー、ダーマペン、ダーマスタンプなどの治療方法があります。

それらの治療は端にコラーゲンを増加させるだけではなく、皮膚の入れ替えを促すことで、皮膚の凹みの原因となる瘢痕を正常化し、平らな肌にしていきます。一度の治療では効果は難しいかもしれませんが、繰り返し行うことで劇的に改善する可能性は高いです。

ケロイドや肥厚性瘢痕

ニキビ跡のケロイドの写真 ニキビが強い炎症を起こすと、画像のようにニキビ跡がケロイドになって残ってしまうことがあります。ケロイドは、ニキビによって損傷された皮膚を修復する時に過剰に免疫が働き、コラーゲンが過剰に増生されて盛り上がった傷跡を形成することが原因で発生します。

ニキビ跡の種類としてはケロイドの発生は比較的にまれで、アレルギー体質(ケロイド体質)などの体質的な要因が関係していると考えられています。

肥厚性瘢痕と真性ケロイドの違い

真性ケロイドと肥厚性瘢痕の違い ニキビ跡のケロイドには、厳密には真性ケロイドと肥厚性瘢痕の2種類があり、それぞれに違いがあります。

肥厚性瘢痕は進行性がないもので、元の患部からそれ以上拡大していくことはありません。そして、数年から十数年かけて赤みとともに盛り上がりもなくなって平らになっていくことが多いです。にきび跡でケロイドができた場合のほとんどは肥厚性瘢痕です。

一方、真性ケロイドは経過とともに元の範囲を超えてしだいに拡大していきます。画像のように元の傷からは想像もできないような形になることがあります。そして、真性ケロイドは基本的に自然消失することはありません。

体質的な要因が影響しているとされ、進行性があるやっかいな症状ですが、ニキビによって真性ケロイドが発生するのはとてもまれなケースです。

治療方法

トラニラスト(リザベン) 肥厚性瘢痕やケロイドの治療方法は、トラニラスト(製品名:リザベンなど)の服用、ステロイド注射、ステロイド薬の外用、ヘパリン類似物質(ヒルドイドクリームなど)の外用、圧迫治療、レーザー治療、手術などの方法があります。

真性ケロイドは進行性があるため、ステロイド注射や手術による切除などの治療に限られます。一方、ニキビ跡の肥厚性瘢痕の場合は、10年くらいで治っていくため、小さい場合は積極的な治療をする必要はないかもしれません。

ケロイドを治したい場合は、医師と相談して効果や欠点を説明してもらいましょう。