ニキビ治療に効く「生薬」の効能一覧

漢方薬 治りにくいニキビ吹き出物治療に対して漢方薬がとても良く効くケースがあります。漢方薬は複数の生薬の組み合わせによって作られ、それぞれの生薬が絶妙なバランスで組み合わさることで、様々な症状の予防と改善に導きます。漢方薬はニキビ治療にも良く使用され、ニキビが発生・悪化しにくく体質へと導きます。今回は、ニキビ治療の漢方薬に配合される生薬の効能をご紹介します。

ニキビ治療の漢方薬に配合される生薬一覧

あ行

黄ごん(オウゴン)

黄ごん(オウゴン)は、解熱作用や消炎作用がある生薬です。皮膚の腫れを抑えて炎症をしずめる働きがあります。また、抗菌作用なども有します。オウゴンエキスとしてニキビや肌荒れ予防目的の化粧品にも使用されます。オウゴンは、ニキビ治療に使用される漢方薬では、荊芥連翹湯、清上防風湯、半夏瀉心湯、黄連解毒湯などに配合されています。

黄柏(オウバク)

黄柏(オウバク)は、熱発散作用、殺菌抗菌作用、消炎作用などを有する生薬です。熱をとって皮膚の炎症を治す働きがあります。オウバクエキスとしてニキビケア化粧品にも配合されることもあります。オウバクは、ニキビ向け漢方薬では、荊芥連翹湯、黄連解毒湯などに配合されています。

黄連(オウレン)

黄連(オウレン)は、解熱作用、抗炎症作用、健胃作用などがある生薬です。熱をとって皮膚の腫れを抑制します。ニキビ治療に使用される漢方薬では、荊芥連翹湯、清上防風湯、半夏瀉心湯、黄連解毒湯などに使用されています。

か行

乾姜(カンキョウ)

乾姜(カンキョウ)は、血流を促して身体を温め、新陳代謝を高める生薬です。それにより胃腸の働きや食欲を促します。胃腸の悪化による口周りのニキビ吹き出物に効果が期待できます。ニキビ向け漢方薬では半夏瀉心湯などに使用されます。

甘草(カンゾウ)

甘草(カンゾウ)は、グリチルリチン酸やフラボノイドなどを含む生薬です。主に消炎・抗炎症作用、鎮痛作用などがあり、炎症性疾患に効果的です。ニキビの腫れを抑える効果があり、甘草エキスやグリチルリチン酸類としてニキビケア化粧品にも多用されます。ニキビ向け漢方薬では、十味敗毒湯、排膿散及湯、加味逍遥散、荊芥連翹湯、清上防風湯、桃核承気湯、半夏瀉心湯、芍薬甘草湯などに配合されます。

桔梗(キキョウ)

桔梗(キキョウ)は、排膿作用がある生薬です。皮膚炎や喉の腫れを抑える効能があります。ニキビ治療に使用される漢方薬では、十味敗毒湯、排膿散及湯、荊芥連翹湯、清上防風湯などに使用されます。

枳実(キジツ)

枳実(キジツ)は、健胃作用、下痢、便秘改善作用がある生薬です。薬の副作用などを改善して身体のバランスを保つ効果もあります。ニキビ治療で使用される漢方薬では、排膿散及湯、荊芥連翹湯、清上防風湯などに配合されます。

荊芥(ケイガイ)

荊芥(ケイガイ)は、鎮痛作用、消炎・抗炎症作用などの効果がある生薬です。炎症部の熱をとって腫れを治す働きがあり、皮膚疾患によく用いられます。荊芥は、ニキビ治療の漢方薬では、十味敗毒湯、荊芥連翹湯、清上防風湯などに配合されます。

桂皮(ケイヒ)

桂皮(ケイヒ)は、解熱作用、健胃作用、鎮痛作用などがある生薬です。皮膚表面の熱をとって炎症・腫れをしずめます。桂皮は、ニキビ治療に使用される漢方薬では、桂枝茯苓丸、桃核承気湯などに使用されます。

さ行

柴胡(サイコ)

柴胡(サイコ)は、解熱作用、消炎作用、鎮痛作用などがある生薬です。熱をとって皮膚の腫れを鎮める効果を有します。また、抗菌作用も有します。柴胡は、ニキビ治療に使用される漢方薬の中では、十味敗毒湯、加味逍遥散、荊芥連翹湯などに配合されます。

山梔子(サンシシ)

山梔子(サンシシ)は、解熱・消炎作用、抗菌作用、鎮静作用がある生薬です。腫れた部位の熱をとることで炎症を鎮める効果があります。山梔子は、ニキビ治療向けの漢方薬では、加味逍遥散、荊芥連翹湯、清上防風湯、黄連解毒湯などに配合されます。

地黄(ジオウ)

地黄(ジオウ)は、発熱抑制作用、血流改善作用、強壮作用などがある生薬です。熱をとってニキビの炎症をしずめます。ホルモンバランスを整える作用もあり、その目的でも使用されます。地黄はニキビ治療向けの漢方薬では、荊芥連翹湯などに配合されます。

芍薬(シャクヤク)

芍薬(シャクヤク)は、血流促進効果や強壮効果がある生薬です。ホルモンバランスを整える働きがあり、女性向けの漢方薬にもよく配合されます。芍薬は、排膿散及湯、加味逍遥散、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、荊芥連翹湯、芍薬甘草湯などの漢方薬に配合されます。

生姜(ショウキョウ)

生姜(ショウキョウ)は、熱発散作用、消炎作用などがある生薬です。新陳代謝を促して肌荒れを予防します。また、プロスタグランジンの発生を抑制して炎症やメラニン生成の進行を抑制する働きがあります。生姜は、ニキビ治療に使用される漢方薬では、十味敗毒湯、排膿散及湯、加味逍遥散などに配合されます。

川きゅう(センキュウ)

川きゅう(センキュウ)は、血のめぐりを良くする生薬です。血流改善や強壮効果があり、その作用によりホルモンバランスを整えて、月経異常などの改善効果が期待できます。ニキビ治療に使用される漢方薬では、十味敗毒湯、当帰芍薬散、荊芥連翹湯、清上防風湯などに配合されます。

蒼朮(ソウジュツ)

蒼朮(ソウジュツ)は、発散作用、健胃作用、利尿作用などがある生薬です。水分代謝を活発にしたり消化器系の機能を改善して新陳代謝を高めます。ニキビ治療に使用される漢方薬では、加味逍遥散、当帰芍薬散などに配合されます。

た行

大黄(ダイオウ)

大黄(ダイオウ)は、便通をよくする作用がある生薬です。また、消炎効果も有します。大黄は、にきび向けの漢方薬では桃核承気湯などに使用されます。

大棗(タイソウ)

大棗(タイソウ)は、強壮作用、鎮静作用がある生薬です。消化器系の働きを改善して代謝機能を向上させます。大棗は、ニキビ治療に使用される漢方薬では、排膿散及湯、半夏瀉心湯などに配合されます。

沢瀉(タクシャ)

沢瀉(タクシャ)は、利尿作用がある生薬です。不要な水分の排泄を促して、代謝を高めます。沢瀉は、ニキビ治療に使用される漢方薬では、当帰芍薬散などに配合されます。

当帰(トウキ)

当帰(トウキ)は、血をキレイにして血流を促す作用がある生薬です。貧血や生理不順などの女性特有の症状に対して用いられることが多いです。ニキビ治療に使用される漢方薬では、加味逍遥散、当帰芍薬散、荊芥連翹湯などに配合されます。

桃仁(トウニン)

桃仁(トウニン)は、血流改善効果がある生薬です。血液をキレイにして巡りを良くします。桃仁は、ニキビ向け漢方薬では、桂枝茯苓丸、桃核承気湯などに配合されます。

独活(ドッカツ)

独活(ドッカツ)は、発汗作用や痛みを抑える作用がある生薬です。独活は、ニキビ治療に使用される漢方薬では、十味敗毒湯などに配合されます。

な行

人参(ニンジン)

人参(ニンジン)は、代謝活動を活発にして身体を温める生薬です。それにより、胃腸の働きを改善します。滋養強壮作用があり、健康飲料にも多用されます。にきび向けの漢方薬では、半夏瀉心湯などに使用されます。

は行

薄荷(ハッカ)

薄荷(ハッカ)は、熱を抑える作用や胃の調子を整える作用がある生薬です。ニキビ治療に使用される漢方薬では、加味逍遥散、荊芥連翹湯、清上防風湯などに配合されます。

半夏(ハンゲ)

半夏(ハンゲ)は、血流を促して体を温め、生理機能を高める働きがあります。特に胃腸の働きを良くします。半夏は、にきび向けの漢方薬では半夏瀉心湯などに使用されます。

白し(ビャクシ)

白し(ビャクシ)は、血流を促す作用や化膿体質を改善する生薬です。白しは、ニキビ治療に使用される漢方薬では、荊芥連翹湯、清上防風湯などに配合されます。

茯苓(ブクリョウ)

茯苓(ブクリョウ)は、利尿作用、鎮静作用、健胃作用などがある生薬です。消化器系の機能を改善する効果も期待できます。茯苓は、ニキビ治療に使用される漢方薬では、十味敗毒湯、加味逍遥散、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、荊芥連翹湯などに配合されます。

芒硝(ボウショウ)

芒硝(ボウショウ)は、消化管に溜まっている毒素の排出を促す働きがあります。これにより、腸内細菌バランスを改善します。芒硝は、にきび向け漢方薬の中では桃核承気湯などに使用されます。

防風(ボウフウ)

防風(ボウフウ)は、身体の余分な熱を発散させて炎症をしずめる作用がある生薬です。主に腫れをともなう皮膚疾患に用いられます。防風は、ニキビ治療に使用される漢方薬では、十味敗毒湯、荊芥連翹湯、清上防風湯などに使用されます。

樸そく(ボクソク)

樸そく(ボクソク)は、収れん作用がある生薬です。皮膚を引き締めてキメを整える働きがあります。ニキビ肌荒れ治療に使用される漢方薬では、十味敗毒湯などに配合されます。

牡丹皮(ボタンピ)

牡丹皮(ボタンピ)は、消炎作用、活血作用などがある生薬です。皮膚の熱をとって炎症をしずめる働きをします。また、血をキレイにして巡りを良くする働きがあります。牡丹皮は、ニキビ治療に使用される漢方薬の中では、加味逍遥散、桂枝茯苓丸などに配合されます。

ま~わ行

連翹(レンギョウ)

連翹(レンギョウ)は、解熱・解毒作用などがある生薬です。消炎作用、解毒作用により化膿性疾患によく用いられます。連翹は、ニキビ治療に使用される漢方薬の中では、荊芥連翹湯、清上防風湯などに使用されます。