ニキビ・吹き出物にはノンコメドジェニック処方の化粧品が理想?

化粧品を選ぶ写真 ニキビ(吹き出物)は、化粧水や美容液、ファンデーションといった化粧品が原因となって引き起こされることがあります。

そういった肌質の人は「ノンコメドジェニック処方」と表記された化粧品を使用するのも一つの選択肢です。

今回は、ノンコメドジェニック処方の化粧品の特徴と、その問題的について解説してきます。

ノンコメドジェニック処方とは?

ニキビ治療のポイント ノンコメドジェニック処方とは、にきびの原因になりにくい成分で作られた化粧品をいいます。

コメドとは、ニキビの芯や角栓のこと。そのコメドを起こしにくい成分で作られているのがノンコメドジェニック処方の化粧品というわけです。

毛穴をふさぎやすい成分、肌に刺激を与えやすい成分、アクネ菌を増殖させやすい成分などが配合されていないため、「ニキビができにくい化粧品」といえるのです。

基本的に油脂を含まない

ニキビはほとんどが皮脂が原因となって発生します。皮脂が酸化して皮膚に刺激を与え、毛穴がふさがってしまうことが問題なのです。

そのため、基本的にノンコメドジェニック処方の化粧品は油脂成分を含みません。油脂を含まないといけないような商品でも、酸化しやすい油脂は絶対に配合されていないはずです。例えば、オリーブ油、オレイン酸などは含まれないはずです。

ちなみに、油脂を配合していなさそうな化粧品でも意外と油脂を含んでいたりします。どれが油脂でニキビの原因になりやすいかどうかがわからない人は、ノンコメドジェニック処方の化粧品ならば安心して使えるはずです。

ニキビになりにくい成分であって、ニキビにならない成分ではない

絶対に勘違いしないでほしいのが、ノンコメドジェニック処方といっても必ずニキビができないというわけではないということです。

ニキビにならない成分ではなく、ニキビに「なりにくい成分」で作られるものがノンコメ化粧品です。

実際はノンコメ化粧品でもニキビを起こしやすい成分が含まれる

ニキビに悩む人ならば、化粧品に「ノンコメドジェニック処方」と表記されていれば、それがニキビには影響ない安心な化粧水のように思えます。

ところが、実際にはニキビの原因菌のアクネ菌を増やすような成分が普通に配合されていたります。例えば、グリセリンやソルビトールなどもそれに当たります。

まずはグリセリンから説明。

グリセリンがニキビに原因になるのは?

グリセリンは保湿成分の一つで、人間の皮膚にも存在する成分です。(皮膚にいる細菌が皮脂を分解してグリセリンが作られます)。

そのグリセリンはニキビの原因となるアクネ菌という細菌を増加させる性質があり、ある研究によると、グリセリンが多い環境では何もしない時と比べて4倍もアクネ菌が増加したという報告もあります。

グリセリンは、ニキビ肌向けの化粧水などにもよく配合される成分なので、それがニキビ悪化の原因になる可能性もあるのです。

なぜグリセリンでアクネ菌が増加するのか

なぜグリセリンがニキビ菌を増やしてしまうのでしょうか。私なりに仮説を考えたところで2つ。

仮説その1
グリセリンは若干の甘さがあり、それがエサとなって菌が繁殖しやすくなる。甘さがある成分は雑菌が繁殖しやすくなります。なお、グリセリンは甘みがあるので「甘味料」として食品添加されることがあります。

仮説その2
アクネ菌(ニキビ菌)は酸素を嫌う嫌気性菌で、酸素がないところで増加する性質がありますが、油脂としての性質をもつグリセリンでコーティングされると酸素がなくなってアクネ菌が増加しやすい環境になる。

以上はあくまでも筆者が勝手に考えたものですが、いずれにしても普通にニキビケア商品にもよく配合されるグリセリンがニキビの原因菌を増やしてしまう可能性があることを覚えておいて下さい。

ソルビトールもアクネ菌を増やす

ソルビトールという保湿成分もアクネ菌を増やす働きがあることがわかっています。

ソルビトールといえば、化粧品原料として価格も安く、保湿効果も高いことから幅広く化粧品に配合されます。にきびケア商品にもよく配合され、例えばオルビスの「クリアローション」のようなにきびケア製品にも配合されていますね。

この成分は糖由来で甘みがあり、雑菌を増やす問題があるようです。グリセリンと同じように甘味料(食品添加物)としても使用される成分ですが、やはり同じような性質があるようです。

ニキビ肌にはどんな化粧品が理想的?

ノンコメドジェニック処方の化粧水

化粧水 どんな化粧水を選んでいいかわからないという人、そしてニキビができやすいデリケートな肌には、ノンコメドジェニック処方の化粧水を選んでみましょう。

「ノンコメ処方」と表記されていても完璧ではありませんが、やはりニキビを誘発しにくい成分、肌に刺激を与えないような成分で作られていますので、普通の化粧水よりも安心です。

そして「ノンコメドジェニック処方」と表記してあるような化粧水のほとんどは、消炎成分や収斂成分が含まれることがほとんどなので、ニキビを治すうえでプラスになるはずです。

ニキビ肌化粧水によく含まれる消炎成分と収れん成分

  • 消炎成分・・・グリチルリチン酸ジカリウム、甘草エキス、カミツレエキスなど
  • 収れん成分・・・ハマメリスエキス、オウバクエキス、チャエキス、ブドウ葉エキス、ホップエキス、クエン酸など

なお、皮脂分泌が多いからといって洗顔後に何もつけないでいると、潤いが少ない人の場合は乾燥によって皮脂分泌が増加してしまうことがあります。

また、化粧水は洗顔によってアルカリ性に傾いた肌を素早く弱酸性に戻す効能もあります。そのため洗顔後は必ず化粧水で保湿するようにして下さい。

ノンコメドジェニック処方の美容液

化粧品の画像 化粧水だけで乾燥する場合、美容液などで肌を保護してあげる必要がありますが、ニキビ肌の場合はやはりノンコメドジェニック処方の美容液を選んだほうがいいかもしれません。

一般に普通の美容液には油脂成分が含まれていることが多いですが、ノンコメドジェニック処方の美容液には通常は油脂成分は含まれていません。

感触は油脂を配合しているような印象がありますが、それはカルボマーなどの成分でとろみをつけているだけだったりします。

油脂を含んでいないので、「油脂が酸化」→「皮膚へ刺激」→「ターンオーバーが進む」→「毛穴が厚くなってニキビ発生」、といった現象が起こりにくいはずです。

なお、ノンコメドジェニック処方の美容液ならば油脂は含みませんが、グリセリンなどは基本的に配合しているものがほとんどです。でも美容液が必要だというような乾燥肌タイプの人ならば、あまりそのあたりは気にしなくてもいいと思います。

ノンコメド処方のファンデーション

ファンデーションでお化粧する画像 ニキビの原因の一つがお化粧によるものだといわれます。メイクは毛穴を詰まらせてしまうものなので、それは仕方ないことかもしれません。

お化粧でニキビが悪化する人は、お化粧はしないほうがいいとされますが、「それでもお化粧をしたい」という場合はノンコメドジェニック処方のファンデーションを使用することでニキビ予防に少しでもプラスになるはずです。

ノンコメドジェニック処方のファンデーションは、基本的に無油分で作られ、毛穴をふさいでしまう成分、にきびの原因となる成分などは配合されません。

欠点は油分を含んでいないため、塗った後が粉っぽくなることです。パウダーだけではお化粧ノリが悪いことや、綺麗な仕上がりにすることはやはり難しいものです。

けれど、ニキビが悪化して痕が残り、一生悩んでしまうくらいならば、少しでもニキビ予防につながる工夫をしたいところです。

ファンデーションに含まれる油脂について

化粧品を選ぶ写真 市販されているファンデーションは、商品によってはニキビを誘発しやすい油脂成分が使用されていることがあります。

例えば、オリーブ油、オレイン酸、パルミトレイン酸などがそれに当たります。基本的に耳にしたことがある植物油が配合されている場合は、すべてニキビを発生させやすい脂肪酸を含んでいると考えて下さい。

一方、ニキビや肌荒れを起こさないように作られている化粧品は、配合される油脂成分においても酸化しにくい油分(例えば、スクワランやホホバオイル、ワセリンなど)が使われていたりします。

お店や通販などでファンデーションを選ぶ時は、配合される油脂を調べてみて、酸化しにくいかどうかなどを確認すれば安心して使うことができるはずです。

プロフィール 名前:ミサ

看護師として皮膚科で8年間働いていました。勤めていた皮膚科は美容関連の自由診療を積極的に行っていたクリニックだったので、そこで経験したことをいかしてブログを更新しています。詳細