ニキビ・吹き出物にはノンコメドジェニック処方の化粧品が理想?

ニキビ肌荒れ、吹き出物は、ファンデーションや化粧水、美容液などの化粧品が原因となって引き起こされることがあります。ニキビや肌荒れを起こしやすい人は「ノンコメドジェニック処方」の化粧品を使用するのも一つの選択肢です。

ノンコメドジェニック処方とは?

ニキビ治療のポイント ノンコメドジェニック処方とは、コメド(にきび)になりにくい成分で作られた化粧品をいいます。毛穴をふさいでしまうような成分、肌に刺激を与える成分、アクネ菌を増殖させる油脂成分などが配合されていないため、ニキビができにくい化粧品といえます。

ただし、ノンコメドジェニック処方といっても必ずニキビができないというわけではありません。ニキビを発生させたり、悪化させたりしないような成分で作られたのがノンコメドジェニック処方です。

ノンコメドジェニック処方の化粧水

化粧水 ニキビができやすいデリケートな肌には、ノンコメドジェニック処方の化粧水が理想的です。ノンコメドジェニック処方の化粧水は、基本的にニキビを誘発したり、肌に刺激を与えないような成分で作られ、そして多くは消炎成分や収斂成分が含まれることがほとんどです。ニキビ肌でも安心して長く使い続けることができます。

皮脂分泌が多いからといって洗顔後に何もつけないでいると、洗顔によって奪われた潤いを取り戻すためにかえって皮脂分泌が増加してしまうことがあります。そのため、洗顔後は必ず化粧水で保湿するようにしたいところですが、どの化粧水を使用していいかわからない場合は、ノンコメドジェニック処方の化粧水を使用してみると良いと思います。

化粧水にも油脂成分が含まれる?

化粧水は肌に水分を補給するものなので、基本的に油脂成分は含まれていません。そのため、ニキビ肌において特に「ノンコメド処方」と表記されていない化粧水でも問題なく使用できます。ただし、商品によっては保湿力を高めるために油脂成分が含まれていることがあり、それによってニキビを引き起こしてしまうことがあるようです。また、油分を含む化粧水には通常は界面活性剤(水と油を乳化させる成分)が含まれているため、その界面活性剤が肌に合わずに肌荒れを起こしてしまう人も少なくありません。

ノンコメドジェニック処方の美容液

美容液で保湿 化粧水だけで乾燥する場合、美容液などで肌を保護してあげる必要がありますが、ニキビ肌の場合はノンコメドジェニック処方の美容液が理想的です。一般に美容液には油脂成分が含まれていることが多いですが、ノンコメドジェニック処方の美容液には通常は油脂成分は含まれていません。

ニキビができにくい成分だけで作られていますので、皮脂分泌が多くてニキビができやすい部分に使用しても問題ありません。また、ノンコメド処方の美容液は、ニキビケア目的で抗炎症成分や収斂成分などが含まれることが多いです。

ノンコメド処方のファンデーション

お化粧・メイク 画像・写真 ニキビの原因の一つがお化粧によるものだといわれます。特に成人してから発生する大人のニキビはメイクによって引き起こされることが多いといいます。そのお化粧によって肌トラブルをカバーすることがかえってニキビを悪化させていることも多いようです。

お化粧そのものが毛穴をふさいでしまう行為なので、ニキビや毛穴トラブルがある場合はできるだけメイクは控えたほうが良いでしょうが、それでもお化粧をする場合はノンコメドジェニック処方の化粧品を使用することでにきびの発生や悪化を予防できるはずです。皮脂分泌が多い人や生理前で肌が不安定な場合でも、安心して使用できます。

ノンコメドジェニック処方のファンデーションは、基本的に無油分で作られ、毛穴をふさいでにきびの原因とならないような成分で作られています。ファンデーションは油分をある程度は含まないとお化粧ノリが悪いことや、綺麗な仕上がりにすることが難しいのですが、ニキビ予防のためには油脂を含まないパウダーのみの簡単なお化粧が理想です。

ファンデーションに油脂は必要不可欠?

市販されているファンデーションは、商品によってはニキビを誘発しやすい油脂成分が使用されていることがあります。化粧品に含まれる油脂成分はにきびを発生しやすい成分もあれば、そうでないものもあり、油分といっても一概にニキビの悪化要因にはなりませんが、どの化粧品を使っていいかわからない場合は、「ノンコメドジェニック処方」と表記してあるファンデーションを選んでみるのも一つの方法です。