思春期ニキビと大人にきびの違い。正しいスキンケアは?

アゴニキビの画像 ニキビは主に思春期といわれる第二次性徴期(小学生高学年から高校生くらいまでの期間)にできやすいことで知られていますが、大人になってからでも多発することがあります。ニキビは条件が揃えば、どの年代でも発生する可能性がありますが、思春期ニキビと大人のニキビでは発生原因に違いがあるようです。

思春期ニキビの特徴

額、Tゾーン、鼻、頬に発現しやすい

ニキビ肌 思春期ニキビは特に、額、Tゾーン、鼻・小鼻、頬にできやすい傾向があります。思春期にはホルモンバランスの変化によって皮脂分泌が活発になりますが、その中でも額、Tゾーン、頬は皮脂腺が発達しているためニキビや毛穴のブツブツが現れやすくなります。

思春期に強く炎症したニキビが頬などに多発してニキビ跡のクレーターになってしまう人も少なくありません。(頬は皮膚が厚いため、炎症によって皮膚が瘢痕化するとクレーターが目立ちやすくなります)。

思春期にきびは若さの象徴?

不飽和脂肪酸と角栓発生の仕組み 思春期には男性ホルモンなどの性ホルモンの分泌が活発になりますが、その男性ホルモンは皮脂の分泌を促す作用があります。皮脂が過剰になると、皮脂中の不飽和脂肪酸によって皮膚が刺激を受けるようになり、毛穴周辺の角質肥厚をまねくようになります。その結果、毛穴に汚れ(角栓)が溜まりやすくなったり、毛穴が塞がってニキビができてしまうようになります。

また、思春期のような成長期には肌細胞も活発に作られるため、ターンオーバーが進みすぎて角質で毛穴がふさがりやすくなります。思春期には性ホルモンの分泌が活発になるため、ニキビができることはしょうがないことだともいえます。

思春期にきびの治し方

女性看護師の画像 思春期ニキビを治には、洗顔によって皮脂を落とすスキンケアを続けるしかありません。思春期ニキビは皮脂が多いことが原因なので、こまめに洗顔をして皮脂汚れをしっかり落としましょう。肌に負担が少ない洗顔料や石鹸を泡立てて、こまめに洗いましょう。そして、思春期は洗顔後の化粧水を使った保湿はしないほうが良いかもしれません。化粧水には最終的にターンオーバーを乱す成分が含まれていることが多いためです。若い時期は洗顔後に何もしなくてもしっとりしてくるはずです。

大人にきびの特徴

大人のニキビは顔の下半分に発現しやすい?

大人ニキビ 成人してからできる大人にきびは、一概には言えませんが顔の下半分に発生しやすい傾向があります。主に、アゴ・Uゾーン(フェイスライン)などで、この部分は炎症がひどくなる傾向があります。この要因は、ホルモンバランスの乱れ、男性ホルモンの増加、ストレスなどの様々な要因が指摘されていますが、なぜ大人ニキビが顔の下側にできやすいのかははっきりと明らかになっていません。

成人してからできるニキビを思春期にできるニキビと区別して「大人にきび」「吹き出物」「アダルトニキビ」などといったりしますが、いずれにしてもなんらかの原因によってターンオーバーが乱れ、毛穴がつまってしまうことで発生します。

大人のニキビは皮脂よりも角質肥厚が原因?

ニキビ治療のポイント 大人のニキビは、思春期のように皮脂分泌が多いわけではないのにニキビが多発することがあり、そういった場合は何らかの原因によって肌のターンオーバーが乱れて角質肥厚を起こしている可能性が考えられます。角化異常が起こる要因は、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、お化粧、肌の乾燥、過剰なスキンケアなどがあげられます。

大人ニキビの原因の一つはストレス?

ニキビ・吹き出物の画像写真 大人にきびができやすい人は日常的にストレスを感じることが多い傾向があるといわれています。子育てや職場の人間関係などでストレスを抱え、慢性的な睡眠不足になったりすると大人でもニキビが多発してしまうことがあるようです。

ストレスは身体の生理機能を低下させて新陳代謝の低下をまねいたり、皮脂の質を悪化させる要因になります。(皮脂が酸化しやすくなります)。また、イライラは男性ホルモンの分泌を高めて皮脂分泌を促したり、角化異常をまねく要因になります。女性の場合では、ストレスによって女性ホルモンのバランスが乱れると肌に影響が現れやすくなります。

実際にストレスを受けやすい人ほど、皮脂中のスクワレンという物質の酸化が進行している傾向があることがわかっています。

大人のニキビはお化粧が原因?

お化粧・メイク 画像・写真 女性の場合、お化粧が原因でニキビや毛穴トラブルをまねくことも少なくありません。油脂成分が多いファンデーションによって毛穴がつまったり、油脂成分が皮脂とともに酸化されて過酸化脂質に変化し、それが皮膚を刺激することで角質肥厚→ニキビをまねくこともあるようです。また、皮脂やメイクの油脂成分が酸化されるのは紫外線の影響も大きな要因の一つです。

肌が不安定になる生理前や肌が脂っぽくなる夏場などには、油分が少ないお化粧が理想です。肌への負担が少ないパウダータイプのファンデーションを使い、必要がなくなったらすぐメイクを落とすようにしましょう。また、外出先では油取り紙で皮脂を抑えてこまめに化粧直しをすることで毛穴トラブルは予防できるはずです。

保湿不足によるニキビ肌荒れ

ニキビ コスメ 肌が乾燥するとバリア機能を補うために角質を過剰に作り出して、角質層が厚く硬くなってしまうことがあります。それによって毛穴がつまりやすくなってニキビができることがあるとされます。乾燥した肌は抵抗力が低下しているためニキビも悪化しやすく、治りにくい傾向があります。また、乾燥肌はバリア機能が低下しているため、ニキビに若干のかゆみを感じることもあります。

大人のニキビの原因の一つが肌の乾燥による角化(ターンオーバー)の乱れだといわれています。化粧水などでしっかりと保湿スキンケアを心がけましょう。

油脂成分が多い保湿スキンケアがニキビの原因?

化粧水 油脂成分が多いクリームや美容液などを使っていると、一気にニキビが多発してしまうことがあります。一般に化粧品にはニキビを誘発しにくい油脂成分(酸化しにくい油脂成分)が使用されますが、それでも結局は油分であるため時間の経過とともに酸化は進行します。例えば、エモリエント成分として配合されるオリーブ油などの植物油やオレイン酸などは角化異常を起こしやすく、毛穴を詰まりやすくさせる作用があります。また、化粧品に多用されるグリセリンなども使いすぎるとターンオーバーを乱す原因になることがあります。

ニキビがある時や皮脂分泌が多い時には、油分やアルコールが含まれない低刺激性の化粧品が理想です。特に女性の場合は、生理周期によって皮脂量が変化しやすいため、肌状態に合った化粧品を使い分けるのが理想的です。