スキンケアのやりすぎがニキビ肌荒れ、肌老化の原因になる理由

洗顔 ニキビ肌荒れ、吹き出物を予防するには、皮脂汚れや古い角質を落とすといった基本的なスキンケアが重要だとされます。

ただし、スキンケアをしすぎることでもかえってニキビ肌荒れを引き起こしたり、肌老化を促してしまうことがあります。

過剰スキンケアと肌荒れについて

洗浄力の強い洗顔料によって皮脂分泌が増加する?

ニキビ画像 一時的に肌の潤いが大きく奪われると、失った保湿成分を補うために皮脂分泌が活発になることがあります。

ニキビを予防したいからとして強い洗浄力の洗顔料使用していると、それがかえってニキビの原因になることがあるようです。

また、洗顔後に肌の乾燥が続くと皮脂が増加したり、ターンオーバーが乱れて毛穴がつまりやすくなったりすることがあります。

洗顔料はマイルドな洗顔料を使用し、洗った後に極端に突っ張らないようなものを選びましょう。また、洗顔後には保湿をして乾燥を防ぐことで皮脂分泌は抑えられるはずです。

脂取り紙でも皮脂が増加する?

脂とり紙 脂取り紙の使いすぎでも皮脂分泌が活発になることがあるようです。脂取り紙は洗顔と同じように皮脂や潤いを吸着して乾燥をまねいてしまうため、必要以上にやりすぎるとかえって皮脂が増加してしまうといわれています。

特に肌を押し付けるように脂とり紙を使うとセラミドなどの成分も奪われてしまい、乾燥がひどくなります。(肌の水分のほとんどをセラミドなどの細胞間脂質が担っているといわれています)。

ゴシゴシ洗いが毛穴をつまらせる?

ゴシゴシ洗い 肌に刺激を与えるような洗い方はかえって毛穴のつまりやニキビの原因になることがあります。肌が刺激を受けることで防御反応として角質が厚くなり、毛穴がふさがりやすくなります。

その結果、毛穴のブツブツや場合によってはニキビへと発展していくこともあります。また、肌へ刺激を与えると色素沈着を引き起こすことがあります。

摩擦による色素沈着を「摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)」といいますが、ゴシゴシ洗いを続けた結果、年齢とともに頬が黒ずんでしまう人も少なくありません。肌はダメージを与えないようにすることが美肌の基本です。

クレンジングオイルの使用による肌荒れ

化粧水 オイルクレンジングを慢性的に使用することでも肌トラブルが引き起こされることがあります。

クレンジングオイルは脱脂力が非常に強く、古い角質や肌の潤いを極端に奪ってしまうため、日常的に使い続けることで肌が疲弊してしまいます。そして長期的な使用になると肌老化の進行をまねき、皮膚の赤みや敏感肌などを引き起こすこともあります。

クレンジングオイルは、落ちにくいメイクでも簡単に落とすことができる一方で肌への負担が非常に大きいため、毎日の使用はできるだけ控えるのが理想です。

ピーリングによって毛穴開きが悪化する?

洗顔 ピーリングとは、角質を剥がす作用があるフルーツ酸(AHA)やサリチル酸、または、パパイン酵素やプロテアーゼなどのたんぱく質分解酵素などの成分を使用して古い角質を除去し、毛穴のつまりやニキビを予防するスキンケアをいいます。

ニキビ・吹き出物は、厚くなった角質によって毛穴がふさがれることで発生するため、予防改善のためにはピーリングが非常に有効なスキンケアだとされています。

ピーリングはニキビケアにつながりますが、毛穴の開きをまねく可能性があります。その理由はピーリングによって皮脂が増加するためです。

ピーリングをすると水分保持の役割を担う角質層が薄くなるため、肌を守るために皮脂分泌も増加するようになります。その増加した皮脂が毛穴を刺激し続けると、しだいに毛穴が開いてくることがあります。

長期にわたるピーリングによって肌が疲弊してくる

女性看護師の写真 ニキビ予防や美肌を目的として長期にわたってピーリングを続けていると、肌が疲弊して赤みを帯びてくることがあります。

年齢を重ねると皮膚が薄くなっていきますが、さらに過剰なピーリングを行っていると、皮膚が薄くなるスピードを早めてしまう可能性があります。人間に寿命があるように、肌細胞にも寿命があることを覚えておいて下さい。(肌細胞の分裂回数はある程度決まっています)。

ピーリングのやりすぎて悩む女性が増えてる?

女性の悩み 近年では、ピーリング化粧品などの機能的なコスメもドラッグストアなどで普通に購入できるようになり、自宅でホームケアをしている女性も多いといわれます。

ただし、スキンケアのやりすぎによって肌トラブルを起こす女性も増えているといい、湿疹や赤みなどによって皮膚科を受診する女性も増えているといいます。

顔は身体の中でも特に皮膚が薄いことで知られていますが、その顔の中でも影響が現れやすいのが額や頬です。その部分は皮膚が薄いため、スキンケアのやりすぎによる影響がでやすいのです。肌細胞は無限に生み出されるわけではないため、デリケートに扱って下さい。

薄くなった肌の理想的なスキンケア

ピーリングによって肌荒れを起こしている場合は、石けんや洗顔料などを使ったスキンケアは止めて、水洗いのみのスキンケアにしたほうが良いかもしれません。

また、過剰スキンケアのせいでどんな化粧水を使ってもヒリヒリするようになってしまった場合は、肌表面をコーティングするワセリンのみを使用するのが理想的です。ワセリンは肌へ浸透しないため、刺激を受けにくいとされます。