フォトフェイシャルアクネスのニキビ治療効果と副作用

フォトフェイシャルアクネス フォトフェイシャル・アクネスとは、特殊な光を照射して活性酸素を発生させ、その活性酸素によってニキビの原因となるアクネ菌を死滅させる治療です。この治療を早期に行うことでより早くニキビを治すことが可能です。にきび跡の赤み、色素沈着、クレーターなども予防することができます。今回はフォトフェイシャル・アクネスの治療効果や作用原理、副作用などを解説していきます。

フォトフェイシャル・アクネスの作用原理

クリアタッチ ニキビは塞がった毛穴の中でアクネ菌が増加し、それによって免疫反応を起こすことで発生します。そのにきびの原因菌アクネ菌は代謝過程において「ポルフィリン」という有機化合物を産生しています。このポルフィリンは可視光線(目に見える波長域の光)に当たると不安定になり、周囲から酸素を奪って活性酸素を発生させる性質があります。

フォトフェイシャルアクネスはこのポルフィリンの性質を利用した治療で、特殊な光を照射して活性酸素を意図的に発生させてアクネ菌を死滅させます。その結果、免疫反応が治まり、ニキビ炎症の抑制に導きます。

また、皮脂腺に熱エネルギーを与えることで一時的に皮脂分泌を抑制することができます。肌質を改善することでニキビが減っていきます。他にも、特殊な光が赤い色素や黒い色素に吸収されることから、ニキビ跡の赤みや色素沈着などにも効果が期待できます。

本当にニキビに効く?

女性医師の写真 フォトフェイシャルアクネスの効果には個人差があります。効いたという人もいれば、継続しても効果が実感できない人もいます。そもそもニキビは自然に治っていくものなので、フォトフェイシャルアクネスの効果で治っているのかどうかわかりにくいことがあります。

そして、フォトフェイシャルアクネスは単体で使用するよりも、一般的な保険適応の治療と組み合わせることで劇的な効果が期待できます。ダラシンTゲルなどの抗生物質の外用薬やベピオゲル(過酸化ベンゾイル)などの塗り薬や、場合によっては抗生物質の内服薬を使用することでより早いニキビの改善が期待できます。

米国の大学教授が行った研究データでは、ニキビ治療において一般的に使用される抗生物質の内服や塗り薬を使用したよりもフォトフェイシャルアクネスを使用したほうが早くニキビが改善したという報告があります。ただし、実際には難しいことも多いです。

フォトフェイシャル・アクネスの効果・効能まとめ

  • フォトフェイシャルの特殊な光がアクネ菌が産生するポルフィリンという物質に吸収されて活性酸素を発生させ、その活性酸素によってアクネ菌を死滅させる。
  • ニキビの炎症による化膿にきびや、ニキビ跡の赤み、炎症後色素沈着、クレーター状の陥没凹みなどを予防する。
  • 皮脂腺にダメージを与え、一時的な皮脂抑制効果がある。肌の脂っぽさが減少するのは治療から数日~1週間程度が目安です。そこまで長く持続するものではありません。

適応症状

フォトフェイシャルアクネスは、炎症にきび(赤にきび)には炎症の悪化予防効果があり、また、白ニキビや黒ニキビの場合は、それが炎症の強いニキビへと発展するのを予防します。そして、フォトフェイシャルアクネスは顔以外のにきび、背中にきびやデコルテニキビなどにも効果的です。肌質が脂っぽくてニキビ体質の人に適しています。

施術内容とアフターケア

Step1施術前は洗顔・クレンジングによって肌の汚れを落とします。光を照射するので、汚れが残っていると効果が得られにくくなります。
Step2目を保護するためのゴーグル、アイシールドなどを装着します。
Step3フォトフェイシャルアクネスを照射していきます。痛みは麻酔なしで我慢できるレベルです。
Step4照射後は肌を整えて終了です。
Step5施術後はお化粧して帰宅することができますが、ニキビがある場合は肌に負担をかけないことが理想です。

アフターケア

フォトフェイシャル・アクネスはダウンタイムはありませんが、紫外線対策と保湿は心がけましょう。炎症したにきびを潰したり、手で触れたりしてはいけません。ニキビは物理的な刺激で悪化して化膿してしまうこともあります。

治療時間の目安

施術時間は顔全体で10分程度が目安です。

治療回数の目安

フォトフェイシャルアクネスの治療回数の目安は、ニキビがある程度落ち着くまで週1~2回ペースの治療が理想的です。強く炎症したにきびが多発している場合は、2~3日に1回くらいの間隔で治療を行ったほうが良いとされます。また、治療の間隔が長く空いてしまうと明確な効果が現れなくなります。フォトフェイシャルには肌質改善効果があるので、ある程度は続けてみて下さい。

治療料金の目安

フォトフェイシャルアクネスの施術料金は顔全体で1回あたり5000円程度が目安です。

フォトフェイシャル・アクネスの副作用や注意点

女性看護師の写真 フォトフェイシャルアクネスの副作用はほとんどありません。施術後、皮膚に若干の赤みがでることがありますが、時間の経過とともに治まります。

そして、なんらかの持病があってお薬を服用していたりする場合は、施術前に医師に告げましょう。光過敏症の人や、光に敏感になってしまうようなお薬を使用している場合は治療は受けられません。また、強い日焼け、アトピー性皮膚炎、湿疹、切り傷、擦り傷などがある場合、医師の判断によっては治療が受けられないケースもあります。