ピュアアクネスのニキビ治療効果。副作用や欠点は?

ピュアアクネス ピュアアクネスとは、特殊な光を使用して活性酸素を発生させてニキビの原因となるアクネ菌を死滅させ、ニキビの炎症を素早く抑制する光治療です。

炎症ニキビの進行を抑制することでニキビ跡の赤み、色素沈着、ニキビ跡のクレーター状の凹みなども予防することができます。ここではピュアアクネスの効果や副作用などを解説します。

ピュアアクネスの作用原理

アクネ菌とニキビ発生の仕組み ニキビは塞がった毛穴の中でアクネ菌という皮膚常在菌が増加することで引き起こされます。アクネ菌が増加すると、免疫反応を起こして様々な伝達物質が発生し、ニキビが赤く腫れるようになります。

そして、好中球(白血球の一つ)は活性酸素(主にヒドロキシラジカル)を放出してアクネ菌を攻撃することで最終的にニキビの炎症が治まります。これは通常の免疫反応によるものです。

活性酸素はアクネ菌(ニキビ菌)に対して殺菌的に作用しますが、それはアクネ菌が嫌気性菌という酸素を嫌う性質があるためです。

ピュアアクネスは、特殊な光を利用して活性酸素を発生させることでアクネ菌を死滅させ、ニキビの早期改善に導きます。

ピュアアクネスは活性酸素を発生させる

ピュアアクネス ニキビの原因となるアクネ菌は「ポルフィリン」という有機化合物を産生しています。そして、このポルフィリンは400~700nm(ナノメートル)あたりの波長(光)に吸収されやすい性質があります。ピュアアクネスは、その波長域をもつ光治療器です。

ピュアアクネスを照射すると、光を吸収したポルフィリンという物質が不安定になり、周囲から酸素を奪って活性酸素を発生させます。この活性酸素によってアクネ菌を死滅させてニキビの炎症を抑制することができると考えられています。

また、ピュアアクネスの光がもつ幅広い波長は赤い色素や黒い色素に吸収される性質があり、ニキビ痕の赤みやシミ・色素沈着の改善にも効果があります。

ほかにも、皮脂腺に熱ダメージを与えて皮脂腺の機能を一時的に低下させる作用もあるとされます。ただし、それは一時的で限定的な効果です。時間が経てば皮脂分泌は回復してきます。

ピュアアクネスは本当にニキビに効く?

女性看護師の写真 ピュアアクネスは、とても画期的な治療のように思えますが、やはりこの治療器によって発生する活性酸素は一時的であることや、治療そのものの効果が穏やかであることなどから、治療が効いているかどうかはわかりにくいことがあります。

ニキビは免疫によっても治っていきますので、治療によって効いているのか、それとも自然に治っているのかはわかりにくいところです。

基本的な治療と組み合わせて行われる

女性看護師の画像 ニキビがひどい場合はピュアアクネスのみでニキビ体質を治していくのは難しいと思います。炎症ニキビが多発した場合は、皮膚科では保険適応の外用薬を中心とした治療が基本です。ニキビがひどい場合は、抗生物質の内服薬もすすめられることもあります。

ピュアアクネスは一般的な保険適応のニキビ治療を続けながら補助的に行うのが理想です。そして、そもそもこの治療を行っている病院はとても少ないです。

ピュアアクネスの効果まとめ

  • ピュアアクネスの特殊な光がアクネ菌が産生するポルフィリンという物質に作用して活性酸素を発生させ、その活性酸素の働きによってアクネ菌(にきび菌)を死滅させる。(効果には個人差があります)
  • にきびの炎症が素早く抑えられ、ニキビ跡の赤み・炎症後色素沈着・皮膚のクレーター状の凹みなどの予防になる。
  • 一時的に皮脂分泌を抑制し、肌質を滑らかな状態に導きます。皮脂分泌の抑制効果は数日から数週間の持続効果で永久的なものではありません。
  • 若干のコラーゲン増生作用があるとされます。ただし、あまり効果は実感できません。

施術内容とアフターケア

ピュアアクネス Step1洗顔やクレンジングをして余計な汚れを落とします。きちんと皮脂汚れや化粧を落とさないと治療効果が得られなくなってしまいます。

Step2目を保護するために、ゴーグル、アイシールドなどを装着します。

Step3皮膚に冷却ジェルを塗布します。

Step4ピュアアクネス照射。

Step5肌をクールダウンさせて終了です。

アフターケア

女性看護師の写真 術後は肌の赤みが増してニキビが悪化したように見えることがありますが、それは光を照射したことによる一時的なもので、時間の経過と共に落ち着いていきます。

そして、術後はお化粧をして帰宅することができますが、ニキビの炎症がひどい場合は肌に負担をかけないことが原則です。

また、ピュアアクネスにはほとんどダウンタイムがありませんが、保湿や紫外線対策はきっちり行いましょう。ニキビがある時に紫外線をたくさん浴びるとシミ・色素沈着を起こしやすくなります。

治療時間の目安

ピュアアクネスの施術時間は、顔全体で20~30分ほどが目安です。

治療回数の目安

ピュアアクネスの施術回数は、ニキビが落ち着くまで週1~2回ペースで、全体で10回ほどが目安です。

治療を重ねるほどニキビが改善していくはずですが、治る傾向がみられない場合は治療を中止したほうが良いでしょう。効果には個人差が大きいです。

治療料金の目安

ピュアアクネスの施術料金は、一回あたり1~2万円前後が目安です。治療範囲が広くなるほど高額になります。

効果を実感するには治療回数を重ねる必要がありますが、継続するほど治療費用が高額になるのが欠点です。

治療の注意点

ピュアアクネスを受ける前に、持病がある人や何らかの薬を服用している人などは施術前に医師に伝えましょう。

また、妊娠中は治療を受けることができません。他にも、強い日焼け、湿疹、アトピー性皮膚炎、切り傷、擦り傷などがある場合、ピュアアクネスが適していないこともあります。

ピュアアクネスの副作用

ピュアアクネスのような光治療は穏やかに作用するため副作用はほとんどありません。赤みが強くなって、かえってニキビが悪化したように感じることがありますが、一時的な現象です。