家庭用レーザー脱毛器や光脱毛器には永久脱毛効果がない理由

脚の脱毛 エステサロンのような脱毛と同じ効果があるとして、様々な家庭用脱毛機が通信販売などで購入できるようになっています。高周波脱毛、光脱毛、レーザー脱毛といったように、様々な種類がラインナップされています。では、こういった家庭用脱毛機には、どのくらいの脱毛効果があるのでしょうか。

家庭用レーザー脱毛機

家庭用レーザー脱毛器 家庭用レーザー脱毛器とは、半導体レーザーなどによって毛根、毛乳頭などにダメージを与え、抑毛、減毛、脱毛効果があるとされるものです。一度のレーザー照射では効果が実感できませんが、自宅でレーザー照射を何度も何度も繰り返すことで減毛、脱毛効果があるとされています。中には、「繰り返し使用すれば永久脱毛も可能」とうたっている商品も存在します。

効果・効能

レーザー脱毛イメージ図 家庭用レーザー脱毛機には医療行為レベルのレーザーエネルギーをもっていません。家庭用レーザー脱毛器ではあくまでも自分で行う「家庭用」であるため、毛根を破壊するほどレーザーのパワーはありません。そのため、期待したような脱毛や減毛効果が得られないことのほうが多いかもしれません。

毛根を破壊して毛を再生できなくさせるためには、毛根部に70度以上の熱を発生させてヤケドを起こす必要があります。ところが、家庭用脱毛器ではそのような熱を与えることは基本的に不可能です。つまり、家庭用レーザー脱毛器には永久的な効果を得ることはほぼ不可能だということです。

ただし、永久的な効果はなくてもレーザーが毛根に若干のダメージを与えるため、毛根が浅いところにある部位などには一時的な減毛効果が期待できるかもしれません。レーザーなので、理論上では光脱毛器よりも高い効果が期待できます。

口コミ・レビュー

実際に家庭用レーザー脱毛器を使用した人は、「毛が細くなった」、「毛が生えてくるスピードが遅くなった」、「永久脱毛効果はなかったが実際に減毛効果があった」などの意見も多いです。一方で家庭用レーザー脱毛器では「まったく効果を実感できなかった」という意見も少なくありません。

家庭用光脱毛機

家庭用光脱毛器 家庭用光脱毛機とは、IPL(インテンスパルスライト)といわれる特殊な光によって毛根、毛乳頭にダメージを与えて減毛・脱毛効果を得られるというものです。これも家庭用レーザー脱毛機と同様に何度も繰り返し照射することで、理論上ではしだいに減毛、脱毛効果が得られる可能性があります。中には「繰り返し使用すれば永久脱毛できる」としている商品もあります。

効果・効能

実際に毛根や毛乳頭にダメージを与え、破壊することができれば脱毛効果があります。ただし、家庭用光脱毛機では毛根を破壊するほどの強いエネルギーを与えることは不可能です。医療行為のようなパワーで照射できないため、期待したような効果が実感できないことがほとんどです。特に光脱毛器はレーザーとちがって分散性が高く、毛根に対してエネルギーが集中しにくい欠点があります。そのため、家庭用脱毛器よりも効果は劣ると考えられます。

毛根や毛乳頭を破壊できるパワーとは高い痛みを伴うもので、そういったパワーの光照射を自宅で誰もが行うことができれば、かなりの肌トラブルをまねくことが考えられます。家庭用光脱毛機にはしっかりとした脱毛を行えるほどの機器の販売は認められていません。

口コミ・レビュー

2ちゃんねるなどの掲示板、他の口コミサイトでは、家庭用光脱毛器によって「永久脱毛ではないが、減毛効果があった」、「産毛がさらに薄くなった」などの意見がある一方で、「全く効果がなかった」、「買って損した」などの意見も多くありました。やはり、レーザーと違って光(IPL)では結果的に毛根に吸収されるエネルギーが弱くなるため、はっきりとした効果は得られにくいのかもしれません。

医療機関においても光治療による脱毛を行っているところがありますが、何万円も払って治療を継続したわりには目に見える効果が得られないことが多くあります。

家庭用脱毛機の長所・メリットまとめ

  • 家庭用脱毛器を購入するなら、光治療器よりもレーザー脱毛器が理想。
  • 一度脱毛機を購入すれば、何度でも自宅で行うことができる。
  • 毛根が存在する位置が浅い部位には家庭用レーザー脱毛器で減毛効果が期待できる。
  • 病院で医療レーザー脱毛を受けるまでもない、または先生に見せるのが恥ずかしいような部分に対して自己ケアできる。

家庭用脱毛機の短所・デメリットのまとめ

  • 医療レーザー脱毛と比較して家庭用ではパワーが低く、効果が現れにくい。即効性がきわめて低い。
  • 家庭用レーザー脱毛器では基本的に永久脱毛は難しい。あくまでも一時的な減毛効果。
  • どんな場合においても、効果を実感するには何度も繰り返し使用する必要があるため、長期的には時間の負担になる。
  • 毛根が深いところにある部位(ヒゲなど)や、ワキ、陰毛などの毛が濃い部分に対して効果を得るには家庭用脱毛機ではエネルギーが低すぎる。
  • 使用していると、毛がこげた臭いがする。
  • 頻繁に家庭用レーザー脱毛器を使用していると色素沈着を起こして皮膚が黒ずんでくる可能性がある。

こういった家庭用高周波脱毛機には非常に高額な商品も存在したりしますので、購入する場合は慎重に判断することをおすすめします。