ニキビケア化粧品に配合される「殺菌成分」一覧

薬剤師が薬を処方する画像

ニキビは塞がった毛穴でアクネ菌という細菌が増加し、それに対して免疫反応を起こすことで赤く腫れるようになります。つまり、アクネ菌の増加がニキビの原因というわけですが、そのアクネ菌を殺菌する成分を使用することでニキビの炎症抑制が期待できます。そこで今回はニキビケア化粧品に多用される殺菌成分をご紹介します。化粧品選びにぜひ参考にして下さい。

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、抗菌・抗真菌作用がある成分です。幅広い細菌や真菌(カビ)に対して有効で、殺菌成分としてニキビケア化粧品やフケ防止目的のシャンプーなどに多用されます。マラセチアなどの真菌が原因のマラセチア毛包炎、脂漏性湿疹などにも有効だとされています。

イソプロピルメチルフェノールを配合したニキビケア化粧品には、「メンソレータム・アクネス」などがあります。化粧品に配合する場合は濃度規制があります。

サリチル酸

サリチル酸は、殺菌作用や角質柔軟作用がある成分です。低い濃度においては、殺菌成分や角質ケア成分としてニキビケア化粧品やピーリング化粧品に配合され、高い濃度においては皮膚科におけるケミカルピーリングにも使用されることがあります。サリチル酸は濃度が高くなると刺激性が強くなるため、マクロゴールという基材と組み合わせた「サリチル酸マクロゴールピーリング」という方法で行われることが多いです。

サリチル酸は、低濃度であれば安全性が非常に高いことから、殺菌を目的とした化粧品に広く用いられています。サリチル酸を配合したニキビケア化粧品には「プロアクティブ」などがあります。

イオウ

イオウは、殺菌作用や角質柔軟作用がある成分です。にきびの原因となるアクネ菌を殺菌する作用や角質柔軟作用があることから、ニキビケア化粧品に配合されます。皮膚のたんぱく質と反応して硫化物となってふるい角質を剥がれやすくし、ニキビの芯の排出を促して治りを良くします。ただし、イオウにはやや肌を乾燥させる作用があり、塗りすぎると肌の赤みや痒み(かゆみ)を引き起こすことがあります。

イオウとカンフルを組み合わせた「イオウカンフルローション」は皮膚科などでもよく処方される外用薬(塗り薬)です。

トリクロサン

トリクロサンは、一般細菌に対する殺菌成分として用いられる成分です。特にブドウ球菌などのグラム陽性菌に対する静菌作用が高い成分です。真菌(カビ)に対しては殺菌作用は低めです。殺菌作用効果をうたった石鹸、シャンプー、歯磨き粉などの化粧品、医薬部外品に用いられています。

トリクロサンは従来はよくニキビケア化粧品に使用されていた成分ですが、皮膚の常在菌(皮膚に存在する細菌バランス)が変化する可能性があること、身体への蓄積性があること、アレルギーの問題などが指摘され、化粧品においてトリクロサンの使用は避けられる傾向があります。欧米諸国の世界的なヘルスケアメーカーもトリクロサンを使用しないようになってきています。

ニキビケア化粧品として有名な「クレアラシル」も、昔は洗顔料にトリクロサンが配合されていましたが、現在では別の成分(サリチル酸)が用いられています。

クオタニウム-73(ピオニン)

クオタニウム-73は、光反応性の薬効成分で、「ピオニン」とも呼ばれています。強い抗菌性があるため、ニキビ用の化粧品に用いられています。アルコールによく溶け、水にも若干溶ける性質があります。

クオタニウム-73は、配合に規制があります。

レゾルシン

レゾルシンは、殺菌・消毒作用や角質柔軟作用(角質剥離効果)などがある成分です。ニキビや毛穴対策を目的とした化粧品に用いられます。ニキビケア化粧品ではイオウと組み合わせて配合されることが多いです。フケや痒みを防止する目的でシャンプーなどにも配合されます。独特の臭いがあり、やや刺激性が強いとされます。

レゾルシンは、配合濃度に規制があります。