生理前ニキビの原因と対策。月経前のスキンケアとピル治療について

ストレスをかかえる女性の写真 一般に女性は生理前にニキビや毛穴のブツブツといった肌トラブルが発生しやすくなります。生理前ニキビの原因は生理周期によって女性ホルモンのバランスが変化し、それによって肌質が変化するためです。今回は生理前ニキビの原因と理想的なスキンケア、ピルを使ったニキビ治療法などをご紹介します。

生理前にニキビができやすくなる仕組み

女性看護師の写真 女性は2種類の女性ホルモンのバランスが変化することで肌質が大きく変化し、肌が乾燥したり、反対に肌が脂っぽくなってニキビができやすくなったりします。

女性の身体の変化をもたらす2種類の女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、それぞれが増減することで身体の変化をもたらします。

女性の生理周期による女性ホルモンバランスの変化

生理(月経)が終わって次の排卵までの約7~10日間は卵胞期という時期です。この卵胞期には排卵に向けてエストロゲンという女性ホルモンの分泌が高まります。

そのエストロゲンには女性のカラダを美しく導く働きがあり、皮脂分泌も抑えられてニキビ肌荒れといった肌トラブルが少なくなります。皮脂が抑えられることで人によっては肌の乾燥を感じることもあります。

また、エストロゲンにはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを合成を促進させる作用があります。卵胞期はハリや弾力が高くなる時期だといえます。

生理前ニキビはプロゲステロンが影響する

女性の頬ニキビ 排卵期が終わって生理までの約2週間は黄体期という時期で、一般に生理前といわれる時期です。この生理前にはプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が優位な状態になります。

そのプロゲステロンには皮脂分泌を促す働きがあり、通常よりも肌がオイリー肌に傾くことでニキビ吹き出物ができやすくなります。一般に「生理前にニキビができやすくなる」といわれるのはプロゲステロンの影響が大きいとされます。

プロゲステロンが皮脂を促す理由は?

プロゲステロンとテストステロン プロゲステロンには男性ホルモンと同じように皮脂分泌を促す働きがあるとされます。その二つの性ホルモンはコレステロールを原料に作られる性ホルモンであり、部分的に似た働きがあるのかもしれません。

また、プロゲステロンは妊娠を成立させるために水分や栄養などのエネルギーを蓄える働きがありますが、その溜まったエネルギーを排出するために皮脂腺を活発にさせて肌が脂っぽくなってしまうのかもしれません。

なぜ皮脂が増加するとニキビが増えるの?

ニキビ発生の仕組み 一般に皮脂量とニキビの発生は比例します。それは皮脂量に比例して肌を刺激する遊離脂肪酸も増加するためです。皮脂量が増えると、アクネ菌などの皮膚常在菌が皮脂中の中性脂肪を分解して遊離脂肪酸を生じます。

その遊離脂肪酸には肌を弱酸性に導く働きがありますが、一方で時間の経過とともに酸化が進行して皮膚に炎症を起こすようになります。それによって過剰にターンオーバーが進んで皮膚が厚くなり、それが毛穴周辺で起こると毛穴がふさがって最終的にニキビができてしまうようになります。

皮膚に存在する遊離脂肪酸はオレイン酸やパルミトレイン酸、パルミチン酸などが多いですが、そのうち特にオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸は酸化しやすく、炎症を誘発してニキビの原因となる角化異常を起こす原因になります。

プロゲステロンはシミの発生を促す

肝斑と併発したニキビの写真 生理前はプロゲステロンの影響で肌が不安定になりますが、プロゲステロンはメラニン色素の生成を活発にしてシミや色素沈着を悪化させる働きがあるとされます。生理前にニキビができると通常よりも色素沈着が悪化してしまうことがあります。

また、生理前にいつもよりも肌のシミが濃くなったように見えることもあります。そして女性特有のシミである肝斑(かんぱん)というシミもプロゲステロンが影響しているとされます。生理前の肌はデリケートなので負担の少ないスキンケアが理想です。

生理前は便秘になりやすい

腹痛の画像 生理前はプロゲステロンの影響で便秘になりやすい傾向があります。プロゲステロンは妊娠継続のためにエネルギーを蓄える作用がありますが、エネルギーを蓄えるために腸のぜんどう運動を抑制する働きがあります。腸の働きが鈍くなるので便秘になってしまうのです。その便秘の影響でニキビ肌荒れを起こす可能性があります。

生理前ニキビの予防対策

負担の少ない洗顔をする

洗顔をする画像 肌が脂っぽくなる生理前はしっかりと洗顔して皮脂を落とすようにしましょう。肌への負担が少ない固形石鹸をしっかり泡立てて刺激を与えず優しく洗いましょう。刺激を与えると、防御反応としてかえって皮脂が増加したり、シミが悪化したりすることがあります。生理前はシミができやすいので刺激は禁物です。

卵胞期に肌コンディションを整える

洗顔写真 エストロゲンの分泌が増加する卵胞期は肌が安定する時期です。その時期にニキビができにくい環境をつくっていると、肌が不安定になる生理前においても肌コンディションが大きく乱れることはなくなります。皮脂が増える前に毛穴を詰まらせるようなスキンケアは控えてニキビとは無縁の環境を整えましょう。

生理前はお化粧を軽くする

ファンデーション塗るお化粧の写真 生理前の肌は何かと不安定で刺激に対して敏感になっており、にきびなどもできやすい状態になります。そのため、毛穴をふさいでニキビを発生させてしまわないように、お化粧はパウダーだけにして軽めのメイクにしてみましょう。

パウダーには酸化チタン、酸化亜鉛、タルクなどの紫外線散乱剤が含まれており、生活紫外線レベルなら防ぐことができます。また、外出先でもこまめにお化粧直しすることでニキビを予防できるはずです。

化粧品はシンプルなものを使用する

化粧水を使う女性の画像 生理前にニキビが多発して肌が不安定になると、なにかとアレもコレも化粧品を増やしてしまいがちになるものです。ただし、生理前の肌はいつもよりデリケートになるため、スキンケアを増やすよりも肌に負担にならないようなシンプルなスキンケアが理想です。また、生理前に新しい化粧品を使用したりするのは控えたほうが無難です。

生理前にきびには低用量ピルが効く

マーベロン28(ピル)の画像 生理前にニキビが多発する人や脂性肌でニキビが治りにくい人は、ホルモン療法として低用量ピルを使った治療が効果的です。

ピルを服用して女性ホルモンをコントロールすることで、皮脂分泌が減少してニキビ吹き出物などの肌トラブルの改善が期待できます。

海外の調査では、ピルの使用によって70%の人にニキビ改善効果が得られたという報告もあります。実際にピルを服用してから生理前ニキビが劇的によくなっていく女性は多いです。

ピルの作用がニキビに効果的な理由

医師によるカウンセリングの画像 ピルはエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが極微量配合されるお薬です。そのピルを摂取すると、身体の中に女性ホルモンが存在していると脳が認識し、性腺刺激ホルモンを分泌しなくなります。

性腺刺激ホルモンの分泌がなくなることで女性ホルモンの分泌もなくなり、体内にはピルに含まれるわずかな女性ホルモンしか残らなくなります。通常よりもプロゲステロンの量が減少するのです。

生理前のニキビの原因は、プロゲステロンという女性ホルモンが影響しているとされますが、ピルを服用することでプロゲステロンの量を抑え、女性ホルモンを常に一定レベルにコントロールすることで女性ホルモンの変化によるニキビ肌荒れをなくしていく効果があります。そして、生理がこなくなるので生理中の不快な症状がなくなるメリットもあります。

ニキビ治療に使用されるピル

ファボワール(ピル) ピルは医師の処方箋が必要です。ニキビ治療に用いられる低用量ピルの種類は、「マーベロン」、「ファボワール」、「ラベルフィーユ28」などがよく処方されます。

  • マーベロン・・・男性ホルモン様作用が少ない低用量ピルです。ニキビ治療によく使用されます。
  • ファボワール・・・日本の製薬会社が製造するマーベロンのジェネリックです。成分はマーベロンと同じです。
  • ラベルフィーユ28・・・日本の製薬会社が製造しているトリキュラーという先発品のジェネリックです。日本人女性に合った実績のあるピルです。

ピルは血栓症や喫煙者には服用できません。また、様々な副作用が現れる可能性があるため、医師や薬剤師としっかり相談してから治療を行ってください。