白ニキビの原因と治し方。跡を残さないスキンケア一覧

白ニキビ 白ニキビとは、膿が表面に現れて先端が白色からやや黄色っぽく見える状態のニキビです。医学的には閉鎖性面皰(へいさせいめんぽう)と呼ばれます。

白ニキビは、比較的に炎症が軽度のことが多く、皮膚の浅い部分で発生しているため、赤ニキビと比べて早く治りやすい傾向があります。

ニキビの芯も押し出しやすい段階です。今回は白ニキビの原因と治療法をご紹介します。

白にきびの原因とは?

ニキビ発生の仕組み 白ニキビの主な原因は、皮脂の増加によるターンオーバーの乱れです。その現象は以下のように進行します。

1皮脂量が増えることで、アクネ菌などの皮膚常在菌も増加する。

2アクネ菌が皮脂中の中性脂肪を分解して、遊離脂肪酸を作り出す。

3遊離脂肪酸のうち、特にオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸が皮膚に刺激を与えてターンオーバーを進行させ、毛穴周辺の皮膚を厚くしてしまうことで毛穴が塞がるようになる。

4遊離脂肪酸による刺激によって、たくさん作られた角質が剥がれて毛穴内部で溜まり、角栓(にきびの芯)を作り出す。

5さらに皮膚が厚くなって毛穴が完全に塞がってしまうと、酸素がない環境を好むアクネ菌が急激に増加するようになる。

6増加したアクネ菌に対して免疫反応を起こし、そのアクネ菌と戦った白血球の死滅が膿となり、それが表面に現れると先端が白いニキビができるようになる。

皮脂が増加する要因

皮脂が増加する原因は、主に思春期の性ホルモンの増加、ストレスやイライラ、動物性脂肪の摂りすぎなどがあります。また、女性では生理前の黄体期に増加するプロゲステロンという女性ホルモンの影響で皮脂が多くなります。

毛穴がふさがりやすくなる原因

皮脂の増加以外にも、毛穴が塞がりやすくなる要因はいくつかあります。主に、肌の乾燥、夜更かし、ストレス、過剰なスキンケア、お化粧、油分の与えすぎなどもターンオーバーを乱す要因です。

小さな白ニキビは、夜更かしや睡眠不足などで一時的にターンオーバーが乱れるとポツっと現れることがあります。

白ニキビは皮膚の浅い部分の炎症

白ニキビの写真 白にきびは、炎症が深い部分ではなく、比較的に浅い部分で炎症を起こしたものです。ニキビの芯や膿が表面に現れていますので、皮膚のターンオーバーによって早く治りやすいです。多くは軽度の腫れで治ります。

白にきびの予防法と解消法

皮脂が多い時期は洗顔が重要

洗顔をする画像 白ニキビを予防するには、洗顔によって皮脂汚れや古い角質を落とすスキンケアが最も重要です。石鹸をたくさん泡立てて、丁寧に洗うことで毛穴汚れは解消していくはずです。

ゴシゴシ洗ったりすると、肌が刺激を受けてかえって角質肥厚を起こしたり、皮脂分泌が増加してニキビができやすくなるので、力を入れずに洗いましょう。

保湿は必要

ニキビ 洗顔後の肌は、潤いが奪われて不安定な状態になっています。特に乾燥肌の人が保湿を怠るとバリア機能が乱れて、かえって皮脂分泌が増加して白ニキビができてしまうことがあります。

そこで、洗顔後はさっぱりタイプの化粧水で保湿してあげましょう。保湿によって肌が柔らかくなることで、白ニキビの芯も取れやすくなります。

また、潤いが豊富な人は化粧水は使用しなくても大丈夫です。ニキビができやすい人は美容液やクリームなどは不要です。

特にクレンジングオイルなどを使用した場合は、皮脂膜や肌の潤い成分が奪われて、肌がいつもより乾燥しやすくなるため、通常よりもたっぷりと水分を補ってあげましょう。

白にきびの大きさによってスキンケアは違う

白ニキビの画像 白ニキビでも大きさや腫れ具合で理想的なケアは異なります。まず、小さな白ニキビは炎症も軽度で、数日で自然に治るため、塗り薬を使う以上の積極的なスキンケアする必要はないと思います。

軽度の白ニキビがポツポツできたくらいでは、ニキビ肌用の化粧品に変えたりする必要はなく、基本的にそれまでのスキンケアを続けましょう。

また、小さな白ニキビを積極的に潰したりすると、かえってニキビ跡の赤みや色素沈着が残ってしまうことがありますので、必要以上に扱わないようにしましょう。

一方、腫れが大きな白ニキビは塗り薬を使ったり、押し出してニキビの芯を出してあげると早く治ります。

白ニキビは潰すと早く治る?

コメドプッシャーでニキビの芯を押し出す画像 白ニキビの腫れが大きいものは、潰してニキビの芯を出してあげることで、より早くキレイに治る可能性があります。

まず、針などを使って白ニキビの表面の部分に穴をあけて出口を確保し、その後にコメドプッシャー(圧出器)で押し出すと、ニキビの芯がでてきます。
【Amazon】コメドプッシャーニキビ取り

最後は殺菌作用がある薬や化粧水などで消毒します。

白ニキビの芯を出す行為は、確実に芯が取れそうな場合にのみ行いましょう。上手に行わないとかえってニキビ跡の赤みや色素沈着を悪化させたりします。

白ニキビの芯が出てくるがどうかわからない場合は、下手に扱わずにニキビ治療薬を使って自然に治していくのが理想です。そして、くれぐれも手で無理に押し出したりしないようにしましょう。

市販のニキビ治療薬

オロナイン 白ニキビはニキビ治療薬で治すことができます。さらに、薬を塗ることで白ニキビが赤ニキビへと進行するのを予防する効果もあります。

市販品では、オロナイン、クレアラシル、ピンプリット、ビフナイトなどがあります。それらは主に殺菌成分と角質柔軟成分が含まれ、炎症を抑えながら白ニキビの芯が取れやすい状態へと導きます。

保険適応のニキビ治療薬

ベピオゲルの画像 皮膚科で処方される保険適応のニキビ治療薬は、ベピオゲル、イオウカンフルローション、ディフェリンゲルなどが白ニキビを治すのに適しています。

  • ベピオゲル・・・主成分の過酸化ベンゾイルは、ニキビ菌に対して殺菌作用があり、さらにピーリング作用(角質を剥がす作用)によって白ニキビを解消します。
  • イオウカンフルローション・・・主成分のイオウは、殺菌作用と角質柔軟作用があり、白ニキビの進行と治りをよくします。
  • ディフェリンゲル・・・主成分のアダパレンは、ターンオーバーを抑制して白ニキビが炎症ニキビへと進行するのを予防します。