DHC濃縮ウコンに含まれる鉄分の量は?実際に問い合わせた結果

DHC濃縮ウコン ウコンといえば肝機能を高めてくれる成分として有名です。お酒を飲む前にウコンサプリ、ウコン飲料などを飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

そして、そのウコンには鉄分が多く含まれるといいます。そのため、鉄分不足による貧血体質である人はウコンは貧血予防の味方になってくれるはずですが、病気などによっては鉄分の摂取を制限しないといけない人もいると思います。

そこで今回は、ウコンサプリメントで最も売れている商品の一つである「DHC濃縮ウコン」に含まれる鉄分の含有量をメーカーのほうに問い合わせてみました。

DHCの濃縮ウコンに含まれる鉄分量

DHC DHCのお客様相談センターに問い合わせたところ、
「DHC濃縮ウコンは、1日目安量2粒あたり鉄0.016mg含有しております」。
との回答を受けました。

一粒あたりでは、0.008mgという量です。多くのウコンのサプリメントの場合、製造過程でウコンに含まれる鉄分含有量が少なくなりますが、DHCの濃縮ウコンも例外なく製造過程で鉄分含有量が少なくなるようです。

DHC濃縮ウコンの鉄の量はとても少ない

女性看護師の写真 DHCの濃縮ウコンに含まれる鉄分量は、1日2粒あたり0.016mg、一粒では0.008mgの含有量です。

一日の鉄分の所要量が10mg前後ということを考えればDHC濃縮ウコンには鉄分はほとんど含まれていないといえるレベルです。

病気で鉄の摂取を制限しないといけない人においても、DHC濃縮ウコンにおいては特に心配する必要はありません。

メーカーによって鉄分含有量が違う

ウコンの画像 健康食品メーカーによってはウコンそのものを粉末状にして販売している商品も多いです。そういった単にウコンを粉末状にしたサプリには基本的に多量の鉄分を含んでいます。

鉄欠乏性の貧血の人ではウコン粉末の摂取がプラスに働きますが、病気によって鉄分を制限しないといけない人は注意して下さい。

ウコンに含まれるたくさんの鉄分に注意

女性医師のカウンセリング写真 ウコンの主成分であるクルクミンは、肝機能を向上させる作用があります。そのため、お酒、アルコールを飲む人は積極的にウコンのサプリメントを摂取している人も少なくないようです。また、健康のために健康食品としてウコンを日常的に摂取している人も多いといいます。

ただし、場合によってはウコンを日常的に摂取し続けることによってかえって肝臓ガンなどのリスクを高めてしまうことがあるといわれています。

ウコンには鉄分が多く含まれており、その鉄分によって特にC型肝炎やNASH(非アルコール性脂肪肝炎)などの肝臓病をもつ人がかえって症状の悪化をまねいてしまう可能性が指摘されています。

そのため、肝臓病をもつ人は鉄分を制限する必要があります。

鉄の過剰摂取は老化進行の原因に

鉄サプリの画像 また、健常者でも鉄分の過剰摂取には注意しないといけません。鉄の過剰摂取は活性酸素を増やして老化の原因となるためです。

健康食品などで日常的に摂取する場合は、鉄分の配合量に注意しなければいけません。

鉄欠乏性の貧血である場合は鉄分を積極的に補う必要があり、特に月経(生理)がある女性は出血によって鉄不足の貧血になるケースも多いといわれていますが、それ以外では鉄分の過剰摂取は”毒”となるケースもあります。

男性の場合は鉄分を意識して摂る必要はない?

鉄は血中のヘモグロビンが作られるために不可欠なミネラルです。ヘモグロビンは酸素を運ぶ働きをしますので、それが少なくなると貧血、酸素不足による成長不良などを起こしてしまいます。

そのため、鉄は絶対に不足しないようにしないといけませんが、基本的に体内の鉄分はほとんどが再利用されるので、出血がなく極端な偏食がなければ鉄が不足することはないとされます。

特に男性の場合は、女性のような月経による出血がありませんので、鉄が不足することはかなりまれだとされます。

持久系のスポーツ選手や肉体労働者の場合は鉄不足になることもあるといいますが、男性の場合は普通の生活強度で、バランスの良い食生活を送っていれば鉄不足になることはありません。

プロフィール 名前:ミサ

看護師として皮膚科で8年間働いていました。勤めていた皮膚科は美容関連の自由診療を積極的に行っていたクリニックだったので、そこで経験したことをいかしてブログを更新しています。詳細