ブツブツを起こさない「ハイジニーナ脱毛」の方法

陰部の画像 ハイジニーナとは、陰毛・アンダーヘアが処理されて全くないツルツルな状態をいいます。ハイジニーナという言葉は「ハイジーン=(清潔)」という意味から作られた造語で、、海外の著名人がネットで話題にしたことから世界的に知られるようになりました。

欧米の女性は、見た目や衛生面の理由からハイジニーナにしている人も多いといいます。従来の日本はアンダーヘアを処理する慣習はなかったのですが、近年では陰部の毛を処理する人が多くなり、アンダーヘアが全くないハイジニーナ状態にしている女性も多くなってきているといいます。

ハイジニーナのメリット

生理の時でも衛生的

生理期の陰部は何かと不衛生的になりがちです。吸収性の高い生理ナプキンを使用しても毛についた汚れや臭いなどを完全に抑えることはできません。そこでハイジニーナにしておけば、余計な臭いや肌荒れなどのリスクも軽減されます。

大胆な下着や水着を選ぶことができる

アンダーヘアは人によってボリュームや生える範囲に大きく違いがあります。そのため、人によっては下着や水着を選ぶ際の選択肢が狭くなってしまうことがあります。ハイジニーナにしておけば、下着や水着に悩むこともなくなります。大胆にTバックをはいてもアンダーヘアがはみ出る心配がありません。

ハイジニーナは男性にも好評?

男性にとってアンダーヘアを完全に処理している女性のほうが良いという人はとても多いようです。理由は「清潔に見える」「見た目にキレイ」「少女みたい」などの理由があるようです。ハイジニーナにしていると「遊んでいる?」「男性経験が多い?」と思う男性も多いのも事実ですが、ある程度は陰毛を処理していてくれたほうが嬉しいと思う男性は多いようです。

ハイジニーナのデメリット

チクチクする

ハイジニーナにするためにアンダーヘアをカミソリなどで処理すると、当然チクチクするようになります。そのチクチク感によって不快に感じたり、肌荒れを起こすこともあります。

アンダーヘアの処理による毛嚢炎のリスクが高くなる

毛嚢炎 ハイジニーナにしたいとしてカミソリや毛抜きなどでムダ毛処理を行うと、毛嚢炎(もうのうえん)というニキビのような赤いブツブツを起こすことがあります。毛嚢炎は毛穴が傷つくことでそこからブドウ球菌などが感染することで発生する皮膚感染症です。カミソリによる深剃りや逆剃り、毛抜きなどは皮膚を傷つけてしまうことがあり、それによって毛嚢炎が発生するリスクが高くなってしまいます。

ハイジニーナに対するネットの評判・反応

  • ハイジニーナでもブツブツやザラザラになるのは嫌。
  • ヨーロッパはつるつるハジニーナが常識。日本が遅いくらい。私は何年も前から処理してる。
  • 陰毛が無いと蒸れないってのは嘘。毛があってもなくても蒸れる。
  • 私もカミソリで剃ってハイジニーナにしたけとチクチクして痛かった。
  • 無毛の方が清潔感あるよ。
  • 陰毛があったほうが健康的じゃない?毛も女性器を守るためのもの。

ハイジニーナの方法「脱毛・ムダ毛処理方法」

カミソリ

手軽にムダ毛処理にするにはカミソリを使用する方法が一般的です。カミソリによってもハイジニーナにすることができます。ただし、処理後のチクチク感やザラザラ感が残ってしまうのが難点です。深剃りや逆剃りをすると、毛嚢炎を起こすリスクが高くなります。

毛抜き・脱毛テープは厳禁!

毛抜きや脱毛テープは、毛を根本から抜いてしまうためキレイな仕上がりになりますが、肌への負担が非常に大きなものになります。毛穴内部では出血が起こっていたりします。それによって毛嚢炎が発生したり、繰り返されることでブツブツが発生したりします。キレイに処理したくても肌に負担をかけてはいけません。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス ブラジリアンワックスとは、女性の陰部、アンダーヘアにおけるワックス脱毛をいいます。ワックスを塗布して薄く伸ばし、専用の布を使って毛と一緒に一気に剥がす方法です。毛抜きで一本一本抜くよりも手間がかからず、一気に抜いてツルツルの肌にすることができます。白人種に人気の方法ですが、白人種はメラニンが少なく皮膚(表皮層)が厚いためこの方法でも問題ないかもしれませんが、日本人は比較的に色素沈着を起こしやすいため、ブラジリアンワックスは不向きといえます。

除毛クリーム

仕上がりのチクチクやザラザラ感を無くすためには、除毛クリームがおすすめです。毛を溶かす薬剤によって毛穴内部の毛も溶かすため、上手に行うことで比較的にツルツルの肌を実現できます。

レーザー脱毛

アンダーヘアのレーザー脱毛 レーザー脱毛によってハイジニーナにすることができます。基本的にレーザー脱毛をしっかりと行えばアンダーヘアが再び生えてくることがなくなり、また、再び生えてきたとしても太い毛ではなく細くひょろひょろとした毛くらいで、かなりのボリュームダウンになります。陰部のレーザー治療は4~5回で施術で10~20万くらいが目安です。

ただし、陰部のVラインやIライン、Oラインは、色素沈着が濃い人が多く、とても強い痛みを伴うことがあります。表面麻酔をしていても痛いです。痛みに耐えられずに中断してしまう人も少なくありません。

絶縁針脱毛

陰部の永久脱毛において、レーザー脱毛だけでは完全脱毛は難しいケースがあります。その場合、電気針(絶縁針)を使った脱毛が有効です。レーザー脱毛と組み合わせて行われることも多いです。二度と陰毛が生えてこない完全なハイジニーナを目指す場合は絶縁針脱毛が必要となることも多いです。ところが、絶縁針脱毛ではヤケドや毛嚢炎を起こすリスクが高くなります。