ビタミンC誘導体がニキビ治療に効果的な理由

コスメ 思春期・成長期といった性ホルモンの分泌が活発な時期には、皮脂分泌が多くなるためニキビが繰り返しできてしまうことがあります。若い時期はたくさん皮脂が作られるため、どんなにこまめに洗顔してもニキビが繰り返しできてしまうことがあるのです。

水溶性ビタミンC誘導体は、そういった繰り返し発生するにきびに対して高い効果を発揮し、皮膚科・クリニックでのニキビ治療においても、積極的に用いられることがあります。

ビタミンC誘導体を使用したニキビ治療について

ビタミンC誘導体の効果・効能

ニキビとビタミンC誘導体
  • ビタミンCは皮脂分泌を抑制して毛穴の汚れを抑制し、にきび、吹き出物を予防する。
  • ビタミンCの抗酸化作用により、過酸化脂質を抑制する。皮脂の酸化を抑えて毛穴汚れ、黒ずみなどの毛穴トラブルを予防する。
  • 肌細胞を活性化して、美しい肌へと導く。
  • ビタミンCはコラーゲンの合成を高める。
  • 毛穴を引き締めてキメを整える。
  • ビタミンCはメラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素を阻害してメラニンを抑制し、シミ、ニキビ跡の炎症後色素沈着を予防、改善する。
  • メラニンを淡色化し、すでに消えにくくなったシミ、色素沈着を薄くする。

普通のビタミンCとビタミンC誘導体との違いは?

ビタミンC誘導体とは、ビタミンC(アスコルビン酸)を母体として構造を改良したものをいいます。普通のビタミンCでは肌に塗布しても皮膚内部へと浸透しにくい欠点があります。また、抗酸化作用などはあっても成分的に不安定で、すぐに酸化されやすい欠点があります。そういったビタミンCを他の物質と結合させて改良し、「ビタミンC誘導体」という形にすることで安定した浸透性の高いビタミンCローションを作ることができます。

例えば、普通のビタミンC(アスコルビン酸)であれば、紫外線に当たったりすると酸化・変性して「デヒドロアスコルビン酸(アスコルビン酸ラジカル)」という一種の活性酸素へと変化し、肌に刺激を与えるようになります。単に化粧水にビタミンCを配合したり、絞ったレモンのエキスなどを加えても意味がないのです。

リン酸基を結合させたビタミンC誘導体が一般的

ビタミンCを誘導体という形にするには違う物質を結合させる必要がありますが、ニキビ治療では「リン酸基」と結合させた「リン酸型アスコルビルNa」や「リン酸型アスコルビルMg」などが使用されることが多いです。リン酸と結合させるのには以下のような理由があります。

人間がリン酸を分解する酵素をもつため

ニキビ治療のポイント リン酸と結合させるメリットは、人間がリン酸をほどく「ホスファターゼ」という酵素をもっているためです。人間の肌には角質層や皮脂膜などのバリア機能があり、水溶性の場合では肌に浸透しにくい欠点があるのですが、リン酸と結合させたビタミンC誘導体を肌に塗布すると、皮膚に存在する酵素(ホスファターゼ)によってリン酸の結合が解け、皮膚内部に浸透して肌の奥でビタミンCが効果を発揮しやすくなります。

リン酸は水に溶けやすく、さっぱりとした化粧水を作りやすい

リン酸は水に溶けやすく、さっぱりとした使用感の水溶性のビタミンC誘導体のローションにしやすい特長があります。水溶性ビタミンC誘導体は、皮脂分泌を抑制して皮膚をやや乾燥させますので、皮脂分泌の増加が原因で引き起こされるニキビ治療に対して特に有効だとされます。

ちなみに、乾燥から引き起こされるニキビには「水溶性ビタミンC誘導体」よりも「脂溶性ビタミンC誘導体」のほうが理想的だとされます。

ニキビ治療に有効なビタミンC誘導体ローションの濃度は?

ビタミンC誘導体化粧水は、ニキビ治療においては5~10%程度が理想的な濃度とされます。あまり濃度が高すぎても乾燥を招きますし、濃度が低すぎても効果は得られません。皮膚科などにおいても、5~10%くらいの濃度のビタミンC誘導体ローションが処方されることが一般的です。

皮膚科で処方してもらうには?

ビタミンC誘導体の化粧水は一部の皮膚科で処方してくれます。すべての皮膚科・クリニックで行ってはおらず、美容皮膚科のようなところではないと処方してくれないかもしれません。病院に問い合わせてみましょう。

店頭や通信販売などで購入できる?

ビタミンC誘導体の化粧水は、店頭や通信販売などでも購入できます。その場合は、成分名に「リン酸アスコルビルナトリウム」や「リン酸アスコルビルマグネシウム」といった「リン酸」と表記してあるものを選びましょう。

水溶性ビタミンC誘導体にも、いくつかの種類があり、例えばビタミンC(アスコルビン酸)とブドウ糖を結合させた「アスコルビン酸グルコシド」といったビタミンC誘導体も存在します。ですが、肌がこのブドウ糖をほどく酵素をもっていないためアスコルビン酸グルコシドでは期待したような効果は得られないとされます。

副作用や注意点

  • 水溶性ビタミンC誘導体は、濃度が高くなるにつれて肌が乾燥するようになります。オイリー肌でも乾燥度合いに合わせて保湿しましょう。
  • 直射日光を避け、冷暗所で常温保存しましょう。
  • ビタミンC誘導体ローションは、冷蔵庫保管ではなく常温で保管します。(温度変化によってビタミンCが結晶化してしまうことがあります)。
  • 日にちが経つほどビタミンCの効果がなくなっていくため、できるだけ早めに使用しましょう。