ビタミンC誘導体の水溶性と脂溶性の違いとは?

ビタミンC ニキビやにきび跡の色素沈着を改善する方法の一つに、外用のビタミンC誘導体を使用した治療が有効です。

その理由は、ビタミンCが皮脂分泌抑制作用、抗酸化作用による皮脂酸化抑制、メラニン抑制作用、メラニン還元作用などの効果があるためです。また、美白作用により、しみ・そばかす治療にも効果的です。

そのビタミンC誘導体には、大きく分けて「水溶性ビタミンC誘導体」と「脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体」の2種類がありますが、それぞれ肌に対する作用に違いがあります。

水溶性ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体ローション 水溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンC(アスコルビン酸)に水溶性の別の物質を結合させたものをいいます。

普通のビタミンCでは、成分的に不安定で酸化されやすい欠点がありますが、別の物質と結合させることで、ビタミンCの安定性が劇的に高まります。

水溶性ビタミンC誘導体は「リン酸型」が有効

水溶性ビタミンC誘導体にはいくつかの種類がありますが、主にビタミンCにリン酸を結合させた「リン酸型ビタミンC誘導体」が使用されます。

その理由は、人間の身体がリン酸の結合をほどくホスファターゼという酵素をもつためです。リン酸型ビタミンC誘導体を肌に塗布すると、生体がもつ「ホスファターゼ」という酵素によってリン酸との結合がとれ、角質層のバリアを超えてビタミンCが肌の奥に浸透します。

リン酸型ビタミンC誘導体は、「リン酸アスコルビルMg」や「リン酸アスコルビルNa」などがあります。化粧品を選ぶ時、成分名に「リン酸」と表記されているビタミンC誘導体を選ぶのがポイントです。
【Amazon】リン酸型ビタミンC誘導体10%ローション

水溶性ビタミンC誘導体には、他にもビタミンCとブドウ糖(グルコース)が結合した「アスコルビン酸グルコシド」などもありますが、皮膚に塗布してもその結合をほどく酵素を十分にもっていないため、浸透力が得られない欠点があります。

(リン酸型)水溶性ビタミンC誘導体の効果・性質

  • 脂溶性ビタミンC誘導体と比較して即効性がある。
  • 脂溶性ビタミンC誘導体と比較して持続性が低い。
  • 水溶性であるため化粧水として使用可能で、脂浮きが激しい肌質(オイリー肌)に適している。
  • 肌に塗布すると乾燥することがある。乾燥肌には不向き。
  • 刺激を感じる人もいる。リン酸アスコルビルMgよりリン酸アスコルビルNaの方が若干刺激性が強い。

脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体

脂溶性ビタミンC誘導体 脂溶性ビタミンC誘導体は、主にビタミンC(アスコルビン酸)に脂肪酸を結合させたものをいいます。

肌に塗布すると生体内の酵素によるエステル結合がとれて(ビタミンCと脂肪酸との結合がとれて)、ビタミンCが皮膚の奥で持続的な効果を発揮します。脂肪酸は皮脂にも含まれる安全な成分です。

脂溶性ビタミンC誘導体の種類

脂溶性ビタミンC誘導体にはいくつかの種類がありますが、パルミチン酸アスコルビルやテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(略称:VC-IP)が有名です。

パルミチン酸アスコルビル

ビタミンCとパルミチン酸(脂肪酸の一つ)が結合した脂溶性ビタミンC誘導体。脂溶性のビタミンC誘導体として古くから使われていますが、使用感が悪いことや安定性が悪くて変質しやすい欠点があります。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(略称:VC-IP)

ビタミンCとイソパルミチン酸(脂肪酸の一つ)が結合した脂溶性ビタミンC誘導体。新型脂溶性ビタミンC誘導体ともいわれます。安定性と吸収性に非常に優れ、脂溶性ビタミンC誘導体の中では効果と安定性が高いとされます。
【Amazon】脂溶性ビタミンC誘導体(VCIP)10ml(化粧品原料)

脂溶性ビタミンC誘導体の効果と性質

  • 脂溶性ビタミンC誘導体は皮脂膜と馴染んで皮膚のバリアを超えるため浸透性が高い。
  • 水溶性ビタミンC誘導体と比較すると即効性は低い。
  • 長い時間かけて皮膚に吸収されるため肌への持続性が高い。
  • 高い濃度でも刺激性が低い。敏感肌にも使いやすい。
  • 水溶性ビタミンC誘導体のような乾燥をまねくことがないため、乾燥肌にも使用できる。
  • 脂溶性であるため美容液やクリームなどに配合される。オイリー肌には向かない。