乾燥肌のニキビには脂溶性ビタミンC誘導体が効果的

化粧品を選ぶ写真 ニキビ・吹き出物は、肌の乾燥によってターンオーバーが乱れ、角質が毛穴をふさいでしまうことで引き起こされることがあります。

そして、乾燥肌はニキビ跡の赤みや炎症性色素沈着も治りにくい傾向があります。そのような乾燥肌のニキビケアには「脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体」が有効です。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体ローション ビタミンC誘導体とは、ビタミンC(アスコルビン酸)の構造に改良を加えて、皮膚への浸透性と安定性を高めた成分をいいます。

肌には皮脂膜や角質層などのバリア機能があり、通常のビタミンCを肌に塗布してもほとんど浸透しない欠点がありますが、ビタミンCを別の物質と結合させてビタミンC誘導体という形にすることで皮膚への吸収性が向上し、ビタミンCとしての効果を充分に得ることができます。

また、ビタミンCは性質的に不安定で酸化されやすい欠点がありますが、別の物質と結合させることで成分的に安定性を高めることができます。

ビタミンCの皮膚における効果とは?

  • 皮脂分泌を抑制しオイリー肌を改善する。
  • 抗酸化作用があり、活性酸素を消去して皮脂の酸化を防ぐ。
  • チロシナーゼ酵素を阻害してメラニン色素の生成を抑制し、ニキビによる炎症後色素沈着を予防・改善する。
  • 還元作用により、ニキビ痕の色素沈着を薄く淡色化する。
  • ニキビが治った後の赤みを改善する。
  • コラーゲン増生を促し、ニキビ跡の凹みを改善する。(ただし、外用としてのビタミンC誘導体では深い凹みには大きな効果はありません)。
  • 表皮細胞を活性化させ肌老化を予防する。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には大きく分けて「水溶性ビタミンC誘導体」と「脂溶性ビタミンC誘導体」の2種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体

にきび治療のポイント 水溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンCを「リン酸基」と結合させたものが一般的です。(他の物質と結合させたものもありますが、水溶性ではリン酸型が最も効果が高いです)。

肌に塗布すると人間がもつ酵素(ホスファターゼ)によって結合がとれて皮膚内でビタミンCの効果を得られることができます。

「リン酸型アスコルビルMg」や「リン酸型アスコルビルNa」などがあります。濃度にもよりますが塗布すると乾燥をまねくことも多いです。オイリー肌タイプに非常に有効です。

脂溶性ビタミンC誘導体

脂溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンCに主に脂肪酸などを結合させて安定化させた成分です。肌に塗布すると人間がもつ酵素(エステラーゼ)によって結合がとれて、皮膚深くでビタミンCの効果を得ることができます。

脂溶性ビタミンC誘導体で有名なのは、「パルミチン酸アスコルビル」や「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(通称:VCIP)」などです。

また、水溶性と脂溶性の効果を合わせもつ「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(アプレシエ、略称:APPS)」などもありますが、安定性に難題があります。

ビタミンC誘導体の水溶性と脂溶性の効果の違い

水溶性ビタミンC誘導体

浸透性水溶性であるため皮膚内部への吸収性は低い。
持続性即効性が高いが持続性が低い。
刺激性水溶性で即効性があるため、塗った後は乾燥したり、刺激性を感じることがある。

脂溶性ビタミンC誘導体

浸透性脂溶性で皮膚バリアを容易に超えるため吸収性が高い。
持続性即効性はないが持続性が高い。吸収がゆっくり。
刺激性脂溶性なので乾燥がなく、ゆっくり効くため刺激性は低い。

乾燥肌には脂溶性ビタミンC誘導体が理想

女性看護師のアドバイス画像 ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性の2種類がありますが、水溶性の場合は肌に塗布するとやや刺激性があり乾燥をまねく欠点があります。

肌質がオイリー肌(脂性肌)であれば水溶性ビタミンC誘導体が理想ですが、肌が乾燥する人の場合は刺激性が少なく肌深くに浸透する脂溶性ビタミンC誘導体のほうが理想的です。

脂溶性ビタミンC誘導体の種類

パルミチン酸アスコルビル

パルミチン酸アスコルビルは、ビタミンCにパルミチン酸(脂肪酸の一つ)を結合させた脂溶性ビタミンC誘導体です。

油溶性なので、肌に塗布すると穏やかなペースで皮脂膜や角質層などのバリアを超え、さらに皮膚に存在する酵素によって結合がほどけて「ビタミンC」と「パルミチン酸」に分解され、肌内部でビタミンCが持続的に効果を発揮します。

一方のパルミチン酸は皮脂中にも存在する脂肪酸で安全な成分です。

なお、パルミチン酸アスコルビルは脂溶性のビタミンC誘導体として古くから使われていますが、使用感が悪いことや安定性が悪くて変質しやすい欠点があります。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(略称:VCIP)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)とは、ビタミンCにイソパルミチン酸という脂肪酸を結合させた脂溶性ビタミンC誘導体です。通称「VCIP」といわれ、「新型脂溶性ビタミンC誘導体」ともいわれます。

油溶性なので、肌に塗布すると穏やかなペースで皮脂膜や角質などのバリアを超え、さらに皮膚内の酵素によって結合がとれて「ビタミンC」と「イソパルミチン酸」に分解され、ビタミンCが持続的に皮膚内で効果を発揮します。

一方のイソパルミチン酸は皮脂中にも含まれる脂肪酸で安全な成分です。VCIPは脂溶性ビタミンC誘導体の中で最も安定性が高いといわれています。

脂溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンCと結合する物質によって様々な種類がありますが、安定性と吸収性と考慮すると現在ではVCIPが最も理想的だと思います。