絶縁針脱毛が適している部位一覧「ワキ、陰毛、眉毛、ヒゲ」

皮膚に針を刺す画像 レーザー脱毛とは異なる永久脱毛法に「絶縁針脱毛」という方法があります。絶縁針脱毛とは、皮膚と接触をしないように「絶縁」された電気針(絶縁針)を使用して毛穴に挿入し、電気を流すことで毛根を破壊する方法です。これによって毛をほぼ永久的に生えなくさせることができます。

一般に、永久脱毛というと「レーザー脱毛」というイメージがありますが、部位や肌の状態によってはレーザーよりも絶縁針を使った方法が適しているケースがあります。では、どういった場合が絶縁針脱毛が向いているのでしょうか。

絶縁針脱毛が理想的な身体の部分とは?

眉毛の永久脱毛

眉毛 眉毛を理想的な形に整えながら永久脱毛を行うにはレーザー脱毛よりも絶縁針脱毛が適しているケースが多いです。レーザー脱毛と違い、一本一本の毛を永久脱毛できるので、眉毛を細かに整えたい、眉毛の量・本数を少し減らしたいなどの場合に理想的な方法かもしれません。また、眉間の毛がつながっていたりするような場合でも有効です。ただし、顔の肌はデリケートなので電気針を使った永久脱毛には注意が必要です。

男性のヒゲ

ヒゲ 男性の濃いヒゲの場合、毛根が深い部分にあることや再生力が高いためレーザー脱毛ではなかなか効果が現れないことがあります。さらに毛が太くて密集度が高いため、レーザー脱毛では非常に強い痛みを伴うことがあります。そういった男性の濃いヒゲを永久脱毛する場合は、絶縁針脱毛が理想的なケースがあります。また、全体的に毛がないツルツルの肌にするのではなく、一本一本を間引いて薄くしたいという場合に絶縁針脱毛は向いているかもしれません。

ただし、顔は身体の中でも重要なパーツで皮膚が薄くでデリケートであるため毛穴のブツブツが目立ちやすい部分です。また、フェイスラインは体質によっては肥厚性瘢痕、ケロイドも発生しやすい傾向があります。

レーザー脱毛後にまばらに残った毛

レーザー脱毛といっても完全なツルツル肌を実現することは難しく、まばらに毛が残ってしまうことがあります。レーザー脱毛後でもうっすら細い毛が残ったりします。そいういった場合にも絶縁針脱毛が適しているかもしれません。

ワキの完全脱毛

ワキの永久脱毛といえばレーザー脱毛が一般的ですが、絶縁針脱毛によっても永久脱毛を実現することが可能です。レーザーの場合は、完全な永久脱毛を得られないこともありますが、絶縁針脱毛では毛根を確実に破壊していくため、ほぼ完全な永久脱毛を実現することができます。ところが、肌へのダメージが強いことやレーザー脱毛よりも時間がかかることが欠点です。

ワキに対する絶縁針脱毛は、最初の4~5回をレーザー脱毛を行って、それでも残った部分を絶縁針で脱毛するという方法が理想的かもしれません。

陰部・アンダーヘア(Vライン、Iライン)

陰部 ビキニライン、Iライン、Oラインといった陰部、肛門周辺のムダ毛は、レーザー脱毛が適していないケースもあります。レーザー脱毛はメラニンのような黒い色素に反応するレーザーが毛に含まれるメラニンに反応して毛根、毛乳頭を破壊しますが、陰部や肛門周辺は元々メラニン(色素沈着)が多い部分であるため、レーザー脱毛では表面麻酔をしていてもとても強い痛みが伴ったり、施術が困難なケースがあります。また陰部はデリケートな部分ですので、ひどい炎症を起こしてしまうことがあります。

陰部は色素(メラニン)が多いため、炎症を起こしてしまうと色素沈着も濃く残ってしまいがちです。そういった陰部のメラニンが多い部分には、レーザー脱毛よりも電気針(絶縁針)による脱毛法が理想的なケースがあります。また、レーザー脱毛を行っても残ってしまう毛に対して絶縁針脱毛を行うことも方法の一つです。

ワキガの場合

ワキガは、主にワキに発達しているアポクリン汗腺から分泌される汗が原因となって発生します。アポクリン腺から分泌される汗は、たんぱく質や脂質、アンモニアなど含み、それを皮膚常在菌が分解することで悪臭を放つようになります。これがワキガの原因です。

そのアポクリン腺は毛穴とつながっているのですが、絶縁針脱毛によって毛根を破壊することで同時にアポクリン線にダメージを与えることができるとされます。アポクリン腺が損傷することで汗の分泌が抑えられ、ワキガの改善が期待できるとされます。ただし、絶縁針脱毛では劇的にワキガを改善する効果は低いのが現状です。

一方、レーザー脱毛ではレーザーの性質的にアポクリン腺に吸収されることはないため、ワキガに対する効果はありません。

色黒の人、日焼け肌

メラニンに反応して毛根を破壊するレーザー脱毛とは違って、絶縁針脱毛はメラニンの量に左右されずに永久脱毛を行うことができます。そのため、日焼け肌、色黒の肌、黒人の場合でも絶縁針脱毛は問題ありません。ただし、日焼けした肌はデリケートであるため、施術は日焼けが落ち着いてから行うのが理想です。

日焼けした肌は通常よりもメラニン色素が作られやすく、色素沈着を起こしやすい状態になっています。

レーザーに反応しない茶色い毛、白い毛(白髪)

白髪のヒゲ レーザー脱毛は体毛に含まれるメラニン色素に反応して脱毛効果を得られますが、茶色の毛ではメラニンが少ないためレーザー脱毛での効果が得られにくい傾向があります。また、白髪の場合はメラニンがほとんどないため、レーザー脱毛では効果がありません。一夫、絶縁針脱毛では、毛穴に針を挿入して熱を与えて毛根を破壊する方法なので、毛の色(メラニン色素の量)に関係なく脱毛ができます。