従来の電気針脱毛と絶縁針脱毛の違いとは?

針を使った脱毛治療の画像 レーザー脱毛が確立していなかった時代は、永久脱毛というと電気針を使った脱毛が一般的でした。現在ではレーザー脱毛が劇的に普及したことで電気針を使った脱毛法の影が薄くなってしまいましたが、それでも電気針脱毛は従来と違って確実に進化しています。それが絶縁針脱毛です。

電気針脱毛も絶縁針脱毛もどちらも電気を通すことができる針を使った脱毛法ですが、絶縁針脱毛は機能的にヤケドや毛嚢炎などの肌トラブルを大きく軽減できる工夫がされています。

電気針脱毛と絶縁針脱毛の違い

電気針脱毛

電気針脱毛とは、電流を流して毛根を破壊する永久脱毛法です。毛包に電気針を刺して通電し、高い熱ダメージを与えることで発毛機能を破壊します。その結果永久脱毛効果を得られというものです。

レーザー脱毛がなかった頃はこの方法が一般的でしたが、電気針が皮膚と接触して余計なダメージが加わり、痛み、ヤケド、色素沈着などの肌トラブルが起こりやすい欠点がありました。

そこで、欠点が多い電気針脱毛を工夫して改良を加えたのが「絶縁針脱毛」です。

絶縁針脱毛

電気針脱毛と絶縁針脱毛の違い 絶縁針脱毛とは、皮膚に接触する部分が絶縁された針(絶縁針)を使用し、皮膚への余計なダメージが加わらないように改良された電機針です。

治療中の痛みやヤケド、色素沈着などが起こりにくいメリットがあります。電気熱による皮膚表面へのダメージをなくし、毛根だけに熱を与えて発毛機能を破壊することができるのが絶縁針脱毛です。

「絶縁針脱毛」と「電気針脱毛」は、どちらも電流を流して脱毛効果を得る「電気針」を使った脱毛法ですが、従来のトラブルが多かった電気針脱毛と区別するため「絶縁針脱毛」と「電気針脱毛」は区別されて認識されています。

電気針脱毛は医療機関で行われるべき脱毛方法

女性看護師の画像 一部のエステサロンでは電気針を使った脱毛法を行っているところがあるようです。ただし、基本的に針を皮膚に刺すという行為は医療行為であり、エステサロンでは行われるべきではありません。

皮膚に針を刺す治療によってもし感染症を引き起こしたり、炎症を引き起こしたりすれば、医療機関では消炎剤、抗生物質などを処方できますが、エステサロンではそういった薬を処方することはできません。針を皮膚に刺す行為は必ず○○○皮膚科、○○○クリニックといった医療機関で行ってもらいましょう。