ロキソニンゲルはニキビや毛嚢炎にも効く!使い方や副作用について
ロキソニンゲル1%は、外用の鎮痛消炎薬です。病院における処方薬の他に、市販薬でロキソニンSゲル1%という商品も販売されています。市販品には名称に「S」が付いていて、医療用と同量配合されます。 ロキソニンゲルは、主に肩や...
エピデュオゲルは顔ニキビの使用が原則だけど胸や背中にきびにも使える
2016年11月より、保険適応のニキビ治療薬としてエピデュオゲルの販売が始まりました。 エピデュオゲルは、「アダパレン」と「過酸化ベンゾイル」の2種類の有効成分を配合した合剤であり、それぞれを単独で使うより...
マキロンsはニキビに効く?刺激でニキビや跡が悪化することもある理由
マキロンSは、殺菌消毒薬として販売されている市販のお薬です。主にすり傷や切り傷などに対して感染症を予防するために使用され、転んだ後の傷に使ったことがある人も多いと思います。 そして、この薬は殺菌薬なのでニキビや毛嚢炎な...
ヒルドイドローション(軟膏)がニキビに効く。悪化を予防する使い方について
ニキビが大きく腫れるほど治るまで長い時間がかかり、さらにニキビ跡も強く残ってしまいますね。 そのような炎症性の赤ニキビの治りを良くするために、皮膚科では専門のニキビ治療薬と一緒にヒルドイドローション0.3%(または軟膏...
ベトノバールGクリーム(軟膏)が効くニキビの状態。使い方や副作用の対処について
ベトノバールGクリームは、抗生物質とステロイドを配合した皮膚科で処方される塗り薬です。このお薬は、リンデロンVGという外用薬のジェネリック(後発品)で、クリームタイプの他に軟膏タイプのベトノバールG軟膏があります。 主...
テラマイシン軟膏が赤ニキビに効く。使い方や副作用、薬が効かない対処について
テラマイシン軟膏は、抗生物質を主成分とした外用薬です。市販薬としても販売されている他に、皮膚科の処方薬の一つでもあります。 この塗り薬は、細菌が原因となる様々な皮膚の炎症に対して効果を発揮します。主に毛嚢炎やおでき(せ...
ドルマイシン軟膏が炎症ニキビに効く。効果的な使い方や副作用について
ドルマイシン軟膏は2種類の抗生物質を配合した市販の塗り薬です。このお薬は「細菌」が関係する皮膚炎、化膿性疾患の改善や予防に効果があります。 主に化膿性の毛嚢炎やおでき(せつ)、とびひなどに効果があるとされています。そし...
ドルマイコーチ軟膏のニキビ改善効果。副作用を予防する使い方
ドルマイコーチ軟膏は、2種類の抗生物質とステロイドが含まれた市販の塗り薬です。指定第2類医薬品となります。 このお薬は細菌が原因となる化膿性の皮膚病に良く効きます。主に、悪化した毛嚢炎やおでき、とびひなどに効果を発揮し...
【画像】ナジフロキサシンクリームはニキビや毛嚢炎に効果大。使い方、副作用について
ナジフロキサシンクリーム1%は皮膚科で処方される抗菌薬を主成分とした塗り薬です。クリームの他にローションタイプの「ナジフロキサシンローション1%」の2種類があります。 この塗り薬は様々な細菌に対して優れた抗菌作用を示し...
【画像】ナジフロクリーム(ローション)のニキビ改善率。使い方、副作用について
ナジフロクリーム1%は皮膚科で処方される外用抗菌薬です。この外用薬はアクアチムという製品のジェネリック医薬品で、クリームタイプと「ナジフロローション1%」の2種類があります。 主成分はナジフロキサシンで、主にニキビや毛...
ベトネベートN軟膏ASのニキビ改善効果、副作用を予防する使い方のポイント
ベトネベートN軟膏ASは、第一三共から販売されているステロイドと抗生物質の2種類の有効成分を配合した市販の外用薬です。ステロイド配合剤であるため指定第2類医薬品となります。 この塗り薬はステロイドによって皮膚の炎症をし...
クロマイP軟膏ASはニキビに使っていい?効果と使い方、副作用の対処について
クロマイP軟膏ASは、第一三共から販売されている2種類の抗生物質とステロイド薬を配合する市販の外用薬です。ステロイドを含むため指定第2類医薬品となります。 ステロイドと抗生物質を組み合わせることで、細菌が原因となる毛嚢...
クロロマイセチン軟膏2%Aが赤ニキビに効果的。使い方や副作用、薬が効きにくい耐性菌について
クロロマイセチン軟膏2%Aは、抗生物質を配合した市販の塗り薬です。第2類医薬品に分類されます。 この塗り薬は細菌が原因となる化膿性皮膚疾患に効果があります。主に化膿した毛嚢炎、おでき、とびひなどに適応します。 ...
クロマイN軟膏は赤ニキビに効果大。使い方や副作用の対処について
クロマイN軟膏は抗生物質や抗真菌薬などの3種類の抗菌薬が含まれる市販の塗り薬です。 このお薬は、細菌が原因となる化膿性皮膚病に効果があります。カンジダ菌などのカビの増加を抑えながら皮膚の腫れや赤みを治していきます。 ...
デルモゾールGクリーム(軟膏)のニキビ改善効果。使い方や副作用の対処について
デルモゾールGクリームは、ステロイドと抗生物質の2つの有効成分が含まれた皮膚科で処方される塗り薬です。リンデロンVGという外用薬のジェネリック医薬品となります。 クリームタイプの他に、デルモゾールG軟膏やデルモゾールG...
【画像】ニキビ治療薬エピデュオゲルの効果、使い方や副作用の対処について
エピデュオゲルは、「アダパレン」という成分と「過酸化ベンゾイル(BPO)」という成分の2種類の有効成分を組み合わせたニキビ治療薬です。 製薬会社はマルホで、2016年11月から保険適応の処方薬として販売が始まりました。...
【画像】ニキビ治療薬アクアチムクリームの効果。使い方や副作用について
皮膚科で処方されるニキビ治療薬の一つにアクアチムクリームという塗り薬があります。アクアチムは優れた抗菌作用によってニキビの原因菌を死滅させて腫れを治す効果があります。 ただし、抗菌薬であるため使い続けると薬が効きにくく...
ペアアクネクリームのニキビ治療効果、使い方や赤み刺激などの副作用について
ペアアクネクリームはライオンから販売されている市販のニキビ治療薬です。ドラッグストアなどでもよく見かけることができる人気のお薬です。 殺菌成分と消炎成分を同時に含み、ニキビに対して素早い効果をもたらします。一方でこのお...
【画像】ダラシンTゲルのニキビ改善率。効果と使い方、副作用の対処法
皮膚科で処方されるニキビ治療薬に「ダラシンTゲル1%」という塗り薬があります。 ダラシンTゲルは優れた抗菌効果によってニキビの原因菌を減少させ、ニキビの炎症をより早く治す効果がある外用薬です。 また、ニキ...
【画像】ニキビ治療薬クリンダマイシンゲルの改善率。使い方と副作用の問題
皮膚科で処方されるさまざまなニキビ治療薬の一つにクリンダマイシンゲル1%という塗り薬があります。 クリンダマイシンは抗生物質の一つで、ニキビの原因となる細菌を素早く抑制する目的で処方されます。とても良い効果...
消炎薬スタデルムクリームが炎症ニキビを治す。薬の効果と使い方や副作用
皮膚の炎症を抑制する治療薬にスタデルムクリームという塗り薬があります。スタデルムクリームは非ステロイド系消炎薬で、炎症性の皮膚疾患の治りを良くする働きがあります。 主に湿疹やアトピー性皮膚炎を中心に、ステロイド治療が難...
ニキビ治療薬ゼビアックスローションの効果。使い方や副作用の危険性
病院で処方されるニキビ治療薬の一つにゼビアックスローション2%という塗り薬があります。 ゼビアックスローションは非常に優れた抗菌作用があるお薬で、ニキビの原因菌を素早く減少させてニキビの腫れを治す効果があります。 ...
ニキビ治療の塗り薬「抗生物質(抗菌薬)」一覧
皮膚科では炎症や腫れが大きくなったニキビ・吹き出物に対して抗生物質(抗菌薬)の塗り薬がよく処方されます。 抗生物質は、ニキビの原因菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌を素早く減少させて炎症や腫れを治すお薬です。 ...
オロナインH軟膏がニキビに効果的。全成分・添加物の効能と副作用
オロナインH軟膏は、日本で古くから販売されている抗菌軟膏剤です。 主にニキビ・吹き出物に対して使用され、優れた抗菌作用や即効性があることなどから家庭のニキビ治療薬として世代を超えて長年親しまれています。 ...
ビフナイトSニキビ治療薬の全成分の効果と副作用
ビフナイトとは、小林製薬から販売されているニキビケアブランドです。 市販のニキビ治療薬の中では「オロナイン」や「クレアラシル」などと共に高い知名度があります。 今回はビフナイトシリーズの中でも様々な有効成...
ピンプリットでニキビ治療。有効成分と添加物の「全成分」効能
ピンプリットとは、資生堂から販売されている市販のニキビ治療薬です。 国内で古くから販売されており、主に殺菌作用とピーリング作用、消炎作用などによってニキビの悪化や発生を予防します。 ここではピンプリットの...
クレアラシル「ニキビ治療薬クリーム」の効果と全成分の効能
ニキビに効く市販の治療薬に「クレアラシル」があります。 クレアラシルは、英国の化粧品会社レキットベンキーザー社から発売されている世界的に有名なニキビ治療薬のブランドです。日本でもニキビケアブランドとして長く販売され、知...
トレチノイン濃度の目安「しみ治療とニキビ治療編」
ニキビ治療やシミ治療にトレチノインという塗り薬が使用されることがあります。 トレチノインは、ビタミンA誘導体の一つで、肌細胞の分裂を促進させてターンオーバーを促したり、角質を剥がして毛穴つまりやニキビを予防する働きがあ...
トレチノインのニキビ治療効果。使い方と副作用の対処法
ニキビ治療に効果的な塗り薬の一つにトレチノインという外用薬があります。 トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種で、角質を剥がす作用やターンオーバーを促進する働きがあり、毛穴つまりやニキビの芯(角栓)の形成を予防したり...
ダラシンTゲルでニキビのかゆみや赤みが悪化。原因と副作用の対処法
ニキビ治療に対してダラシンTゲルという塗り薬が処方されることがあります。 ダラシンTゲルとは、クリンダマイシンというリンコマイシン系の抗生物質を主成分とした外用薬です。ダラシンTゲルとダラシンTローションの2種類の形状...
ゲンタシンクリーム(軟膏)のニキビ治療効果。使い方と副作用
ニキビ治療にゲンタシンクリーム、またはゲンタシン軟膏という塗り薬が処方されることがあります。 ゲンタシンクリームは、ゲンタマイシンというアミノグリコシド系抗生物質を主成分とした外用薬です。 ゲンタマイシン...
ベシカムクリームがニキビのかゆみや痛みを治す。その効果と副作用
ニキビの炎症やかゆみ、赤みなどを改善したい場合、ベシカムクリーム5%という塗り薬が効果的なケースがあります。 ベシカムクリームは非ステロイド系の抗炎症薬で、炎症性の皮膚疾患に効果を発揮します。 主に湿疹、...
ディフェリンゲルとトレチノインの効果と副作用の違い。どっちがニキビに効く?
ニキビ治療によく使用される保険適応の塗り薬の一つに「ディフェリンゲル」という外用薬があります。 ディフェリンゲルは、ビタミンA誘導体と似たアダパレン(ナフトエ酸誘導体)を有効成分とした塗り薬です。 200...
【画像】ディフェリンゲルのニキビ治療効果。使い方と副作用の対処法
ニキビ治療によく使用される外用薬にディフェリンゲルという塗り薬があります。 ディフェリンゲルはレチノイド(ビタミンA誘導体)に似た作用をもつナフトエ酸誘導体(アダパレン)を主成分とした塗り薬で、ニキビ治療において世界的...
【画像】イオウカンフルローションのニキビ治療効果。使い方と副作用
ニキビ、吹き出物に対して有効な外用薬の一つに「イオウカンフルローション」というお薬があります。イオウカンフルローションは、主成分のイオウ(硫黄)とカンフルを組み合わせた塗り薬です。 現在は皮膚科では処方されることが少な...
ニゾラールローションが効果的なニキビとは?使い方と添加物の副作用
にきび治療に対して、ニゾラールローション(一般名:ケトコナゾール)という塗り薬が有効なケースがあります。 ニゾラールローションとは、イミダゾール系の外用抗真菌薬(塗り薬)で、皮膚科で処方されるお薬です。細菌ではなくカビ...
フルコートFはニキビに逆効果?「副作用」と理想的な使い方
フルコートF軟膏とは、「フルオシノロンアセトニド」というステロイドと、「フラジオマイシンという抗生物質が配合された外用薬(塗り薬)です。 ステロイドの抗炎症作用・免疫抑制作用と、抗生物質の抗菌作用の2つの効能によって細...
テラコートリル軟膏はニキビに逆効果?「副作用」と理想的な使い方
テラ・コートリル軟膏とは、「ヒドロコルチゾン」というステロイドと、「オキシテトラサイクリン」というテトラサイクリン系抗生物質を配合した塗り薬です。 ステロイドの抗炎症作用・免疫抑制作用と、抗生物質の抗菌作用の2つの効能...
ニキビに対するリンデロンVGの効果的な使い方「副作用と危険性」解説
リンデロンVGとは、ステロイド(合成副腎皮質ホルモン剤)と抗生物質が配合された外用薬(塗り薬)です。 ステロイドの炎症を抑制する作用と、抗生物質の抗菌作用の2つの効能によって、細菌感染を予防改善しながら皮膚炎を治すこと...
ベピオゲルのニキビ治療効果。薬の使い方と副作用の対処法
ニキビ治療において、皮膚科で処方される効果的な塗り薬の一つに「ベピオゲル2.5%」というお薬があります。 ベピオゲルは過酸化ベンゾイル(BPO:ベンゾイル・パーオキシド)を有効成分としたニキビ外用治療薬で、腫れや炎症を...
デュアック配合ゲルのニキビ治療効果。使い方や副作用の危険性
皮膚科で処方されるニキビ外用治療薬に「デュアック配合ゲル」という塗り薬があります。 デュアック配合ゲルは、殺菌作用やピーリング作用がある「過酸化ベンゾイル(BPO)」と、リンコマイシン系抗生物質の「クリンダマイシン」の...
過酸化ベンゾイルがニキビに効く? 副作用と理想的な使い方
過酸化ベンゾイル(BPO)とは、酸化剤の一つです。略名でBPO(benzoyle peroxide=ベンゾイル・パーオキサイド)と呼ばれます。 過酸化ベンゾイルは、主に酸化剤として様々な用途に使用されますが、アクネ菌(...
トレチノイン酸が日本で認可されない理由
トレチノイン(レチノイン酸の一種)とは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性がビタミンAの数十倍ある成分です。トレチノインには、角質を剥がす作用や皮膚細胞を増殖する作用などがあり、ニキビ治療やシミ治療などに用いられることがあ...
ディフェリンゲル(アダパレン)で「赤み・かゆみ・ヒリヒリ」が発生する原因
ディフェリンゲルとは、レチノイド様作用(ビタミンA誘導体に似た作用)を有する「ナフトエ酸誘導体アダパレン」を主成分とした外用ニキビ治療薬(塗り薬)です。 製品名をディフェリンゲル、一般成分名を「アダパレン」といいます。...
トレチノインを使ってはいけない部位と反応が強く現れる部分
トレチノイン(レチノイン酸)とは、ビタミンAの誘導体の一つで生理活性が一般的なビタミンA(レチノール)の数十倍ある成分です。角質を剥がして毛穴つまりを予防する作用や、表皮細胞の増殖を促してターンオーバーを促進する作用などの効果により...
ティーツリーのニキビ殺菌効果と使い方「副作用と注意点」
ティーツリーオイルとは、オーストラリア原産フトモモ科植物ティーツリーの樹木から抽出された液状のオイルです。ティーツリーオイルには、優れた殺菌・抗菌作用、消毒作用があり、また副作用が少ないことから様々な皮膚病に対して使用されます。ティ...