外傷性刺青(外傷性タトゥー)の原因と治療 レーザー治療で治る?
外傷性刺青(がいしょうせいしせい)とは、皮膚にすり傷や切り傷ができたときに、砂利などの汚れを洗い流さないままにして傷口が治ると、汚れが皮膚に残って色素沈着を起こしてしまう現象です。 皮膚の中になんらかの色素が残ってしま...
手術・切除縫合や植皮(皮膚移植)によるタトゥー(入れ墨・刺青)除去治療
タトゥー(入れ墨・刺青)を消す場合、綺麗に消すにはレーザー治療が第一選択肢です。ただし、タトゥーの面積が広範囲だったり、レーザーでのタトゥー消し治療が難しい場合には、手術による除去が有効となります。 手術によるタトゥー...
レーザー治療による入れ墨・刺青・タトゥー消しの効果とは?
若者を中心にファッション感覚でカラダにタトゥー(刺青・入れ墨)を入れる人は少なくありません。ですが、タトゥーを入れている人に対しての社会的な意識・偏見や、就職の問題などで、一度入れたタトゥーを除去したいと希望する人も少なくありません...
尋常性白斑(皮膚の色抜け)の原因と治療方法
尋常性白斑とは、皮膚の色素が抜けてしまい、肌が部分的、あるいは全身にわたって白くなってしまう皮膚疾患をいいます。世界的スターのマイケル・ジャクソンが罹患していたことで有名です。日本では、「シロナマズ」といったりします。全世界では0....
赤あざ・老人性血管腫の原因と治療方法 レーザー治療の効果とは?
老人性血管腫(ろうじんせいけっかんしゅ)とは、血管の拡張と増殖によって現れる1~4ミリ程度の赤い斑点をいい、赤あざの一つです。平らなものから、やや隆起したものもあり、ホクロが赤くなったような状態をしています。 ...
赤アザ・イチゴ状血管腫の原因と治療方法
イチゴ状血管腫(いちごしょうけっかんしゅ)とは、血管を構成する細胞の増殖によって引き起こされる血管腫で、イチゴのような形状をすることからこの名で呼ばれています。イチゴ状血管腫は、生まれてすぐに進行し、多くの場合は6~7歳ごろにまでは...
赤あざ・単純性血管腫の原因と治療方法 レーザー治療で治る?
単純性血管腫とは、皮膚に平らで境界明瞭な紅斑(赤ワイン色の斑点)が発生する血管腫で赤アザの一つです。別名では「ポートワイン血管腫」といいます。また、主に額にできる単純性血管腫を「サーモンパッチ」と呼ぶことがあります。出生時から発生し...
茶あざ・扁平母斑・カフェオレ班の原因と治療方法 レーザー治療で扁平母斑は治る?
扁平母斑とは、茶色のアザがカラダの様々な場所に扁平的にできるものをいいます。メラニン色素が皮膚の浅い層に増加して発現し、均一な色調で境界がはっきりしているのが特徴です。 茶アザの中には、主に肩や腰まわりに濃い発毛を伴っ...
青あざ・青色母斑の原因と治療法
青色母斑(せいしょくぼはん)とは、メラニン色素を含む母斑細胞の増殖によって発生する青あざの一つで、ホクロのような若干の盛り上がりを伴っています。メラニンが真皮層の深い層に存在することで青黒く見えるのが特徴です。 ...
青あざ・持続性蒙古斑・異所性蒙古斑の原因とレーザー治療
蒙古斑(もうこはん)とは、出生時に赤ちゃんのお尻に先天的に発生する青あざ(母斑)をいいます。生後2歳ごろまで色素が強くなりますが、その後は成長と共に薄くなり、10歳前後までにはほとんど自然消失します。ただし、蒙古斑が自然に消えずにそ...
青アザ・太田母斑・伊藤母斑の原因とレーザー治療法
太田母斑(おおたぼはん)とは、濃い青色の小さな斑点が集まったものが、主に顔面の目の周囲を中心として現れる青アザをいいます。出生時から目立つ太田母斑と、思春期ごろから目立ってくる遅発性太田母斑があります。 日本人を含む東...
悪性黒色腫(メラノーマ)の原因と治療方法
悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)とは、メラニン色素を作り出すメラノサイト(色素細胞)が悪性化することによって引き起こされる悪性腫瘍です。皮膚がんの一つです。「メラノーマ」とも呼ばれます。 悪性黒色腫(メラノ...
ほくろ(単純黒子・色素性母斑)の原因と治療方法 レーザー治療でホクロは取れる?
ほくろとは、メラニン色素を含むメラノサイト(色素細胞)が密集して発生する母斑の一種です。平らなホクロを「単純黒子(たんじゅんこくし)」といい、盛り上がりのあるものを「色素性母斑(しきそせいぼはん)」や「母斑細胞性母斑(ぼはんさいぼう...
後天性メラノサイトーシス(ADM)原因と治療方法 レーザー治療がADMは改善する?
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)とは、顔面に発生する真皮性の色素性病変で、後天性の痣(あざ)の一つです。英語の「Acquired Dermal Melanocytosis」を略して「ADM」と呼ばれます。 ADM...
女子顔面黒皮症の原因と治療方法とは?
肌に合わない化粧品を使い続けることで、女子顔面黒皮症(じょしがんめんこくひしょう、別名:リール黒皮症)という色素沈着を起こすことがあります。その症状は、炎症が続くことで発生し、主に化粧品を多用する女性に多いことで知られています。 ...
摩擦黒皮症の原因と治療方法とは?
摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)とは、皮膚が繰り返し摩擦刺激を受けることでメラニン色素が皮膚に沈着して、黒ずんでくる症状をいいます。ナイロンタオルやボディブラシなどによって繰り返し刺激を受けることで引き起こされることが多いことから「...
脂漏性角化症(老人性疣贅・老人性イボ)の原因と治療方法とは?
脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは、イボのように盛り上がりをともなった色素斑で、皮膚の老化現象による良性腫瘍の一つです。 40代以降から発生することが多いですが、早い場合は20代からでも発生する人がいます。他に...
光線性花弁状色素斑の原因と治療方法とは? レーザー治療の効果
光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)とは、強い紫外線を一気に浴びた後にできやすい淡い褐色から黒褐色の色素沈着で、花びらが散ったような形をしていることからこの名が付けられています。 ...
炎症後色素沈着の原因と治療方法 炎症性色素沈着を予防するには?
炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)とは、皮膚が炎症を起こし、炎症が治まった後に発生する茶色のシミ・色素沈着です。皮膚が炎症を起こせば一部分を除き全身どこでも発生する可能性があります。 特に、日本人を含む黄色...
肝斑(かんぱん)の原因と治療法
肝斑(かんぱん)とは、顔の目の下の左右対称にモヤモヤとできるメラニン色素が沈着したシミで、30代以降の女性に現れやすいシミです。肝斑は、たくさんの「斑点」が「肝臓」のような形で現れることからその名が付けられています。 ...
そばかす(雀卵斑)の原因と治療法
そばかすとは、皮膚にできるメラニン沈着性による色素沈着の一つで、一般的なシミと区別して遺伝的な要因で発生するものをいいます。一般的には「そばかす」といわれていますが、「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれ、シミの形状が雀の卵殻に似て...
老人性色素班(日光性黒子)の原因と治療法
老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)とは、老化や紫外線の影響によって引き起こされる一般的なシミです。他にも、「日光黒子(にっこうこくし)」「日光性黒子(にっこうせいこくし)」「日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)」などと呼ばれま...