海外・外国で販売されている化粧品は危険性がある?
外国・海外にいって化粧品を購入する人が増えているようです。海外旅行をする人や海外に長期滞在する人が増えたことで、海外メーカーの化粧品を購入するといったケースが多いようです。 また、ネットで海外の化粧品や医薬品を個人輸入...
化粧水や美容液などの化粧品は増やすほど肌トラブルをまねく?
シミ、くすみ、しわ、たるみ、ニキビなどの様々な肌トラブルを改善したいとして、あれもこれも化粧品を使っていると、かえって肌トラブルを起こす可能性があります。美肌になりたいとしてスキンケアにのめり込むと、それが肌老化を促していることもあ...
手作り化粧品は危険性が多い?「手作り化粧水」使用のポイント
近年、化粧水などを自分で成分を選んで作る「手作り化粧品」が人気のようです。 市販されている化粧品を使用して決められた配合成分でスキンケアするよりも、自分自身が有効成分を選んで使用できるため、美肌にこだわる女性にはとても...
化粧水・美容液などの化粧品・コスメは冷蔵庫で保管した方が良い?
化粧品は冷蔵庫で保管したほうが良いといわれることがあります。品質を安定させる目的で、冷蔵庫で保存している人は少なくないようです。 ただし、化粧品内の成分によっては冷蔵庫保管によって品質が悪化してしまうこともあります。 ...
一度開封した化粧品の使用期限は?
一度使わなくなっていた化粧品(例えば一度開封した化粧水、乳液、美容クリーム、ファンデーションなど)を月日が経過して再び使用するといった経験が女性なら一度はあると思います。その時に、化粧品の品質が悪化していないかどうか疑問に思うことが...
美肌のためには無添加化粧品を使ったほうがいい?
近年、肌への安全性や低刺激性のものを選択する人が増加し、「無添加化粧品」が注目されています。 このような変化は化粧品成分に対しての消費者側の認識の変化が大きく変化したことによるものですが、美肌のためには無添加化粧品を積...
高い化粧品を使い続けると肌老化が早くなる?
肌細胞を活性化させるような成分が高配合された高価な化粧品を使用していると、肌老化が加速してしまうのではないかといわれることがあります。 若いうちから高い化粧品を使っていると、肌が甘やかされて自己再生力が衰えてしまうので...
化粧品の着色料が原因でアレルギーやシミ・色素沈着を起こすことがある?
化粧品に含まれる着色料によってごくまれに肌トラブルを起こすことがあります。現在では精製技術や成分解析が進んだことで危険性の高い着色料が使用されなくなり、肌トラブルを起こすリスクが劇的に少なくなっていますが、人によっては肌に合わないこ...
化粧品の香料がシミ・色素沈着・アレルギーの原因になる?
化粧品に含まれる香料によってまれにアレルギーを起こしたり、シミ、色素沈着を引き起こすことがあります。化粧品の成分研究と精製技術が進化した現在ではそのような事例は極めて少なくなっていますが、昔はわりと少なくない事例でした。 ...
遺伝子研究の進歩による美白化粧品開発の変化とは?
現在では様々な美白成分が開発されて広く認知され、市販化粧品にも配合されるようになりましたが、その美白成分の開発の経緯には多くの段階があります。 安全な美白成分を開発するには長い期間を要し、大手メーカーを中心に現在も美白...
医薬品、医薬部外品、薬用化粧品の違いとは?
化粧品は、美容や皮膚の健康維持を目的として製造されて消費者に販売されます。 皮膚障害や皮膚の美容と健康を維持する製品には、医薬品、医薬部外品、薬用化粧品がありますが、それぞれ異なる分類として扱われます。 ...
美白化粧品に配合される美白有効成分一覧
シミ・色素沈着の原因となるメラニン色素は、紫外線や物理的な刺激などの影響によってメラノサイト活性化物質が発生し、それによってチロシナーゼという酸化酵素が活性し、チロシナーゼがアミノ酸のチロシンをメラニンに作り変えることで生み出される...