紫外線が肌細胞のミトコンドリア遺伝子を損傷させる? 紫外線の肌老化の関係
肌老化の原因の多くが紫外線による影響だといわれています。そして紫外線の影響による老化を「光老化」と呼んだりします。 その紫外線はシミ、そばかす、シワ、たるみ、などを引き起こす要因になりますが、肌細胞の遺伝子(DNA)そ...
紫外線は窓ガラスを通過して室内や車内でも日焼けする?
肌が老化する原因のほとんどが紫外線の影響だといわれています。その紫外線は窓ガラスを通過することがあり、室内にいても気づかないうちに紫外線を浴びていることがあります。 窓ガラスがどれくらい紫外線を通すのかを詳しく解説して...
晴れ、曇り、雨天などの天候による紫外線量の違い
透明感のある白い肌を目指すためには、シミやくすみを予防しなければいけません。 最も重要なのは紫外線を避けることですが、その紫外線は、晴れ、曇り、雨天など天候によって地上に降り注ぐ量に違いがあります。 ...
一日の紫外線量と年間の紫外線量のグラフ
肌老化は紫外線が関係しているといわれています。しみやしわ、たるみなども紫外線で悪化するようになります。 その紫外線は季節の変化によって地上に降り注ぐ量が大きく変化します。季節によって適切な紫外線対策をすることが美肌を維...
紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)の肌ダメージの違いは?
肌の老化をもたらす紫外線。シミやしわ、たるみなどの肌トラブルの元凶だとされます。 その紫外線には波長の違いによって、UV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)の3種類に分けられます。 ...
日焼けによるサンバーンとサンタンの違いとは?
強い紫外線を浴び続けると一般に日焼けという現象を引き起こします。 その日焼けは、大きく分けて皮膚が赤く炎症状態になる「サンバーン」と、皮膚が黒くなる「サンタン」といわれる状態の2タイプに分かれます。 今回...
眼球・目が紫外線を受けると全身のメラニン色素の合成が促進する?
紫外線は一年中地上に降り注ぎ、私たちの皮膚に影響を及ぼしています。 紫外線を浴びると、メラニン色素を作り出されて日焼けという現象を引き起こしますが、皮膚が直接紫外線を浴びなくても目に紫外線が入ることで全身のメラニン色素...
場所・環境・標高による紫外線量と反射率・散乱率の違い
シミ、ソバカス、肌のくすみなどの色素沈着の予防には紫外線を浴びないことが最も重要です。紫外線はシミの原因となるメラニン色素の合成を促すため、いかに紫外線を浴びないようにするかが重要になります。 紫外線は太陽が昇っている...
パウダーだけでも紫外線ブロック効果がある? パウダーファンデーションとUVケア効果
肌の負担は避けたいけど紫外線ケアをしたいという日には、簡単にパウダーファンデーションでUVブロックするのが理想的です。 パウダーファンデーションをしっかりと塗れば、普通の生活で浴びる紫外線量くらいは十分にブロックできま...
日焼け止め化粧品はクレンジング料で落としたほうがいい?
シミ、そばかす、肝斑などの色素沈着を予防するには、日常的な紫外線対策が必要です。特に日差しが強い時期に屋外に出る際は日焼け止めクリームをしっかり塗って日焼けを予防する必要があります。 そして、塗ったサンスクリーンをしっ...
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは? 肌への負担の違い
紫外線はしみ、しわ、たるみなどの肌老化を引き起こす原因になります。一説によると肌老化の大半が紫外線によるものだといわれており、いかに日常的な紫外線を予防するかが美肌のポイントになります。 日焼けを予防するには日常的なU...
日焼け止め化粧品の「SPF」と「PA」の表示の意味とは?
しみ、しわ、たるみなどの肌老化の原因の多くは紫外線による影響だといわれ、一説には肌老化のほとんどが紫外線ダメージによる影響だといわれています。 紫外線を予防するためには、紫外線を浴びないことはもちろん、屋外に出るときに...
SPF50などの紫外線ブロック効果が高い日焼け止めは皮膚への負担が大きい?
紫外線は、しみ、しわ、たるみなどの肌老化の大半を占めるといわれます。そのため、皮膚の老化を予防するには日常的な紫外線対策が不可欠です。 紫外線をブロックするには、日焼け止めが有効ですが、場合によっては日焼け止めコスメが...
紫外線予防に効果があるアイテムとは? 日傘、帽子、サングラス・・・
しみ、そばかす、しわ、たるみなどを予防するには、しっかりとした紫外線対策が必要です。 肌老化を加速させる多くの要因が紫外線の影響だといわれています。そのため、いかに日常的な紫外線を浴びないようにするかがエイジングケアの...
日焼け後の対処方法 赤み、ヒリヒリ感、水ぶくれ(水疱)の処置・スキンケア
皮膚の皮がむけたり、水ぶくれ(水疱)ができたり、皮膚が赤くヒリヒリするような日焼けをした後はシミ、色素沈着が現れやすくなります。 特に、普段から紫外線を浴びない生活をしている人ほど、日焼け後に色素沈着を起こしやすい傾向...
しみ・そばかす対策 紫外線対策・UVケアのポイント
シミ・そばかすの原因となるメラニン色素(黒色メラニン)が作られる原因の多くが紫外線による影響です。肌老化のほとんどが紫外線による老化だと言われ、紫外線によって進む老化を「光老化」と呼んだりします。 その紫外線には様々な...