ハイドロキノンの発がん性の危険性とは?「ハイドロキノンのリスク」
ハイドロキノンには発がん性のリスクがある可能性が指摘されています。ハイドロキノンは不安定な物質で、非常に酸化されやすく、使用状況によっては肌への負担が大きくなる問題を抱えています。 安定化されたハイドロキノンでは酸化の...
ハイドロキノンにはステロイドが配合されている?
ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を強力に抑制して肌を白く導く作用があります。また、メラニン色素を作り出す細胞そのものの働きを阻害するため、短期間で色素沈着を薄くできる効果があります。 美白効果が高いハイドロキノンで...
安定型(新型)ハイドロキノンとは?
ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニン色素の生成を促す酵素であるチロシナーゼの活性を抑える効果があり、メラニン生成を抑制して高い美白効果を得ることができる成分です。 ハイドロキノンは効果が高い反面、不安定な物質で...
ボディ(胸元・背中・腕・手の甲)へのハイドロキノン使用
背中や胸元、腕や手(手の甲)は年齢とともにしみが現れやすい部位です。比較的に皮脂分泌が多く、吹き出物が出来やすい背中や胸元は顔面と比較してターンオーバーが遅いため、ニキビなどで皮膚が炎症を起こすとシミになることがあります。 ...
顔面~首元にかけてのハイドロキノン使用
シミ治療に用いられるハイドロキノンは、顔から首元にかけてのシミ治療に使用することが多いと思います。顔の皮膚は新陳代謝も活発で、他の部位と比較して効果を得られやすい傾向があります。 顔面から首元へのハ...
ハイドロキノンは乳輪(乳首)・脇の下・お尻・ビキニラインの黒ずみにも効く?
乳輪(乳首)、腋(ワキ)の下、お尻、デリケートゾーン(ビキニライン)などの皮膚の黒ずみを解消したいという悩みは、美しくありたいと思う女性にとって人には言いにくい悩みの一つです。 ハイドロキノンは「肌の漂白剤」といわれて...
ハイドロキノンはレーザー治療後の炎症後色素沈着にも効果がある?
レーザー治療を行うと、場合によってはレーザー照射時のエネルギーによって色素沈着を起こすことがあります。レーザー照射後の色素沈着にはハイドロキノンがよく効きます。 レーザー治療後の色素沈着 Qスイッチレーザー治...
ハイドロキノンは傷跡・手術後の色素沈着にも効果がある?
ハイドロキノンは、美白剤の中でもメラニンの生成を強力に抑える働きがあり、皮膚を白く導く作用があります。そのため、メラニンが沈着した症状ならハイドロキノンによって改善できる可能性があります。 傷跡へのハイドロキノ...
ハイドロキノンはニキビ跡の炎症後色素沈着にも効果がある?
皮膚炎・ニキビなどによって皮膚が炎症を起こすと、炎症によってメラニンが過剰に生成されてシミや黒ずみ、色素沈着を引き起こします。 炎症後の色素沈着は、ターンオーバーによってしだいに薄くなっていきますが、新陳代謝が低下す...
ハイドロキノンが有効なシミ(しみ・そばかす・肝斑)
ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えてシミ(メラニンの沈着)を改善する効果があります。ただし、一概にしみといっても様々な種類があり、症状によって適した治療法が異なります。 ハイドロキノンではまったく効果がないシミもある...
ハイドロキノンの副作用と使用上の注意点とは?
ハイドロキノンは美白剤として高い効果がありますが、非常に不安定な物質であるため、適切な使用法を守らなければかえって肌トラブルにつながる可能性があります。そのため、性質をきちんと理解した上で安全に使用する必要があります。 ...
ハイドロキノンとトレチノインの併用治療とは?
ハイドロキノンはメラニンの生成を強力に抑える働きがありますが、同時に肌の生まれ変わりを促進させることができればさらに高い効果を得ることができます。トレチノインはターンオーバーを促す働きがあり、ハイドロキノンと併用することでより高いシ...
ハイドロキノンの安全な濃度とは?
ハイドロキノンは濃度が高くなるほど効果は高くなりますが、その反面、肌トラブルが起こる危険性が高くなります。シミ、そばかす、色素沈着などをかえって悪化させないために、肌に適した濃度のハイドロキノンを使用する必要があります。 ...
ハイドロキノンの塗り方・使い方・使用方法
ハイドロキノンは効果が高い反面、酸化すると刺激性が強くなるという問題を抱えています。そのため、ハイドロキノンの性質を理解して適切な使用方法を守る必要があります。 安定化されたハイドロキノンにおいても、従来のハイドロキノ...
ハイドロキノンの美白効果とは?
しみの原因であるメラニン色素は、チロシナーゼという酵素がアミノ酸のチロシンをメラニンに変化させて生成されます。このチロシナーゼは紫外線や活性酸素などの影響で活性化し、主にそれらの影響によってメラニンは過剰に生成されます。 ...
ハイドロキノンによる「シミ治療」美白効果・副作用・危険性とは?
ハイドロキノン(ヒドロキノン)とは、非常に強い美白作用がある成分で、シミの正体であるメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素そのものを淡色化する「還元作用」を有します。 即効性が高く、メラ...