美容皮膚科とエステサロンの脱毛施術の違いとは?

レーザー脱毛 肌の露出が多くなる季節になるとムダ毛が気になるところです。そういった時期になると美容クリニックやエステサロンなどで脱毛を希望する人も多くなります。

ただし、美容クリニックのような医療機関と、そうではないエステサロンでは脱毛の施術に大きな違いがあります。

エステサロンと医療機関の脱毛機器の違い

医療機関では医療レーザーが中心

ワキレーザー脱毛の画像 皮膚科、美容クリニックなどの病院で行われる脱毛は、基本的に医療レーザー脱毛機器を使って行われます。

日本では主に、アレキサンドライトレーザー(755nm)、ダイオードレーザー(800nm)、ヤグレーザー(1064nm)の3つが使用されます。

それらの医療レーザーは、毛に含まれるメラニンに吸収されて熱を発生させ、しっかりと毛根にダメージを与えることができます。

他にも、一部の医療機関ではIPL(光)と高周波を組み合わせた「フォトRF」などのレーザーとは違う治療器も使用されたりします。

エステサロンでは光脱毛が中心

レーザー脱毛 病院ではレーザー脱毛が中心ですが、エステサロンの脱毛器は特殊な光を発する機器を使ったものが多いです。IPL(インテンス・パルス・ライト)や、キセノンフラッシュを使用した機器がほとんどです。

それらは「IPL脱毛」「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「プラズマ脱毛」などの名称で行われています。他にも、高周波脱毛器という光脱毛とは違う脱毛治療を行っているところもあるようです。

エステサロンではレーザーを使用することはできない?

女性看護師の画像 エステサロンでは、医療機関で行われるような医療レーザー脱毛は禁止されています。

医療レーザーは医師免許をもった者のみが行える医療行為であり、エステサロンが医療レーザー脱毛を行えば「医師法違反」として処分されることがあります。

ただし、一部のエステサロンでは医療行為に当たらない出力レベルの脱毛機器で脱毛サービスを行っているところもあります。ただし、低い出力であれば効果はとても低くなります。

一部のエステサロンなどでは「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」などの名称で脱毛治療を提供していることがありますが、それらは医療機関で受けれるレーザー脱毛治療のような効果・即効性はほとんどありません。

なお、レーザーや光を使った脱毛は、出力の違いだけではなく波長や肌の濃さ、毛の濃さなどによって反応が大きく異なります。そのため、どこからが医療行為で、どこまでの範囲が医療行為でないのかを判断するのは難しいところです。

一般に永久的な脱毛効果を得るには毛根に60~70度の熱を与える必要があるとされ、そのレベルの熱を発生させるような脱毛行為を行うと医療行為とされます。

医療機関とエステサロンのレーザー脱毛・光脱毛の違い

脱毛の種類

  • 美容皮膚科などでは医療用レーザー機器が中心。レーザー以外では、フォトRF(IPL+高周波)という高周波を組み合わせた光治療も使用される。
  • エステサロンでは穏やかなレベルの光脱毛が中心。

即効性

  • 美容皮膚科におけるレーザー治療は、早い場合は1~2回で大きな効果を実感できる。永久的な脱毛や減毛効果が期待できるが、再び生えてくることもある。
  • エステサロンの光脱毛は、回数を繰り返さないと効果が現れにくい。治療継続によって毛が薄くなったり毛が抜けやすくなったりするが、永久的な効果は難しい。

ワキの脱毛回数の目安

  • 美容皮膚科のレーザー治療は、ワキの場合では1~2ヶ月おきに3~5回が目安です。
  • エステサロンの光脱毛は、永久的な効果は難しいため、月1~2回というように継続して続ける必要があります。

痛み

  • 美容皮膚科におけるレーザー治療は、毛根を破壊するほどのダメージがあるため、それだけ痛みも強くなることがある。
  • エステサロンの光脱毛は、出力が低いため、あまり痛くない。

アフターケア

  • 美容皮膚科では、トラブルが起こった場合は、消炎剤、抗生物質などを処方してもらえる。
  • エステサロンでは、トラブルが起こっても消炎剤などのお薬を処方してもらうことはできない。

施術費用・値段

  • 皮膚科におけるレーザー治療は、10000円前後(ワキ脱毛の場合)です。普及によって昔よりもずいぶん安くなりました。
  • エステサロンにおける光治療は、他のフェイシャルなどの施術とセットコースで10000円くらいが目安です。

光脱毛を行うエステサロンは少なくなった?

医療レーザー脱毛が普及してなかった時代はエステでも脱毛機器を使用したムダ毛処理がよく行われていました。ただし、レーザー脱毛が安い価格で受けられるようになった現在では、「光脱毛」などの施術を行うエステサロンは少なくなりました。

現在のエステの脱毛は、ワックス脱毛、ブラジリアンワックス脱毛、シェービング、除毛クリームなどの機器を使わない方法が主流になってきています。

針脱毛の違い

電気針脱毛は医療行為

絶縁針脱毛 脱毛法の一つに電気針脱毛という方法があります。電気針脱毛は毛穴に電気針を刺して電流を流し、その熱によって毛根を破壊することで永久的な脱毛をもたらすものです。「ニードル脱毛」などとも呼ばれます。

この電気針脱毛は、一部エステティックサロンなどでも行っていることがあるようです。ところが、皮膚に針を刺すという行為は医療行為であるため、医師免許を持たない人が行っていれば医師法違反となります。

アフターケアや施術後のトラブルを考慮しても、きちんとした医療機関で受けることが重要です。

エステサロンの「電気脱毛士認定証」に効果がある?

一部のエステサロンには電気針脱毛のスペシャリストとして「電気脱毛士認定証」という資格証を掲げているところがあります。

ところが、「電気脱毛士認定証」というのは民間の資格であり、公的な資格ではありません。

アメリカには公的な電気脱毛士の資格免許があり、その資格を取得した者のみが施術を行えることになっていますが、日本では公的に許されていません。

皮膚に針を刺す行為は細菌感染症などの危険性をともなうため「○○皮膚科」「○○美容クリニック」などの医療機関で行われるのが原則です。

もし感染症を起こして炎症を起こしたりすれば、医療機関では消炎剤や抗生物質を処方することができますが、エステサロンなどではそれらを処方することはできない欠点があります。