ロキソニン(ロキソプロフェン)が痛い化膿ニキビに効く。服用期間や副作用について
ロキソニンは、ロキソプロフェンを主成分とした消炎、鎮痛、解熱作用がある飲み薬です。病院で処方される他に、ロキソニンsという市販薬も販売されています。 ロキソニンは、炎症や痛み、発熱を抑える働きがあり、主に頭痛や生理通、...
風邪薬のイブプロフェンが化膿ニキビや痛いニキビに効く。持続時間や副作用について
風邪をひいて熱が出た時、多くの人は市販の風邪薬を飲んで治すと思います。近年、市販の風邪薬によく配合されているのが「イブプロフェン」という成分です。 イブプロフェンは、優れた消炎作用や解熱作用があり、その成分が風邪の諸症...
ビフロキシン配合錠のニキビや脂漏性皮膚炎への効果。飲み方と副作用について
皮膚科ではニキビに効く内服薬としてビフロキシン配合錠という飲み薬が処方されることがあります。 ビフロキシンは簡単にいうとビタミンB2とビタミンB6を配合したお薬です。それらのビタミンがニキビ肌荒れの予防や改善に効果を発...
ハイボン錠(リボフラビン)のニキビ改善効果。飲み方や副作用について
皮膚科ではニキビ治療においてハイボン錠というビタミン薬が処方されることがあります。 ハイボン錠はビタミンB2のお薬で、肌のターンオーバーを整えたり、脂質の代謝を促して皮脂分泌を抑制する働きがあります。 こ...
トスフロキサシントシル酸塩錠のニキビ治療効果。飲み方や副作用
皮膚科におけるニキビ治療は、一般に外用薬やビタミン製剤などを中心に処方されます。ところが、ニキビが重度化した場合は、抗菌薬(抗生物質)が使用されることがあります。 病院で処方される抗菌薬には様々な種類がありますが、その...
フラビタンのニキビ改善効果と副作用。脂性肌を治す理想的な飲み方
ニキビや吹き出物、脂漏性皮膚炎などは、皮膚科などで保険適応で治療を受けることができます。 病院ではニキビ治療に対して様々なお薬が処方されますが、その一つにフラビタン錠というビタミン剤が処方されることがあります。 ...
ニキビ治療にも使われたメサルモンF。代わりの漢方薬や女性ホルモン剤は?
かつて、女性の大人にきびに対してメサルモンFという内服薬が処方されることがありました。メサルモンFとは、女性ホルモンを中心に、微量の甲状腺ホルモンや男性ホルモンが含まれた総合的なホルモン薬です。 様々なホルモンを補うこ...
シプロフロキサシン錠のニキビ改善効果。服用方法と副作用の問題
ニキビや毛嚢炎(毛包炎)が皮膚の深い層で炎症を起こすと、強く腫れて早期に治りにくくなります。その場合は炎症跡もひどくなり、赤みが長く残ったり、黒ずんだシミが色濃く残ってしまうことがあります。 そのような炎症性の強いニキ...
アジスロマイシン(ジスロマック)のニキビ治療効果。飲み方と副作用の問題
ニキビや吹き出物、毛嚢炎などが悪化すると、化膿して硬く腫れてしまうことがあります。そして、跡も悪化して赤みや炎症後色素沈着もひどく残ってしまうようになります。 そのような炎症性が強いニキビや毛嚢炎などに対してアジスロマ...
ピドキサールが脂性ニキビに効果的。副作用や飲み方、医者が処方する理由
ニキビや吹き出物はビタミンが不足することで悪化することがあります。そのため、皮膚科ではニキビ治療に対してビタミン剤が処方されることがあります。その一つがピドキサール(一般名:ピリドキサール)というビタミンB6の内服薬です。 ...
にきび治療の飲み薬「抗生物質(抗菌薬)」一覧
炎症や腫れが進行したニキビに対して抗生物質(抗菌薬)の飲み薬を使用した治療が理想的なケースがあります。 抗生物質はにきびや吹き出物の原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌などを減少させて、早期に炎症をしずめる効果があります...
ニキビに効果的な漢方薬一覧
ニキビ治療に漢方薬がとても効果的なケースがあります。漢方薬は複数の生薬の組み合わせで作られており、それぞれの生薬の効能によってニキビ発生や悪化しにくい体質へと導きます。 漢方薬は、にきびの原因菌であるアクネ菌や黄色ブド...
芍薬甘草湯が皮脂型ニキビに効果的。副作用と使用期間
慢性的に繰り返すニキビに対して芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という漢方薬が効果的なケースがあります。 芍薬甘草湯は、炎症や痛みなどを抑える働きがあり、痛み止めの漢方薬として広く使用されています。 ま...
ニキビ治療に効く「生薬」の効能一覧
治りにくいニキビ吹き出物治療に対して漢方薬がとても良く効くケースがあります。 漢方薬は複数の生薬の組み合わせによって作られ、それぞれの生薬が絶妙なバランスで組み合わさることで、様々な症状の予防と改善に導きます。 ...
半夏瀉心湯が胃腸悪化のニキビに効く! 効果が出る時期と副作用
ニキビ吹き出物の治療に半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)という漢方薬が効果的なケースがあります。 半夏瀉心湯は、胃腸の活動を改善して諸症状を治す働きがあります。胃腸の働きが悪化することで発生するニキビ肌荒れ、口内炎などに...
黄連解毒湯がニキビ体質に効果的。飲み方と副作用
ニキビ治療に黄連解毒湯(おうれんげどくとう)という漢方薬が有効なケースがあります。 黄連解毒湯は、身体の過剰な熱を鎮めて、炎症体質を予防・改善する働きがあり、ニキビ治療に使用されることもあります。 今回は...
桃核承気湯で女性ニキビが治る。効果と副作用、使用期間の目安
女性の治りにくいニキビ・吹き出物に対して桃核承気湯(とうかくじょうきとう)という漢方薬が有効なケースがあります。 桃核承気湯は、便通を良くする働きや、血行を良くして生理不順を改善する働き、イライラをしずめる働きなどがあ...
フロモックスのニキビ治療効果と副作用。使い方・使用期間
重度化したニキビ治療にフロモックスという抗生物質の飲み薬が使用されることがあります。フロモックスは、セフカペン・ピボキシルを主成分としたセフェム系抗生物質です。 抗菌力が強く、幅広い細菌に抗菌作用を示すのが特徴です。様...
ルリッド錠のニキビ治療効果と副作用。使い方と使用期間の目安
ニキビ治療にルリッド錠という抗生物質の飲み薬が使用されることがあります。ルリッド錠とは、ロキシスロマイシンというマクロライド系の抗生物質です。 ロキシスロマイシンは様々な細菌に対して優れた抗菌力を示し、細菌が原因となる...
エリスロマイシンによるニキビ治療効果。薬が効かない耐性菌の危険性
ニキビ治療にエリスロマイシンという抗生物質が使用されることがあります。エリスロマイシンはマクロライド系抗生物質です。幅広い細菌に対して高い抗菌力を示すことから、「細菌」が原因となる様々な感染症に使用されます。 皮膚科で...
抗菌薬クラビットのニキビ減少効果。副作用や使用期間の目安
クラビットは、レボフロキサシンというニューキノロン系抗菌薬の飲み薬(内服薬)です。レボフロキサシンは、優れた抗菌力と病巣への効き目が良いことから様々な細菌感染症に使用されます。 幅広い細菌の増殖を抑制し、主に皮膚感染症...
抗生物質クラリスのニキビ治療効果。副作用と危険性
クラリスとは、クラリスロマイシンというマクロライド系抗生物質の内服薬(飲み薬)です。細菌のタンパク質合成を阻害し、細菌増殖を抑える効果があります。 抗菌力が強くていろいろな細菌に対して効果を発揮することから、様々な細菌...
ファロムのニキビ治療効果。使用期間や副作用の注意点
ファロムとは、「ファロペネム」というペネム系抗生物質の内服薬です。優れた抗菌力があり、また副作用も少ないことから細菌が原因となる様々な感染症に使用されています。 そして、ファロムは薬が効きにくくなる耐性菌の問題が少ない...
抗生物質セフゾンのニキビ治療効果。副作用と使用期間の注意点
セフゾンは、セフジニルというセフェム系抗生物質の飲み薬です。抗菌力が強くて幅広い細菌を抑制し、様々な細菌感染症に対応します。 そして、セフゾンは重度化したニキビ治療にも用いられることがあります。今回はセフゾンによるにき...
抗生物質バナンのニキビ改善効果。副作用と使用期間
バナンとは、セフポドキシムというセフェム系抗生物質(飲み薬)です。バナンは、幅広い細菌に対して安定的に抗菌作用を示すことから様々な感染症に対して使用されます。 そしてバナンはニキビの原因菌に対しても高い効果を発揮し、に...
ニキビ治療におけるビブラマイシンの効果。副作用と耐性菌の危険性
ビブラマイシンは、ドキシサイクリンというテトラサイクリン系の抗生物質を主成分とした内服薬(飲み薬)です。 幅広い細菌に対して優れた抗菌作用を示すことから、様々な細菌感染症に使用されます。皮膚科では、重度化したニキビ治療...
抗生物質ミノマイシンのニキビ改善効果。副作用と使用期間の目安
ミノマイシンは、ミノサイクリンというテトラサイクリン系の抗生物質を主成分としたお薬(内服薬)です。抗菌力が強く、幅広い細菌の増殖を抑制することから、様々な細菌感染症に使用されます。 ミノマイシンはニキビの原因菌に対して...
ニキビ治療におけるピルが男性ホルモンを抑制する仕組み
ピルとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンがバランス良く配合された女性ホルモン剤をいいます。 ピルには、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルなどがありますが、それらは...
ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)がニキビやザラザラ肌に効果的
ヨクイニン(漢字:薏苡仁)とは、イネ科ハトムギの種皮を除いた種子で、古くから肌の健康のために用いられてきた生薬です。 イボ取りの民間薬として使用されてきた歴史があり、漢方薬にも使用されることがあります。ヨクイニンは肌を...
排膿散及湯のニキビ改善効果と副作用、飲み方や使用期間について
排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)は、皮膚の炎症や腫れ、赤みをとる効果がある漢方薬です。 化膿をともなう皮膚や粘膜の疾患に対する治療薬として用いられます。主に炎症が進行したニキビ・吹き出物に使用されることが多く、皮膚...
清上防風湯のニキビ治療効果と副作用 「生薬」の全成分解説
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、顔の熱を発散させ、皮膚の腫れ・炎症をとる働きがある漢方薬です。 顔の皮膚病、特にニキビ・吹き出物に有効な漢方薬で、熱が多くてニキビが多発し、化膿にきびが繰り返し発生するような症状...
十味敗毒湯のニキビ改善効果と副作用 「全生薬」の効能解説
十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は、化膿性のニキビ、吹き出物、皮膚炎、かゆみなどの皮膚疾患に効果がある漢方薬です。 江戸時代に華岡青洲(はなおかせいしゅう)という人物によって荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)という漢...
治りにくいニキビに効果的な荊芥連翹湯 「飲み方・使用期間・副作用」
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、皮膚の炎症が悪化した蓄膿症や慢性鼻炎、にきび、化膿症などに効果的な漢方薬です。血液循環を良くする効果や身体の熱をとる作用があります。 皮膚科ではニキビ治療に使用されることもありま...
桂枝茯苓丸のニキビ改善効果と副作用。飲み方と使用期間の目安
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、血行を良くする作用やホルモンバランスを整える効果がある漢方薬です。 主に女性に対して使用されることが多いのが特徴です。身体のバランスを整えることで、様々な諸症状を改善します。そして...
女性の大人ニキビに効く加味逍遥散。全生薬の効能と副作用
加味逍遥散(かみしょうようさん)は、冷え性、ホルモンバランスの乱れ、生理不順、更年期障害などに用いられる主に女性に対してよく用いられる漢方薬です。 血流改善やホルモンバランスを整える作用、熱(腫れ)をとる作用などがある...
当帰芍薬散による大人ニキビ治療効果と副作用。「正しい飲み方と使用方法」
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、古くから女性に対して用いられてきた漢方薬です。冷え症、ホルモンバランスの乱れ、生理不順などの女性特有の症状に効果を発揮します。 女性の大人ニキビにも改善が期待できる漢方薬で、にきび...
ニキビ肌荒れに効果的なネイチャーメイドマルチビタミンの全ビタミン効能解説
ネイチャーメイドは、サプリメント先進国アメリカで店頭販売シェアNo.1のサプリブランドです。日本では大塚製薬から販売されています。 ネイチャーメイドシリーズは、一般的なドラッグストアなどでも見かけることが多いと思います...
ファンケル・マルチビタミンのニキビ肌荒れ改善効果「全ビタミンの効能」
ファンケル・マルチビタミンは、主に健康食品や化粧品販売を手がけるファンケル社が販売する総合ビタミンサプリメントです。 一日に必要なビタミンを配合し、偏りがちな食生活を内側からサポートしてくれます。このサプリメントをニキ...
DHCマルチビタミンのニキビ改善効果「全ビタミン」効能解説
DHCマルチビタミンは、健康食品や化粧品販売を手がけるDHCから販売されている総合ビタミン剤です。 一日に必要なビタミン量を配合し、不足しがちなビタミンを一粒で補うことができます。DHCマルチビタミンはニキビや肌荒れに...
チョコラBBの効果「ニキビ肌荒れ」改善ビタミンの効能と添加物の役割
チョコラBBとは、医薬品メーカーのエーザイから販売されている、にきび肌荒れ、口内炎などの改善を目的とした内服薬(飲み薬)です。 肌代謝に不可欠なビタミンB群を配合し、健康的な肌作りをサポートすることで、ニキビの予防や改...
ハイシーBメイト2のニキビ改善効果「有効成分や添加物」の効能解説
ハイシーBメイト2とは、武田薬品から販売されている、ニキビ肌荒れ、口内炎、皮膚炎などの改善を目的とした内服薬です。 主に肌代謝に重要な働きをするビタミンが配合され、皮膚の健康を内側からサポートします。ニキビケア目的で服...
ペアA錠でニキビ改善。有効成分や添加物の役割解説
ペアA錠とは、日用品、医療品などを手がけるライオンから販売されている主にニキビ・吹き出物・肌荒れの改善を目的とした内服薬(飲み薬)です。 皮膚の健康に不可欠なビタミンB2、B6などのほかに、L-システインやヨクイニンエ...
シナールのニキビ跡改善効果「シミ・色素沈着」に有効な理由
シナールとは、ビタミンCとパントテン酸の2種類の水溶性ビタミンが配合されたお薬です。病院において、単純に栄養補給目的で処方されるほか、シミ治療やにきび跡の予防、改善を目的として処方されることがあります。 このお薬は皮膚...
ニキビ跡に効くチョコラBBルーセントC。有効成分の効能や添加物を解説
チョコラBBルーセントCとは、国内医薬品メーカーのエーザイから販売されている、しみ・色素沈着の予防と改善を目的とした内服薬(飲み薬)です。 ビタミンCやビタミンE、L-システインなどを配合し、内側からメラニン色素の生成...
ハイチオールCがニキビ跡に効果的「有効成分や添加物」を解説
ハイチオールCとは、エスエス製薬から販売されている、しみ・色素沈着、疲れ、だるさ、二日酔いの改善を目的とした内服薬(飲み薬)です。 このお薬は、L-システインやビタミンCを配合し、メラニン色素の生成を内側から強力に抑制...
システィナCのニキビ跡改善効果「有効成分・添加物」の効能解説
システィナCとは、製薬会社の第一三共から販売されている、シミ・色素沈着などの予防と改善を目的とした内服薬(飲み薬)です。 L-システインとビタミンCを配合し、内側からメラニン色素の合成を強力に阻害し、さらにターンオーバ...
L-システインがニキビ跡「しみ・色素沈着」の予防効果がある理由
L-システインとは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一つで、身体では主に皮膚、髪、爪などに多く存在しています。体内ではメチオニンという必須アミノ酸から作り出されます。 L-システインには、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)...
ロアキュテイン(イソトレチノイン)のニキビ治療効果「副作用・危険性」
ロアキュテイン(英語:ROACCUTANE、一般成分名:イソトレチノイン)とは、ビタミンA誘導体を主成分とした内服のニキビ治療薬です。 ビタミンA誘導体は身体にも微量存在しますが、それを服用することで皮脂分泌や角化を抑...
スピロノラクトン(アルダクトンA)のニキビ治療効果「使用方法と副作用」
スピロノラクトン(製品名:アルダクトンAなど)とは、元々は高血圧症に対する降圧剤として用いられるお薬です。 利尿効果があり、水分を排出して血圧を下げることで浮腫(むくみ)を解消し、血圧を下げます。また、心不全にも非常に...
ニキビや吹き出物に効果的なビタミン一覧
ビタミンは体内で補酵素として働き、肌代謝に深く関与する美肌にとって重要な栄養素です。 ビタミンが不足すると直接肌トラブルにつながり、ニキビや肌荒れ、吹き出物を引き起こすことがあります。美肌作りに重要なビタミンは以下のよ...
ビタミンCサプリがニキビ跡の「しみや色素沈着」に効果的な理由
ニキビ・吹き出物が強い炎症を起こすほど、皮膚の赤みや色素沈着(しみ)といったにきび跡がひどくなります。そういった肌の悩みを総合的に改善してくれる栄養素の一つにビタミンCがあります。 ビタミンCは水溶性のビタミンでキレイ...
ハイシーホワイト2のニキビ跡改善効果「有効成分・添加物」効能解説
ハイシーホワイト2とは、武田薬品工業から販売されているシミ、そばかす、肝斑、ニキビ跡などの改善を目的とした内服薬(飲み薬)です。 ビタミンC、ビタミンE、L-システインを含み、それらがメラニン色素の生成を阻害してシミ、...
ニキビに効果的な低用量ピルの種類一覧と改善率、副作用のまとめ
ピル(英語:pill)とは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンをバランス良く含んだお薬です。 一般に経口避妊薬として使用され、体内の女性ホルモンのバランスをコントロールす...
ビタミンB群にはニキビ跡「色素沈着・しみ」の予防改善効果がある
ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどの水溶性ビタミンを総称したものをいいます。 ビタミンB群は補酵素として肌の代謝に深く関与し、ニキビ・吹き出物・肌荒れを防い...