ニキビ跡に効くチョコラBBルーセントC。有効成分の効能や添加物を解説

チョコラBBルーセントC チョコラBBルーセントCとは、国内医薬品メーカーのエーザイから販売されている、しみ・色素沈着の予防と改善を目的とした内服薬(飲み薬)です。

ビタミンCやビタミンE、L-システインなどを配合し、内側からメラニン色素の生成を強力に阻害し、ターンオーバーを正常化してメラニンの排出を促します。ニキビ跡のモヤモヤしたシミにも効果的です。

チョコラBBルーセントCの全成分、有効成分と添加物の役割

アスコルビン酸(ビタミンC)

配合量6錠中600mg

ビタミンCは、身体や皮膚の健康に不可欠な水溶性ビタミンで、美容面においても重要な役割を担います。

抗酸化作用があり、細胞の酸化を防いで老化の進行を抑える働き、コラーゲン合成を促す作用、チロシナーゼ酵素を阻害してメラニン色素の合成を抑制する働きによって、美しい肌に導く働きがあります。LシステインやビタミンEと相性が良いのが特長です。

L-システイン

配合量6錠中240mg

L-システインは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一つで、肝臓の解毒作用や皮膚の代謝機能を高める働きがあります。

身体においては特に、皮膚、髪の毛、爪などに多く含まれ、肌が活発に作られるところには不可欠な栄養素です。

L-システインは、メラニン色素の生成を強力に阻害し、色素沈着を薄くする働きや、ターンオーバーを正常化してメラニン色素の排出を促す働きがあります。

また、人体の重要な抗酸化物質であるグルタチオンの構成成分の一つであり、活性酸素や有害物質などから細胞へのダメージを阻害する作用があります。

L-システインはビタミンCとの相性が非常に良く、シミの予防と改善を目的としたLシステイン製剤には必ずビタミンCも同時に配合されることがほとんどです。

コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

配合量6錠中100mg

ビタミンEは、強力な抗酸化作用がある脂溶性ビタミンです。過酸化脂質の酸化を抑制して細胞の酸化を防ぐことで老化防止効果があります。

また、毛細血管を拡張することで血流を促し、全身のすみずみまで栄養素を届けるように働き、血流改善効果によってシミ・色素沈着の予防と改善に導きます。ほかにも、性ホルモンの合成に関与する働きもあります。

リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)

配合量6錠中15mg

ビタミンB2の誘導体。(誘導体とはビタミンの構造を改良して効果を高めたもの)。ビタミンB2は、糖質、たんぱく質、脂質の代謝に関与し、エネルギー生成や細胞の再生・成長に欠かせない水溶性ビタミンです。

補酵素として肌代謝に関与し、肌の生まれ変わりをサポートします。不足すると、ニキビ、吹き出物、肌荒れ、口内炎、口角炎、オイリー肌(脂性肌)、脂漏性皮膚炎などを引き起こす可能性があります。

にきび治療に対してビタミンB2を積極的に処方する皮膚科医は多いです。

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

配合量6錠中10mg

ビタミンB6は、皮膚炎を予防することから発見された水溶性ビタミンです。

たんぱく質の代謝の主役的存在で、食事から摂取したたんぱく質をアミノ酸に分解し、再び身体に必要なたんぱく質へと再合成される過程に不可欠なのがビタミンB6です。

ビタミンB6が存在しなければ正常な成長ができなくなり、皮膚や髪の毛などにおいても悪影響が及びます。不足すると、ニキビ、脂性肌、慢性湿疹、アレルギーの悪化などをまねくようになります。

ニコチン酸アミド

配合量6錠中25mg

糖質、たんぱく質、脂質の代謝に欠かせない水溶性ビタミンです。毛細血管の血行を促してニキビ跡の改善に導きます。また、ビタミンB2、B6などと共にニキビ炎症によるメラニン生成(色素沈着)も抑制します。不足すると肌荒れ、皮膚炎をまねくことがあります。

チョコラBBルーセントCの添加物

  • タルク・・・錠剤において賦形剤(一定の量にするための調整剤)や滑沢剤として使用。
  • ヒドロキシプロピルセルロース・・・セルロースの誘導体。医薬品錠剤において結合剤やコーティング剤として使用。
  • 酸化チタン・・・錠剤のコーティング剤として使用。
  • ステアリン酸Mg・・・ステアリン酸(飽和脂肪酸の一つ)のマグネシウム塩。医薬品錠剤において滑沢剤として使用。
  • セルロース・・・医薬品錠剤において結合剤・コーティング剤などとして使用。
  • ヒプロメロース・・・錠剤の結合剤、コーティング剤として使用。
  • マクロゴール・・・錠剤の基剤として配合。

チョコラBBルーセントCの飲み方・服用方法

水を飲む画像 チョコラBBルーセントCは、1日6錠、1回量2錠を1日3回、朝・昼・夕の毎食後に服用します。食後に服用したほうが、ビタミンCの持続性やビタミンEの吸収性が向上するので、食前や空腹時よりも食後に服用してください。

服用できないケース

このお薬は、ふつうの食品にも含まれるアミノ酸(Lシステイン)と、ビタミンが含まれたお薬なので、どんな人においても服用できます。

妊娠中、授乳中などにおいても服用できます。なお、病気治療中でも服用できますが、ほかの薬を飲んでいる場合は一応、薬剤師さんに尋ねてみましょう。

副作用

チョコラBBルーセントCには、1日分6錠あたりビタミンCが600mgも含まれています。ビタミンCの1日の必要量は100mgとされますが、その6倍もの量が含まれます。

そして、ビタミンCは過剰摂取によって腹痛や下痢を起こす可能性があります。ビタミンCは強い酸なので、その酸が腸管を刺激して胃腸の運動を早めてしまい、その結果、下痢を起こしてしまうのです。

この内服薬を飲んだ後に下痢が続いてしまう場合は、量を減らしたりして工夫して飲んでください。なお、ビタミンCによる下痢は特に重い副作用ではないです。

また、その他の成分の副作用は心配しなくていいと思います。

適用症状

ニキビ、吹き出物、肌荒れ、しみ、そばかす、肝斑、ニキビ跡などの色素沈着、肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期、歯ぐきからの出血、鼻出血。

購入するには?

チョコラBBルーセントCは、一般的なドラッグストア・薬局店頭で購入できます。またネット通販でも購入できます。
【Amazon】チョコラBBルーセントC 180錠

評判・口コミまとめ

チョコラBBルーセントCの評判をAmazon、楽天、ネット掲示板などから要約。

ポジティブな評判・口コミ

  • ニキビや吹き出物、口内炎などすぐに治ります。元からあるそばかすも薄くなってきた。
  • チョコラBBとあわせて飲んでいます。しみやそばかす、にきびにもいいみたいです。
  • そばかす、シミが気になるので飲んでいました。飲みつづけていた頃はソバカスが目立たなくなった気がします。
  • 子供を生んでから、しみが目立つようになったような気がします。チョコラのCMや口コミを参考に購入しました。
  • ニキビ跡の色素沈着に効くと聞いて購入。2ヶ月で効果が実感できた。

ネガティブな評判・口コミ

  • 飲み続けてもシミは薄くならなかった。でもニキビはできにくくなった。
  • 飲んでいると下痢するようになった。(※ビタミンC(アスコルビン酸)が腸管を刺激したことによるものです)。
  • もっと価格が安かったら続けられそう。