美白成分コウジ酸がシミ・色素沈着に効く。発ガン性や赤み、ヒリヒリ、かぶれの副作用について
コウジ酸とは、麹菌(こうじきん)が糖を発酵させることで作られる成分です。発見されたのは1907年。 そして、コウジ酸に美白効果があると確認されたのは1975年。三省製薬によって発見され、美白剤として開発されてきた歴史が...
コエンザイムQ10はシミを予防改善する効果大。サプリは還元型が効果的な理由
コエンザイムQ10は、体内でも合成されている脂溶性のビタミン様物質です。ユビキノンともいわれます。また、ビタミンのような働きをすることからビタミンQといわれたりします。 コエンザイムQ10は、若返り成分として注目される...
ビタミン「誘導体」がサプリメント(健康食品)に配合されない理由
健康志向が強まる現代社会で、ビタミン剤などのサプリメントを日常的に摂取している人が増えているといいます。 多くのメーカーからビタミン剤が販売されていますが、消費者はビタミン剤を選ぶ基準として、「ブランド(メーカーの信用...
ハイドロキノンは乳輪(乳首)・脇の下・お尻・ビキニラインの黒ずみにも効く?
乳輪(乳首)、腋(ワキ)の下、お尻、デリケートゾーン(ビキニライン)などの皮膚の黒ずみを解消したいという悩みは、美しくありたいと思う女性にとって人には言いにくい悩みの一つです。 ハイドロキノンは「肌の漂白剤」といわれて...
乳首・乳輪の黒ずみをピンク色にする方法とは? メラニン色素を薄くするには?
乳首・乳輪の黒ずみに悩む女性は少なくありません。黒ずんでいる乳首は見た目としてマイナスイメージを与えるため、透明感のあるピンク色の乳首になりたいという女性は多いです。 乳首・乳輪が黒ずむ原因とは...
美白効果がある抗酸化食品一覧「シミ・肝斑・肌老化」に効く食べ物
シミやそばかすの正体であるメラニン色素は、基底層内メラノサイトにあるチロシナーゼ酵素が活性化することで生成されます。 そのチロシナーゼ酵素は活性酸素によって働きが活発になるので、抗酸化食品を摂取して活性酸素による影響を...
ポリフェノールの美白効果「しみ・肝斑」に効くポリフェノール一覧
ポリフェノールとは、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基を持つ成分を総称したものをいいます。植物が光合成を行うときに作られる植物の色素や苦みなどの成分で、ほとんどの植物にはポリフェノールを含有し、その数は数千以上におよぶ種類があり...
シミに効く食品成分 アスタキサンチンの美白効果とは?
アスタキサンチンとは、鮭、イクラ、エビなどに含まれる赤い色素成分で、カロテノイドの一種です。アスタキサンチンには強力な抗酸化力があり、体の様々な器官の酸化(老化)を促す活性酸素を抑制する働きがあります。美容面においても肌老化を防止し...
シミに効く食品成分 トマトに含まれるリコピンの美白効果とは?
リコピンとは、トマトなどに含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化作用をもつ成分です。リコピンは生活習慣病を防止する働きや、老化予防効果が高いといわれ、トマト消費量が多い国ほど寿命が長いことで知られています。 ...
ベータカロテンのシミ、くすみ、色素沈着に効く美白効果とは?
β-カロテン(ベータカロテン)とは、主に緑黄色野菜や海藻類に多く含まれる天然カロテノイド(カロチノイド)の一つで、体内でビタミンAに変換されることから「プロビタミンA」として知られています。 βカロテン(ベータカロテン...
L-システインはしみ・そばかす・肝斑などの色素沈着に効果がある?
L-システインとは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一つで、主に皮膚の角質層、髪、爪などのたんぱく質ケラチンに多く含まれます。システインは体内ではメチオニンという必須アミノ酸から作り出されます。 L-システインには、「皮...
ビタミンEは色素沈着(しみ・そばかす)に効く美白成分
ビタミンEとは、不妊を防ぐ栄養素として発見された脂溶性のビタミンで、「トコフェロール」ともよばれます。ビタミンEには、強力な抗酸化力、老化防止作用、毛細血管の血行改善、新陳代謝活性化作用などがあることから、市販されている美白目的の医...
ビタミンCは色素沈着(しみ・そばかす・肝斑)に効く美白成分
ビタミンCとは、壊血病を予防することから発見された水溶性のビタミンです。「アスコルビン酸」ともいいます。 ビタミンCは美容面においては、抗酸化作用による老化防止効果や、メラニン色素の生成を抑制してシミや色素沈着を防いだ...
しみ・ほくろ・色素沈着をカバーするコンシーラーの使い方とは?
シミ、くすみ、目の下のクマなどはファンデーションである程度は隠すことができます。それでも隠すことができないような濃いシミやホクロに対しては、コンシーラーを使うことでほとんどわからないくらいに上手に消すことができます。 ...
美白効果があるツボの箇所「しみ・肝斑・肌老化」に効くツボの場所
しみやくすみ、炎症による色素沈着などは、血行不良や内臓機能の低下によって皮膚の新陳代謝が低下することで引き起こされることもあります。 そういった肌の悩みは、全身に点在するツボを指圧することで改善が期待できます。ツボとは...
ハイドロキノンによる「シミ治療」美白効果・副作用・危険性とは?
ハイドロキノン(ヒドロキノン)とは、非常に強い美白作用がある成分で、シミの正体であるメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素そのものを淡色化する「還元作用」を有します。 即効性が高く、メラ...
油溶性甘草エキス(グラブリジン)の色素沈着・しみに効く美白効果と副作用
油溶性甘草エキス(ゆようせいかんぞうエキス)とは、マメ科植物の甘草の根から抽出されたフラボノイドを主体とした油溶性の植物エキスです。 甘草という植物のフラボノイドを主体としたエキスであるため「甘草フラボノイド」とも呼ば...
シミに効く美白成分 リノール酸S(リノレックS)の美白効果とは?
リノール酸とは、サフラワー油(紅花油)やヒマワリ油などの植物油から抽出される不飽和脂肪酸の一つです。リノール酸は、体内で合成することができず、必ず食物から摂取しなければいけない必須脂肪酸です。 そのリノール酸にはメラニ...
シミに効く美白成分 マグノリグナンの美白効果とは?
マグノリグナンとは、モクレン科植物ホオノキの樹皮などに多く含まれている「フェノール性二量体」という構造をもつ天然化合物(ポリフェノール)の美白効果に着目して開発された成分です。 フェノール性二量体という構造をもつ「マグ...
トラネキサム酸のしみ・肝斑治療に効く美白効果と副作用とは?
トラネキサム酸(t-AMCHA)は、メラニン色素の合成指令を抑制する効果や、抗炎症作用、止血作用などがある成分です。もともとは、止血剤や抗炎症剤として使われていましたが、美白作用が高いことが認識され、美白成分として化粧品などにも用い...
プラセンタエキスの色素沈着・しみに効く美白効果と副作用
プラセンタエキスとは、豚や馬などの胎盤から抽出した成分です。様々な成長因子(細胞増殖因子:グロースファクター)を中心に、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの有効成分を含み、若々しい透明感のある肌へと導きます。 プラセンタ...
アルブチン、α-アルブチンの色素沈着・しみに効く美白効果と副作用
アルブチンは、コケモモ、梨、ウワウルシなどの植物に含まれる美白効果のある成分です。原料的にはハイドロキノンに糖を結合させて作られるので、ハイドロキノン誘導体といわれることがあります。 アルブチンには高い美白効果があり、...
カミツレエキス(カモミラET)のしみ・色素沈着に効く美白効果と副作用
カミツレエキス(カモミラET)とは、キク科の植物カミツレ(英語:chamomile、カモミール)の花から抽出されたエキスです。 優れた美白効果と抗炎症作用(消炎効果)があり、1999年に医薬部外品の有効成分として厚生労...
黄体ホルモン(女性ホルモン)の影響がシミ、肝斑の原因?
シミ、色素沈着が悪化する原因の一つがホルモンバランスの変化です。女性の場合は、月経(生理)や妊娠を経験することで、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンのバランスが変化し、その変化によってシ...
活性酸素が肌のシミ、くすみ、色素沈着の原因?
活性酸素とは、その名の通り酸素が活性化したもので、酸素よりも強い酸化力をもちます。活性酸素は人が酸素と栄養素からエネルギーを生成する時に必ず発生するもので、免疫においては有害細菌やウイルスなどを撃退する働きがあり、生きていくためには...