シミに効く食品成分 トマトに含まれるリコピンの美白効果とは?

リコピンとは、トマトなどに含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化作用をもつ成分です。リコピンは生活習慣病を防止する働きや、老化予防効果が高いといわれ、トマト消費量が多い国ほど寿命が長いことで知られています。

リコピンの美容・健康効果

リコピンには優れた抗酸化作用がある

主にトマトに含まれるリコピンには優れた抗酸化能力があります。一重項酸素という活性酸素を消去する能力との比較では、抗酸化パワーは、β-カロテンの約2倍、ビタミンEの約100倍ほどだといわれています。

リコピンは紫外線によるメラニンの生成を抑制する

肌に悩む女性の画像 紫外線を浴びると、一重項酸素という活性酸素が発生します。この一重項酸素という活性酸素はメラノサイトを活性化させてメラニン色素の生成を促し、シミやくすみを引き起こす要因となります。

リコピンは、この一重項酸素を消去して無毒化し、活性酸素の影響によるメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。様々な抗酸化物質の中でも、特にリコピンは一重項酸素を消去する作用に優れています。

リコピンは過酸化脂質を抑制する

紫外線を浴びると、皮脂が酸化されて過酸化脂質に変化します。また、紫外線だけではなく、細胞がエネルギーを作り出す時にも活性酸素が発生して、脂質を酸化させて過酸化脂質が作られます。リコピンは過酸化脂質の発生を抑制して、細胞の酸化、炎症を抑制します。

リコピンは動脈硬化を予防する

血中コレステロールが酸化されると、コレステロールが血管壁にこびりついて動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞の原因となるものです。トマトに含まれるリコピンには血中コレステロールの酸化を防止し、動脈硬化を予防することがわかっています。

トマトにはβカロテン(ベータカロテン)も多く含まれる

リコピンは主にトマトに多く含まれますが、そのトマトにはリコピンだけではなくβカロテン(ベータカロテン)も多く含まれます。βカロテンにもリコピンのように優れた抗酸化作用があり、ビタミンEの約50倍もの抗酸化力があるといわれています。

また、βカロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換されるプロビタミンAという性質をもち、必要な量だけビタミンAとして働くため、過剰症の心配がないといわれています。

リコピン摂取のポイント

リコピンを多く含む食品

リコピンは以下のような食品に多く含まれています。すべて可食部100gあたりです。

トマト:3.0mg、ミニトマト:8.1mg、トマトジュース:18.0mg、スイカ:3.2mg

同じ量を食べる場合は、トマトよりもミニトマトのほうがリコピンやビタミンの含有量は多いです。

リコピンは油料理と一緒に摂取すると吸収が高くなる

オリーブオイルの画像 リコピンは脂溶性の成分で、油に溶ける性質があります。そのため、油料理や油分の多い食品と共に摂取すると吸収が高くなります。

例えば、生のトマトやトマトジュースを摂取するときは、単独で食べるよりも他の食品とともに摂取するのが理想的です。また、サプリメントとして摂取する場合は食後が理想です。

リコピンはビタミンCと同時に摂取すると相乗効果がある

リコピンはビタミンCとともに摂取すると抗酸化作用が高くなります。ビタミンCにもリコピンと同じように活性酸素を除去する能力があり、リコピンの働きをサポートしてくれます。ビタミンCは、アセロラ、キウイフルーツ、グレープフルーツ、イチゴ、オレンジ、レモンなどの果物や、緑黄色野菜に多く含まれています。