【ほくろの疑問】 ホクロから毛が生える原因は? ホクロが多い人は老けにくい?
ほくろは、皮膚の一部にメラノサイトといわれるメラニン色素細胞が他の部位よりも密集してできた母斑(ぼはん)の一つです。 そのホクロに関するさまざまな疑問をご紹介します。 ほくろ(黒子...
しみ・色素沈着とホクロ(色素性母斑)との違いは?
ホクロとは、メラノサイト(色素細胞=メラニン細胞)が、高い密度で集まってできる母斑の一種で、盛り上がったものや一般的なシミのように平らなものがあります。ホクロとシミは姿や形は似ていますが、実際には異なる性質をもっています。 ...
肝機能低下によって顔のしみの増加や顔がどす黒くなる?
肝機能の低下によって皮膚にしみ・くすみ・色素沈着ができやすくなったり、全体的に肌がどす黒くなったりすることがあります。 肝炎や肝硬変が進行するほど、それらの症状が悪化するようになります。 ...
エストロゲン(女性ホルモン)が減少するとシミ・くすみ・肌老化が進行する?
女性ホルモンは女性の美しさに大きな影響をもたらします。女性には主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンが分泌されており、特にエストロゲンには女性のカラダを美しく導く働きをもっています。 ...
グルタチオンの美白効果とは? グルタチオンはしみ・色素沈着を予防する?
グルタチオンとは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が結合したトリペプチドです。 細胞内で活性酸素や過酸化物質から細胞を保護する抗酸化物質としての働きや、異物を細胞外に排出する解毒作用などの生体内で...
日本酒風呂、緑茶風呂、赤ワイン風呂には美白効果がある?
バスタイムは一日の身体の汚れを落としたり、代謝機能を高めたりするには絶好の時間帯です。 お化粧、皮脂汚れ、古い角質などを落とすスキンケアだけではなく、入浴剤として日本酒、赤ワイン、緑茶成分を使用することでお風呂での美容...
[入れ墨・刺青] レーザー治療で消せるタトゥーの色とは?
社会的な偏見や就職などの問題により、過去に入れたタトゥー(入れ墨・刺青)を消したいという人は少なくありません。 タトゥー消し治療には、主に「Qスイッチ・レーザー」「手術による切除縫合」「植皮(皮膚移植)」などの方法があ...
メラトニンはメラニン色素を抑制して美白に導く?
シミ、そばかす、肝斑などの正体はメラニン色素によるものです。このメラニン色素の生成を促すホルモンにメラニン細胞刺激ホルモン(MSH)というホルモンがあり、それはストレスなどを受けることで増加しますが、反対にメラニン色素の生成を抑制す...
睡眠不足になるとシミ・くすみ・色素沈着が悪化する?
睡眠時間が少なくなったり、睡眠の質(眠りの深さ)が日常的に悪化すると新陳代謝が乱れて、にきび、肌荒れ、シミ、色素沈着の悪化をまねくことがあります。 そして、長期的にはしわ・たるみなどの老化現象を引き起こすことがあります...
妊娠中はシミ・肝斑・色素沈着が悪化しやすい? 女性ホルモンとメラニンの関係
妊娠中にはシミ・色素沈着が発生しやすくなるといわれています。特に肝斑(かんぱん)といわれる女性特有のしみができやすい傾向があります。それには、女性ホルモンのバランスが大きく変化することが要因の一つだといわれています。 ...
月経・生理周期によってシミ・肝斑・色素沈着が悪化する? 女性ホルモンとメラニンの関係
女性にとって、1ヶ月のなかで通常よりも紫外線対策をしたほうが良い時期があります。それは、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増加する排卵期以降から生理までの黄体期といわれる時期です。 生理前というのは肌が不安定になる...
経口避妊薬(ピル)を服用すると肝斑というシミ・色素沈着が発生する?
経口避妊薬(ピル)の服用によって肝斑といわれる女性特有のシミができやすくなるといわれています。肝斑は、30代以降の女性、妊娠期、経口避妊薬(ピル)服用時などに発生しやすいことから、女性ホルモンのバランスが変化する影響によって引き起こ...
運動不足がシミ・色素沈着・肌のくすみの原因になる?
運動はくすみのない透明感のある美肌づくりには不可欠なものです。というのも、適度な運動は血行を促進させて代謝機能を高め、肌の新陳代謝にも良い影響を及ぼすためです。 肌荒れが進行している人は、単に運動不足による代謝不足が要...
色白の悩みとは? 白い肌でも悩みがある!!
「白肌は七難隠す」といわれることがあります。白い肌は光をたくさん反射して様々な肌トラブルを目立たなくさせるという意味で、実際に色黒肌のシミよりも、白肌のシミのほうがあまり気にならないように思えます。 多くの女性は色白に...
色白の人は肌老化が早い? 紫外線と肌老化の関係
色白の人は紫外線による肌老化をまねきやすいといわれています。それにはメラニン色素の量が大きく関係しています。 色白の人は特に色黒の人よりもサンバーンを起こして紫外線ダメージを強く受けやすい傾向があります。 ...
加齢によって色白になる? 年齢とメラニン色素の関係とは?
一般に、若い時期は紫外線を浴びると褐色色に日焼けしたりしますが、年齢を重ねると紫外線を浴びても肌が黒くなりにくくなります。 これは年齢によってメラニン色素を作り出す働きが変化することによるものです。 ...
白砂糖(しょ糖)・甘い食べ物の過剰摂取でシミ・色素沈着が悪化する?
シミやくすみのない透明感のある肌を維持するには、紫外線対策と同時に日ごろからのバランスの良い食生活が重要です。 偏った食事が続けば当然、肌にも悪影響がありますが、特に砂糖が多く含まれた甘いものばかりを食べていると、シミ...
ストレスが多いとシミ・色素沈着ができやすい?
シミ、くすみなどの肌の悩みは慢性的なストレスによって引き起こされることがあります。ストレスを感じると、ホルモンバランスの乱れ、生理機能の低下、ターンオーバーの低下などをまねき、肌トラブルが発生しやすくなります。 ...
ステロイド外用薬によって色素沈着・皮膚の黒ずみを引き起こす?
アトピー性皮膚炎などの皮膚の炎症性疾患の治療法はステロイド外用薬によって炎症をしずめるのが先決です。 これにより症状の進行を抑制することができるのですが、ステロイドには副作用があるからとしてステロイドの使用を避け、治療...
カフェインはシミ・色素沈着を濃くする作用がある?
コーヒー、紅茶、ココア、緑茶、コーラなどには多くのカフェインが含まれています。そのカフェインはシミ、色素沈着を進行させる可能性があるといわれています。それらを日常的に摂取する習慣がある人で、最近シミが増えてきたと感じたらカフェインの...
喫煙・タバコはしみ・そばかすを悪化させる?
喫煙は「美容の大敵」といわれることがありますが、実際にタバコはカラダの老化を進行させる原因になり、肌においても、シミ、そばかす、くすみなどの色素沈着や、ニキビ、肌荒れを悪化させてしまう要因になることがあります。 ...
黒色メラニンと肌色メラニンの違いとは? しみの正体は黒色メラニン
人種によって異なる肌の色。同じ人種の中でも肌が黒い人、褐色の人、白い人、いろいろです。 肌の色を決定づけるのはメラニン色素ですが、そのメラニン色素には、「黒色メラニン」と「肌色メラニン」の2種類があり、この2つの性質の...