グルタチオンの美白効果とは? グルタチオンはしみ・色素沈着を予防する?

女性の画像 グルタチオンとは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が結合したトリペプチドです。細胞内で活性酸素や過酸化物質から細胞を保護する抗酸化物質としての働きや、異物を細胞外に排出する解毒作用などの生体内で重要な働きをもちます。このグルタチオンには優れた美白作用があり、グルタチオンの働きをいかに維持していくかが美肌の重要なポイントになります。

グルタチオンの美白効果について

グルタチオンは抗酸化作用がある

グルタチオンは、細胞内で活性酸素や過酸化物質を還元して消去する働きをもちます。この働きにより細胞の損傷が抑制されて、若々しい身体を維持できると考えられます。肌においても、活性酸素はメラニン色素の発生要因となりますが、グルタチオンの抗酸化によってシミ、色素沈着が抑制されていると考えられます。

活性酸素とは、酸化力が強い酸素で細胞や組織の酸化(サビ)を促して老化をまねく物質と考えられています。ある研究ではグルタチオンが多い人ほど健康レベルが高く、シミ、しわ、たるみなどの老化現象の進行が遅い傾向があるといった報告があります。

グルタチオンは有害物質を細胞外に排出する

グルタチオンは、異物、薬物、伝達物質、毒物などの有害物質を細胞外に排出して、細胞の正常な機能を維持する働きをもちます。このグルタチオンの働きがなくなると、細胞の解毒が滞り、細胞の働きが阻害されて老化をまねくようになります。

グルタチオンは黒色メラニンを抑えて肌色メラニンを増やす

メラニン色素には黒色メラニン(ユウメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類があり、この2つのメラニンによって人間の肌色は決定されます。黒色メラニンは肌を黒くしたり、しみ、色素沈着を引き起こすメラニンで、主に紫外線をたくさん浴びると増加します。一方、肌色メラニンは肌に自然な白さを引き出すメラニンです。黒色メラニンを抑えて肌色メラニンが増加するほど、自然な白い肌を引き出すことができるとされますが、グルタチオンは肌色メラニンの生成を増やす働きがあるといわれています。

グルタチオンは抗酸化ビタミンを活性化させる

グルタチオンには還元作用があり、ビタミンCなどの抗酸化ビタミンを還元して活性化させる働きがあります。抗酸化ビタミンにはビタミンA、ビタミンEなど様々ありますが、美白効果としてはビタミンCとの相乗効果が高いといわれます。

グルタチオンを増やすポイント

グルタチオンは加齢やストレスによって減少します。そのグルタチオンの働きを維持するには以下のようなものがあります。

タンパク質を不足させないようにする

グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸から構成されるため、しっかりと良質なたんぱく質を摂取して不足しないようにしなければいけません。食事は肉、魚、豆類などのタンパク質を多く含む食品から摂取しましょう。そうすると、タンパク質の吸収が良くなります。

L-システインはグルタチオンを増やす

Lシステイン製剤・ハイチオールC・システィナCなどの画像 グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸から構成されますが、このうちシステインは不足しやすい傾向があるといわれます。そこで、L-システインを含む製剤・サプリメントを利用することでグルタチオンの合成を促すことができるとされています。商品名では、「ハイチオールC」「システィナC」「ハイシーホワイト」などが有名です。

また、システインはメチオニンという必須アミノ酸から産生されるため、やはりバランスの良い食事によってしっかりと良質なたんぱく質を摂取することが基本です。

肝機能を維持する 肝臓に負担をかけない

肝臓の画像 グルタチオンの多くは肝臓で作られるため、肝機能を正常化することがグルタチオンを減らさないポイントです。肝臓の機能を維持するには、たんぱく質が不足しないようにする必要があります。一度に大量のたんぱく質を摂取するのではなく、適量を摂取するのがポイントです。1食あたり30グラムほどのたんぱく質の摂取が理想です。

一度に大量のたんぱく質を摂取すると、かえって肝臓に負担をかけるようになります。

喫煙、暴飲暴食、飲酒を止める

禁煙・たばこを止める画像 喫煙、暴飲暴食、飲酒などがグルタチオンの働きを低下させてしまう要因になることがあります。喫煙はグルタチオンの消費を増やしてしまいますし、暴飲暴食、飲酒などはグルタチオンの消費と、肝臓に負担をかけてグルタチオンの合成を低下させてしまいます。

規則正しい生活をおくる

日中によく動いてバランスの良い食生活をおくり、よく睡眠をとることで身体の生理機能が活発になり、グルタチオンの合成も活発になります。不規則な生活をおくっていると、しだいに内臓機能が悪化し、肌がどす黒くなっていくことがあります。