皮膚病
皮膚炎・湿疹がないのに肌がかゆい。皮膚そうよう症の原因と治療薬まとめ
「肌に炎症や湿疹があるわけではないのにいつも肌がかゆい」 「全身、または部分的に強いかゆみが続いて我慢できない」 そんな症状がある場合、皮膚掻痒症(...
目の下やまぶたの白いブツブツは稗粒腫。治療と自然に治る期間について
画像は稗粒腫という症状です。 まぶたや目の下などの目の周りにニキビのような白いブツブツが現われた場合、稗粒腫(はいりゅうしゅ)という症状かもしれません。「ひりゅう...
面疔(めんちょう)の原因&治し方まとめ。最も効く皮膚科の薬や市販薬は?
普通よりも大きくて厚みのある赤ニキビが顔にできた場合、それはニキビではなく面疔(めんちょう)である可能性があります。 めんちょうは通常のニキビよりも腫れが落ち着く...
おできの原因と治療法まとめ。最も効く市販薬や皮膚科の薬は?
画像は「おでき」という症状。 痛みのあるとても大きなニキビができた場合、それは厳密にはニキビではなくおでき(せつ)という皮膚感染症かもしれません。 ...
ニキビと似ている皮膚病一覧。ニキビとの違いと治し方を解説
皮脂が多いところに発生するニキビ。一般にニキビができると、多くの人は市販の塗り薬を塗って治すと思います。 ところが、自己判断で治療を続けても、実際にはニキビとは違...
治りにくいお尻の化膿ニキビは慢性膿皮症?治療法を解説。
化膿したお尻のニキビが治りにくい場合や繰り返し発生する場合、それはニキビではなく慢性膿皮症(まんせいのうひしょう)という症状である可能性があります。 その症状は通...
ステロイド薬の副作用によるニキビや毛嚢炎。原因と治し方について
ステロイド外用薬とは、優れた消炎作用や免疫抑制作用をもつ塗り薬です。 人間の体内に分泌されている副腎皮質ホルモンをもとに作られています。 ステロイド...
毛嚢炎(毛包炎)の原因と治し方、ニキビとの違いや効く市販薬について
ニキビと似ている皮膚病の一つに毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚感染症があります。(写真参考) 毛嚢炎は、多くのケースでは何も治療しなくてもニキビよりも早く治ること...
脂漏性皮膚炎の原因と治療法一覧。効果的な薬や治し方について
一般に皮脂量が増加すると、なにかと肌トラブルが多くなります。 皮脂が多くなることでよく発生するのがにきびですが、ニキビ以外にも様々な皮膚病を引き起こすことがありま...
アトピー肌や敏感肌は無添加化粧品を使用した方が効果的?
無添加化粧品とは、肌にとって余計なものをできるだけ配合しないように作られた化粧品をいいます。 「無添加」という定義は化粧品メーカーによって様々ですが、一般に香料、...
お化粧・ファンデーションが脂漏性皮膚炎の原因になる理由
一般に皮脂が多い人はニキビができやすいとされます。そして、皮脂が多い肌質の人が油分の多いファンデーションを使えば、一気にニキビが多発してしまうことがあります。 お化粧...
赤ちゃんニキビと合併した脂漏性湿疹の治し方は?
産まれてすぐの赤ちゃんにブツブツとしたニキビが多発することがあります。 生後すぐの新生児は一時的に皮脂や汗が多くなることが原因ですが、それと同時に脂漏性湿疹(乳児...
黒ニキビに似た粉瘤。原因と治療法、ニキビとの見分け方
ニキビは一般に毛穴に角栓(にきびの芯)が溜まり、毛穴がふさがれた後に炎症を起こし、最終的に自然に治っていきます。ところが、長い期間に渡って炎症を起こさずにしこりのようになること...
尋常性白斑(皮膚の色抜け)の原因と治療方法
尋常性白斑とは、皮膚の色素が抜けてしまい、肌が部分的、あるいは広範囲にわたって白くなってしまう皮膚疾患をいいます。 日本では、「シロナマズ」といったりします。 ...
赤あざ・老人性血管腫の原因と治療方法 レーザー治療の効果とは?
老人性血管腫(ろうじんせいけっかんしゅ)とは、毛細血管の増殖と拡張によって現れる1~4ミリ程度の小さくて赤い斑点をいいます。 良性腫瘍で赤あざの一つです。 ...
About us
管理者プロフィール

プロフィール 名前:ミサ

看護師として皮膚科で8年間勤務。美容関連の自由診療を行うクリニックで経験した事をいかしてブログ更新中!詳細